フルエキが欲しい

最近、仕事や身の回りの事でバタバタしてしまい、バイクに乗っても絶対に転倒、怪我なんかしてられない状態だったので、

乗る回数激減&ワインディングロードに出かけてもスローペースで安全運転な今日この頃

 

で本題、今まで思っていたが実行できてなかった事、それは

Result


 

 

 

各社性能がほぼ同じで、音もノーマルを大きくした様な感じ、ファッションアイテム的なスリップオンではなく、フルエキが欲しい

自分が求めるのはピークパワー向上ではなく、次の3点

 

1、ルックス 右1本出し、サイレンサーはチタン

2、音 人様に迷惑を掛けず合法の94db以内、バラつきのない音の4-1集合管で

3、扱いやすさ 基本ノーセッティング、ポン付けでもOKを謳っているもの、競技用はNG

 

そもそも2010年式Z1000の車検対応フルエキってあるの?と調べると

・アールズギア 右1本出し4-2-1

・ビート 左右2本出し4-2-1-2

と、かなり限定される状況

 

ではNinja1000だとどうなの?

・ノジマ 右1本出し4-1、左右2本出し4-1-2、2タイプあり

・Kファクトリー 右1本出し4-1

・トリックスター 右1本出し4-2-1

と選択肢が3つ増える、競技用も含めると選択肢はもっと増えますが・・・

この中で自分好みを選ぶとなると、Kファクトリーかノジマの右1本出しになります

早速、注文!

 

 

 

 

 

 

出来ない、定価20万超とか高すぎる・・・

そんな場合、庶民派ライダーの味方、ヤ○オク!

11~13Ninja1000を乗り換えた方が増えたのか、パーツが豊富です

程度が良く安ければアールズギアとトリックスターも視野に入れてウォッチ開始

転倒傷や凹みが無く、通販新品の半額程度で落札出来れば、と思いながら探す

しかし、まともなJMCA物は少ない、無傷で書類などの欠品無しだと10万を超えてしまう

アクラポヴィッチなら結構選べるのですが・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニーグリップパッド貼り換え

P1010930





5年半使用したストンプグリップがお疲れな感じになってきたのと、

硬化してたからかもしれませんが、革パンが削れて剥げが目立つ様になったので、もう少しマイルドなやつを検討

 

 

 

Photo


白タンクなのでクリアタイプを探します

ストンプグリップもそうですが、R&Gなど名の知れたメーカー製だと7~8000円もするんですよね、ラジエターコアガード同様に納得のいかない価格設定

そこで某ネット通販で2000円以下のこれを購入、メーカーがよく分からん、製品にはSAVAGEってロゴあり

 

 

P1010933


ストンプグリップと比較、乳白色・・・

形状は似たようなフジツボ型だが、一回り大きい

某カスタマーレビュー通り、触った感じは結構柔らかい、革パンへのダメージが軽減しそう?

 

 

 

P1010934


ストンプグリップは簡単に剥がれました

縁の跡が残りますが、パーツリーナーで簡単に落ちます

 

 

 

 

P1010940


台紙を剥がしても乳白色、全然クリアじゃないですね

粘着剤は3M製を謳ってるが、なんか普通の両面テープの様な感じ 

しかも手作業と思われる雑な貼り方、パッドと粘着剤の間に数ヵ所ゴミが付着、粘着剤にカッターで切れ込みを入れてゴミを取り除く必要があった 

 

 

P1010936


タンクに貼る、ヨーグルトの様な乳白色

白タンク以外なら黒パッドを選んだ方が潔いかもしれません

高級感漂う見た目重視ならストンプグリップ一択 

 

 

 

 

P1010937


乗った感じはストンプグリップと比べても違和感なく、普通にニーグリップしやすいです

この手の激安商品は劣化が急速に進むケースがあるので、耐久性(硬化、変色)がどうか不安

安価なので汚れてきたらすぐ交換で良いかも

★★★★☆ 普通に良い、透明度は少々残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後付け水温計のクーラント滲み修理

P1010874_2


以前取り付けた水温計のアダプターからクーラントが滲んできた

取り付けた時にアダプターが細めでホースを刺した感じが緩いな、と思ったので警戒はしていた

 

 

 

P1010892


内径25φの汎用ラジエターホースを用意

デイトナとキジマがあったが、デイトナは外径が太い

キジマの方が細いがそれでも純正に比べてやや太くなる

純正の太さに近い方で、キジマを選択 

 

