井川湖09秋

Ikawa 寸又峡を出て77号から388号を北上

接阻峡から井川へ抜ける

60号、井川駅北側に出るのでそのまま北上

 

 

 

 

Blog2094 お約束の井川大橋

 

 

 

 

 

 

Blog2095 橋を往復したら60号を南下

ガソリンスタンドが開いていたので燃費が危うい数名が給油し、近くの大仏見学

こんな山奥に大仏があるなんで知らなかった・・・

 

 

帰路はそのまま60号を南下し朝通った362号へもどる

延べ走行距離は140kmぐらい、かなりスローペースなツーリングとなった

たまにはこんなツーリングもいいかも?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

寸又峡

久しぶりの林道ツーリング、定番の井川湖方面

Blog2090 しかし、今回はちょっと様子が違う

それは

 

 

 

 

Blog2091 なんか、すごくいっぱい!

アドレスV125が4台、シグナスX、スペイシー、スーパーカブ90と大所帯!

ショップのツーリングに今回の企画が組み込まれた様だ

しかも発案者は自分になっているので、終始先頭を走る事に・・・

 

 

Blog2092 ものすごいオーラを放つV125

これショップのデモカー兼試乗車・・・

エンブレムに秘密があるらしい

 

 

 

 

Senzu ショップを8時過ぎに出発し、362号を北上

千頭で休憩し寸又峡へ

 

 

 

 

Blog2093昼前に到着した為、温泉、散策の後に昼食

帰りは来た道を戻る予定だったのだが、

全員原付二種で思いのほかスケジュールが早く進んでいたので、井川湖まで足を伸ばすことに

 

 

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井川雨畑林道、再び

静岡、山梨のオフ車乗りなら聞いた事があると思う林道、「井川雨畑林道」

これを125ccスクーターで走破してしまおうという無茶な計画

だが、近年の林道全舗装化で無茶が可能になってしまったという嬉しい様な、悲しい様な・・・

P1010180 今回は友人の白アドG君と走破を狙う

待ち合わせは安部街道沿いのコンビニ、食料を買い出発

途中27号から県道189号へ

 

 

 

P1010181_2 井川手前の富士見峠PAで昼食

バーナーでお湯を沸かしカップラーメンと優雅にドリップコーヒーを

ここでの紅葉はそこそこ?

写真が下手なのでお伝えするのが難しい・・・

 

 

そして県民の森方面へ向かい「林道勘行峰線」へ

P1010187県民の森周辺の紅葉がすばらしい

 

 

 

 

 

 

P1010188 ススキ+紅葉+井川湖という欲張りな構図を腕が無い人間が撮ると、こういう写真になるという悪い見本・・・

 

 

 

 

 

P1010190 分岐を右折し、所々崩れている道を登ると山伏峠

登山の方の車が数台駐車されてました

とにかく寒いので早々と後にする

 

 

 

P1010194 そして今回の最難関「井川雨畑林道」

と思いましたが、一部未舗装なだけでほとんど舗装化されていました

路面にそれほど気を使わず、流しながら景色を見る

2年前にセローで来た時にはここまで舗装化されるとは思ってもみなかった

近県の有名な林道は舗装化完了ですかねぇ・・・

そのまま身延へ抜け、国道52号を下って帰宅

P1010197 お約束のタケノコ

 

走行距離:170km

燃費:35.4km/L

アドレスでのツーリングは気楽でいいね

来週はショップのツーリングだが、CBR引っぱり出すの面倒だなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有東木と大谷崩れ(梅ヶ島方面)

予定の無い祝日、何をしようかとゴロゴロしながら考える

CBRは修理に出しているのでいじれないし乗れない、車はガソリンが勿体無いので無駄には走る気はしない

となれば

「そうだ、林道へ行こう」

某鉄道会社のCM音楽が頭の中に流れつつ、行き先を以前より気になっていた梅ヶ島方面の探索に決定

昨日腰上OHやったばかりで自分の作業に少々不安を感じるがアドレスV125で出発

ガソリンを満タンにし29号線を北上、途中を有東木方面を右へ上る

気持ちの良い峠道との噂だったが、路面状態が良いセンターラインの無く勾配がきつい山道が数百mあるのみだった

P1000004 さらに上っていくと林道へと変わる

景色が良さそうな案内板があったが、残念ながら途中からダートに変わる

オフ車だったら喜ぶ所だが、スクーターでは壊しかねないので有東木の探索はここまで

 

 

 

 

 

 

気を取り直して29号線を再び北上

昼食がまだだった事に気付き、黄金の湯の施設「食事処黄金の里」で山菜そばを食べる

しばらく休憩後、本日の最終目的地「大谷崩れ」を目指す

事前の調べでは途中から徒歩になるとの事だったが、行けるところまで行ってみよう

黄金の湯から少し南下した所を西へ、別荘地を左に見ながら北上

P1000002  

途中の沢からの景色

水が無く、あるのは尖った岩という初めて見る光景

この先がどうなっているのか期待に胸が膨らむ

 

