« 激安バックステップ取り付け | トップページ | オイル交換 10980km »

激安バックステップ改良

P1020081



激安バックステップネタはこれで最後、

取り付け後に実走チェックしてきましたが、問題点や気になった部分が出たので改良する事にしました

 

 

 

 

P1020094


あまりお金を掛けると激安ステップを買った意味が無くなるので、程ほどの部材を用意

 

 

 

 

 

P1020087


まず、致命的な問題点

攻めの姿勢でつま先をステップバーに置き、イン側に体重を移した時恐ろしく滑る時があった

ステップバーのローレットが細かいのでやや滑りやすい事は承知していたが、足が外れるほど滑るのは異常と感じ検証してみると、

ステップバーのエンドキャップが厚い為、画像の様にステップバー端に足を置くとソールがエンドキャップにしか接触しないので超滑る

町乗りでいつも土踏まずに足を乗せてるのであれば良いが、スポーツ走行する上では致命的

P1020088


エンドキャップを外せば良いか?と思ったが、

外側のローレットの幅が狭すぎてイマイチ、滑りやすいしソールも痛みそうだ

 

 

 

 

P1020095


解決策として、ステップバーを交換してしまえば良い

レーシーなステップバーではなく、レーサーのステップバーを用意してみた

 

 

 

 

P1020096

長さ75mm、町乗りにはやや厳しい

バックステップの構造上、ヒールプレート厚み分足を置ける幅がさらに減る為、10mm厚のスペーサーを挟んで延長、ボルトも10mm長い物に変更

 

 

 

 

P1020085


リアブレーキ側のボルトが少々おかしい

ステッププレートを前側にセットしようとすると、ボルトがブレーキスイッチステーに干渉して締められない、0.5mm程ボルト先端が飛び出す様だ

しかもキャップボルトの頭が飛び出てて少々残念な感じになる

 

 

 

P1020097


キャップボルトの首下長さを測ると16mmでレアサイズ

そこで15mmのボルトを用意、折角なのでキャップボルトからボタンボルトに変更

 

 

 

 

P10200801_2


ペダルを固定するボルトがやや寸足らず

緩み止め剤を塗っても可動部にて不安が残るので、ボルトを10mm長い物に交換し、さらに裏からロックナットで固定する事にした

 

 

 

 

P1020099


ペダルエンドが味気ないので、一般的なゴム付きの物に変更した

これも一流メーカーのリペアパーツだと結構高い、Gクラフトから出ている物だと1000円以下で買えるのでお得

 

 

 

 

P1020104


そんな感じで改良したバックステップはこちら!

高級なバックステップに見える様になったのではないだろうか?

 

 

 

 

P1020106


シフト側も同じ様に改良

 

 

 

 

 

 

P1020110_2


Gクラフトから超短いシフトロッドが出てる事を見つけた、しかも安い

ロッドエンドもバックステップ付属の逆ネジに交換し無事取り付け出来た

|

« 激安バックステップ取り付け | トップページ | オイル交換 10980km »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/67294075

この記事へのトラックバック一覧です: 激安バックステップ改良:

« 激安バックステップ取り付け | トップページ | オイル交換 10980km »