 

 

P1010894


まっすぐな部分だけ交換

純正に比べ柔らかく、厚みもあるので安心

外径が太くなり純正のホースクリップが使えなくなるので、ホースバンドに変更

幸いなことにアダプター左側は滲んでいなかったので、ホースバンドを締め直し様子見

最近はカスタムよりも、良い状態を維持するメンテに金と時間が掛かる様になってきたなぁ・・・

(漏れ滲み編はまだ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定番の漏れ

最近オイル臭い、特に帰宅した後の車庫内に充満する

P1010863


見た感じオイル漏れは見当たらない、

しかしヘッドカバーのエキパイ上辺りに手を突っ込んで触ってみるとぬるぬるで、しっかりオイル漏れてました・・・

 

 

 

P1010864


右側の奥もオイリー、この初期型エンジンの持病みたいな感じですかね

面倒だし財布も痛いな、と悲観してはいられない

むしろ、滴るほどオイルが漏れてやっと一人前のカワサキオーナーになれた!と喜ばねば

 

 

P1010865


そんな訳でwebikeさんで購入

部品発送メール日から純正部品5%OFFセールが始まり、少々切ない気分になる・・・

ヘッドカバーガスケットは部品番号が変更になっていた、対策品だと思われ

プラグホールガスケットと固定ボルトのOリングは交換部品に指定されていなかったが、漏れたら面倒なので交換する事にします

試しに2017~国内仕様で調べてみたら部品番号が違いました、しかも安い

しかし何か違いがあると怖いので、素直に2010年式で注文

ヘッドカバーガスケット 2553円 ←分かる

プラグホールガスケット 699円×4個 ←高けぇ

Oリング 216円×6個 ←地味に痛い

 

面倒な作業はまた後ほど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疑似2灯化 後編

P1010849_2


エーモンの3連フラットLEDを仕込んだまでは良かったが、

手前側の暗さを改良すべく考える。

 

 

 

 

P1010852_2


車のナンバー灯などに良く使われる片面発光のLEDを

 

 

 

 

 

 

P1010853


ポジションランプとして、ハイビーム側に向けてセット

 

 

 

 

 

P1010850


多少、手前側が明るくなりました

 

 

 

 

 

P1010854


車体に取り付け、蛍光灯下の車庫でみるとこんな感じ

正面からだと左右の差が大きく見えるが、

ハイ側も光ってるって分かるので妥協する。

 

 

 

P1010856


これ以上を求めるなら、プロテックのH7 Hi/Lo切り替えLEDバルブキットしかないかなぁ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

疑似2灯化 前編

先日断念した2灯化計画、まだ諦めない

当初没案だったヘッドライト内にLEDを仕込むプランを改良。

P1010838


エーモンのフラット3連LED、これを

 

 

 

 

 

P1010839


同じくエーモンの両面テープ(200℃対応)を角3ヵ所に貼る

 

 

 

 

 

P1010840


ハイビーム側、この位置に貼り付け

 

 

 

 

 

 

P1010844


前から見るとこんな感じ

 

 

 

 

 

 

P1010849


光らせてみる

ロービームはスフィアライトLED2400lm、左右の比較をしたいのでポジションランプは抜いてある。

ハイビーム内が照らされ光ってるってのは分かるが、手前が暗く物足りない。

ポジションランプを使ってハイビーム側を前から照らす方法を・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2灯化計画 その3(終)

P1010792_2


コネクターなどの改良が終わり、車体に取り付けてみたのですが、

 

 

 

 

 

P1010795_2


晴天日の日陰で減光2灯を確認、光センサーを塞ぐと通常のLo1灯に戻るので正常動作をしている様だ。

しかし、予想外の不満が2点ほど・・・

1、消費電流がLo1灯時の2/3のうたい文句、という事はLoHi共に通常の1/3づつしか電流が流れていない訳で、共にぼんやり点灯している感。

安全面で言うと、他車に自車を確認してもらい難くなる点では致命的。

まぁ、Hiが眩しくないぐらい減光するので、購入前その意味に気付かなかった自分も悪いんですか・・・

Lo側を減光させない様にユニット通さず短絡させる方法もあるんですが、それだとHiとバランスが悪くなり、消費電流も通常のLo1灯からHiの1/3上乗せになるし・・・

 