 

 

 

 

 

P1000001 しかし残念ながら車の乗り入れはここまで

ここからは徒歩のみになる

もちろんここからでは大谷崩れを見る事はできない

さらに険しい山道を登る必要があり、スニーカーでハイキングというノリでは無謀である事が分かった

残念だが大谷崩れの探索もここまで、いつかはチャレンジしてみたいと思う

 

 

 

帰路は29号線にもどり来た道を戻った、家の近くでガソリンを入れ170km走行で5L、燃費は約35L/kmと普通

家に戻りエンジン回りを点検、オイル漏れや異音もなく前日の腰上OHは成功だった様だ

延べ走行距離が今日でやっと1000km、1年掛けて慣らし終わった?

折角だからもう少しカスタムしてしまおうかと計画中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の思い出、山伏峠

ここ最近さぼってました

仕事が忙しい、土日なのに出張、体調があまり良くない、会社が経営不振でゴタゴタしてる、と色々と悪い要素が重なってバイクに乗れてないです・・・

でも週末の練習会には参加予定なので1ヶ月ぶりに乗る予定

何かネタが無いかなぁ、と考えていたら先月の盆休みに友人とアドレスV125で林道ツーリングに行っていたのを思い出したので、簡単に残しておこうと思います

 

行き先は、井川湖をさらに北上した山梨県との県境「山伏峠」、全舗装されているのでスクーターでも大丈夫です

静清バイパス羽鳥ICを降りガソリンを満タンにしてから国道362号を北上します

途中の60号へ進路を変え、湯ノ島温泉へ

P1010079 併設されている食事処で山菜そばを食す

写真は撮り忘れた

 

 

 

 

さらに60号を北上

時間に余裕があった為、途中のとある滝へ足を運ぶ

滝まで200~300mの山道を歩く、鈍った体にはキツイ

P1010080a 滝って霊の集まる場所だから写真撮っちゃいけないんだよねー、とか言いながら撮った

なんか苦しそうな顔らしきものが写ってるのは気のせいだろうか・・・

心霊スポットでも、黒歴史のある滝では無いのであしからず・・・

 

 

 

 

 

富士見峠PAで小休憩し井川湖へ

ダムから先の60号が崩れているので少し迂回路を回り井川大橋へ

P1010084 2年前にセローで渡っているので今回で2回目

相変わらず高い所は怖い

渡った橋をまた引き返えそうと思ったが、折角なので井川湖東側の林道へ

これが実に間違い、一箇所崩れていた為農道(半ダート)へ迂回する事になり面倒な事になった

そのまま井川湖沿いを北上し「井川雨畑林道」へ

舗装がやや荒れているがアドレスV125でも問題なく山伏峠へ到着

P1010087 見渡す限り山

真夏だというのに半袖では寒い

四駆の車が数台止まっており、写真を撮ってる方、恐らく山登りへ行かれた方、大きなアンテナで誰かと通信されてる?方が居られました

このまま井川雨畑林道をし山梨県身延町へ抜けようか?とも考えましたが、全舗装化が終わっていないと引き返す事になるので今回は見送り

後日のリサーチでは全舗装化ほぼ終了しているらしいので年内中に挑戦してみようと思います

このまま来た道を引き返すのも面白くないので「林道勘行峰線」へ

これが素晴らしく絵になる林道で、舗装良し、景色良しで最高でした

ただし、県民の森から先(南側)は舗装がやや荒れているので注意

あとは27号、井川湖御幸線(安倍街道)を下り帰宅しました

距離は全工程200km行かないぐらい、アドレスV125の燃費なら余裕のルートでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林道炭焼平山線

更新が遅くなってしまいました

撮影したSDカードが死んでしまいアップ出来ませんでした

今回の写真は友人が撮影した物を拝借

で、前回の続きなのですが

国道52号線から75号線~196号線と経由し「やすらぎの森」へ

キャンプ場と「やませみの湯」という竹酢や炭を入れた変わり湯、露天風呂があるとの事ですが、行った事は無いです

そのまま南下すると「林道炭焼平山線」に入ります

全舗装されていますが林道と名のごとく狭く、やや荒れ気味です

この時期の湿った落ち葉は滑ります

Nec_0022_3 途中、妙な光景に・・・

冬なのに桜満開??

