« 2018年10月 | トップページ

ブレンボRCSマスターシリンダー オーバーホール

ブレンボRCSのフルード滲み、タッチ不安定にてノーマルのニッシンマスターに戻していましたが、やはりブレンボを再装着したい

そこで3つのプランから検討してみる

1、並行輸入のピストンシールを購入し自分でO/H、約5000円

2、国内正規品なのでメーカーへO/Hに出す、約20000円

3、並行輸入品に買い替える、約30000円

リスクは高いが、安価なプラン1を選択

 

肝心のピストンシールセットは「海外製モーターバイクパーツ輸入販売専門通販サイト」で購入、幸運にもラスト1個で、ギリギリ購入する事が出来た

ブレンボのシールは「SCFシールコンディショニングフルード」に24時間浸けてから組み込む事を推奨しているらしいので、その作業も一緒に依頼

P1020118


そして現物が到着

ピストンシール+フルード浸け+送料で約6000円・・・高けぇ

 

 

 

 

P1020119


画像が見難いが、BREMBOのロゴが入っている

サードパーティー製や汎用品ではなさそうなので一安心

 

 

 

 

P1020112


さっくりと分解します

 

 

 

 

 

P1020114


問題のピストンシール、傷や割れ等無いが触ると硬化している様な印象

 

 

 

 

 

P1020117


左側(プライマリー)はクリップで簡単に外せるが、問題は右(セカンダリー)

古いシールはニッパーで切れ目を入れて引き千切った

新品のシールを入れる時が難しい、リブに横から被せる様、楕円形に伸ばすイメージで押し込んでセットした

新旧シールを比べるとやはり硬化しており新品には弾力がある、6年間もフルードに浸かっていれば当然か

ノーマルのニッシンでもサービスマニュアルを見ると4年ごとのメンテナンスが指示されている、

ブレンボだから耐久性がある訳でもなく、むしろフリクションの少なさが売りなのでメンテナンスサイクルはもっと短いはず

定期的にブーツを外して点検し、フルードが溜まっていたらオーバーホールか買い替えですね 

 

P1020120


昨年メンテしたのでシリンダー内はきれい

念の為ブレーキフルードで洗浄し、組み立てて完了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