2、装着しているハロゲンバルブは4150kのちょっと白っぽいタイプなのですが、減光するとノーマルハロゲンバルブと同等のオレンジ色になるんですね、不思議。

6000kクラスの真っ青なバルブだとどうなるか気になりますが、さらに暗くなりそうな気配。

 

結論から言うと、

「片側バルブ切れてますよ」から「暗いハロゲンバルブですね」にクラスチェンジします。

それでも日中の2灯にこだわる方はどうぞ、みたいな感じです。

 

 

 

 

補償外ですが、LEDバルブ(コントローラー付き)だとどうなるか?実験。

減光動作時でも通常と同じ明るさで点灯してしまいました、

コントローラーがあるので、減光せず点灯するか、点灯しないかの動作になるんでしょうけど、LEDバルブの消費電力の低さにちょっと感動。

P1010800 

 

そんな訳でキットを取り外し、以前のLo側LED、Hi側ハロゲン、ポジション爆光T10LEDの仕様に戻る。

 

 

2灯化、まだあきらめた訳ではない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2灯化計画 その2

P1010783_2


購入した「オートデュアルライトキット」ですが、

 

 

 

 

 

P1010784


ネットの画像だと小さく見えたのに、実物は結構でけぇ・・・

メーター横とかに貼り付けようかと考えていたが難しそう、

「できれば、直接水がかからず、放熱のためにメーターステー等の金属に取り付けてください」、と書かれてるし、

ヘッドライトバルブからハーネスが届く範囲で取り付けられる場所があるか悩みそう。

 

P1010785


Z1000はH7バルブにアダプターかませて、H4コネクターとなります。

H7バルブ専用と書かれていたので、バルブ側の平型メス端子を幅の広いH4タイプに変えなければダメかと思っていたら、初めからH4にも刺さる端子が付いていた。

オス側は普通の平端子、H4コネクターには刺さるので抜けなければ問題ないでしょう。

 

P1010790


メス側の平型端子が不安になるクオリティー、カシメも甘い。

Hi側への接続はノーマルハーネスに配線タップで接続。

このあたりは不安材料なので変更します。

 

 

P1010791


キタコのH4コネクターを2組用意しました。

 

 

 

 

 

P1010792


こんな感じに、

怪しい平型端子や配線タップを金メッキ端子のH4コネクターへ変更したので、

接続が簡単になる上、接触不良も起きにくくなるでしょう。

問題は、どこに設置するか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2灯化計画 その1

最近のLEDヘッドライト車はLoで2灯が当たり前の時代になってきました。

そうなると、H7ハロゲンLo片目で「片側バルブ切れてますよ」感が強くなってしまう、

2灯化すべく色々調べたり考えてみたのですが、

P1000370


Hi側上部の隙間からLEDを差し込むプラン、

夜間はかなり様になるんですが、日中はぼんやり光ってる程度、

そもそも上部のリフレクターを塞いでしまい、Hiビームの光軸が狂って使い物にならなくなる欠点あり。

ヘッドライトユニットに穴を開けてT10の爆光LEDを仕込むのもありだが、大掛かりな事はしたくない。

ほかのプランだと、プロテックからH7でHi/Lo切り替えLEDバルブキットがあるが、価格がネック、適合情報でZ1000が無いので冷却ファンなどがスペース的に無理か?

 

P1010783


HID、LEDの白い光は魅力だが、ハロゲンで簡単に2灯化できないか調べ、

PLOTから販売されている「オートデュアルライトキット」を購入してみた。

光センサーが装着されており、明るい所では両方を1/3に減光して点灯

夜間やトンネルなど暗い所では減光せず、片側1灯の従来通りの点灯動作をする。

ネットでのインプレが少ないので、地雷覚悟で試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレンボRCSマスター、ハザード付スイッチボックスの再取り付け

P1010780


先日分解メンテしたブレンボRCSブレーキマスターを再取り付け。

画像はリークチェック中、洗濯バサミ万能すぎて好き。

その後、某所で試運転してきたが、ピストンシール、シリンダー内部清掃を行った甲斐がありタッチが良くなった(気がする)。

 

 

P1010781


原因不明のヒューズ飛びを起こしたハザード付きスイッチボックス、悩んだ末買いなおした。

Ninja1000や現行Z1000など最近のカワサキ車には標準で装着されているから悔しい、という理由で。

約7000円は高いなぁ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