帰宅後に調べたら、冬桜を植林したそうです

なにもこんな寂しげな所に、寒くてお花見どころではないでしょう

まぁ、不思議な空間でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅ヶ島林道(安部峠)再び

セローを手放してしまったので、林道へ行く事も無いと思っていましたが

行きました、アドレスV125で

まぁ、ダートはバイクが壊れるので舗装路、最悪簡易舗装路までですけど

今回は友人を巻き込んでの林道ツーリング、バイクはアドレスV100

コースはスクーターでも走破できる事が前提、過去に行った事がある林道で燃費を考えると安心かつ身近な梅ヶ島林道へ

P1000611 まずは県道29号を北上し梅ヶ島温泉の入り口に当たる「黄金の里」で休憩

温泉に入りに来た訳ではないので、缶コーヒーを飲み出発

もみじは綺麗でしたが、紅葉らしき紅葉は無し

温泉街を抜け「梅ヶ島林道」へ

P1000612 途中に滝がありましたが、特にこれと言った感じではなく・・・

 

 

 

 

P1000617

安部峠を越えた辺りからの富士山の眺めは良かったです

紅葉は・・・無いですね

凍結していて冷や汗をかく場面もありましたが、何事もなく国道52号へ 

P1000622 いつものタケノコが目印の道の駅「とみざわ」で休憩と昼食

このまま帰宅では物足りないと思い、52号を南下し75号線へ

途中道を間違えたが、県道196号先の「やすらぎの森」のさらに先へ向かう

 

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井川ダム(アドレスV125)

台風がかすめた翌日、あまりの暑さから逃げる様に涼しい所を求めてV125に跨り家を出た

お店回り(ジャスコとかバイクパーツ屋)でもしようかと思ったが、慣らしと言える距離を走っていない為、遠出を敢行

流通通りから27号→189号を経由して60号へ

所々水が出ててV125は泥だらけ、来るべきではなかった

P1000011 そして井川湖湖畔、先日の大雨の影響でかなり濁ってます

仕事で数回来ているので特に新鮮さもない

 

P1000010 ここでガソリン計をチェック、27号に入った時点ではほぼFを差していたはずなのですが、針が動き始めると一気に下がってしまった

なかなかのハッピーメーターである、計算上では帰れるはずなのだが・・・

心配になっている所にガソリンスタンド3km先の看板が!営業している事を願って町の方へ下りてみる

と、周辺で唯一と思われるスタンドが営業していた!これで燃費を事を考えずに帰れます

ちなみにここまでの燃費は160km走行して4.2L入りました、山道という事もありやや少なめに給油してくれた事を考えても35km/Lは堅い

帰り道は388号→77号を経由し千頭に出て、そこから362号で戻りました

セッティング出しの為FIコントローラーをいじりながら走行しましたが、結局先日のデータが一番だった様です

これで基準になるノーマルのデータが出来たので給排気をいじってどう変化するのか今後の課題です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅ヶ島林道(安部峠)

大雨が降った翌日土曜の午後、天気が良いのでセローでショートツーリングへ

昨年、崖崩れで通行できなかった梅ヶ島林道、今年は静岡側から上ります

まずは静岡市内から県道29号線を北上します、途中赤い旗をもった青い制服の不審な3人組がいましたが、制限速度でまったり走行していたので問題なし

温泉街を抜けると梅ヶ島林道の標識、冬季規制は解除されていたので通行可、夜間はだめらしいです

ゆるやかな坂を登り、安倍峠に差し掛かりましたが開通記念碑が見当たりませんでした、見逃してしまったのだろうか

山梨県側に入ると一気に急勾配な下りになります

全行程通舗装されてますのでオンロードバイクでも通行できますが所々舗装が悪い所や落石があるので注意(リッターバイクやビックスクーターとすれ違いましたが、跳ね石による傷が入ると思いますのでお勧めはしません)

景色は良いとの事だったのですが、あいにく黄砂?が舞ってたらしく富士山は見えませんでした

P1010001 途中にあった小さい滝、普段見る事ができない物を見れるのが林道ツーリングの楽しみでもあります

自然動物も見る事があります、今回はでかい狸をみましたが、過去には鹿、猿の大群、キジ、猪など。熊には会いたくないものです

身延に抜けた後は52号線沿いの「ゆばの里」で豆乳ソフトクリームを食べ帰宅

走行距離150kmぐらい、ちょっとした気晴らしには丁度よいコースかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井川雨畑林道(静岡側)

井川湖の北端から「山伏峠」を経由し山梨県の雨畑湖を繋ぐ山越えの林道です

P1000320 静岡県側は全舗装化されていますが、場所によっては舗装が剥がれていたり、落石があったりしています

頑張ればオンロードバイクでも山伏峠までは辿りつけると思います、でも自分のCBRでは行こうと思いませんけどね

モタードなら大変楽しめると思います(静岡側のみ)

P1000319 紅葉はまだ時期が早かったのか、もしくは針葉樹が多いのであまり色づかないのか、感動するほどではありませんでした

ただ山深い所まで来たなぁ、という実感はありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