« 簡易FIコントローラーの自作 | トップページ

簡易FIコントローラーのセッティング

P1010992_2


簡易FIコントローラーでセッティングします

そもそも吸気温センサーに可変抵抗をかませ、抵抗値を上げると何が起こるか?ですが、

ECUは吸気温をモニターし、温度が下がると混合気を濃くし、温度が上がると薄く補正します

吸気温センサーは温度が下がると抵抗値が上がるので、可変抵抗で抵抗値を増やしてあげれば、実際の吸気温よりも混合気を濃く補正してくれる仕組みです

このコントローラーでは抵抗値を増やす事しかできないので、ノーマルより薄くする事はできません

抵抗値を上げて濃くすれば良くなるのか?と言われると万能ではなく、最近のバイクは排気ガス規制適合などの為に薄めになっており、自分のZ1000は~3000pm:薄い、3000~6000rpm:かなり薄い、逆に高回転域は安全マージンを取る為やや濃いのではないかと感じます(多分)

吸気温センサーを騙す事により全領域に影響が出てしまう為、どこかに的を絞ってセッティングする事になりますが、抵抗値を上げすぎてしまうと高回転域が濃くなりすぎてしまう恐れがあります

元々4000~5000rpmにトルクの谷があり乗り難いと感じていたところ、4-1のフルエキ交換によってさらに悪化した為、この回転域の問題解消を中心にセッティングします

Photo


実走セッティングする前に予備知識を

吸気温センサーにおける吸気温と抵抗値のおおよそのグラフです(当方調べ、他車種では抵抗値が違うので注意)

某簡易FIコントローラーが10kΩの可変抵抗に対し、自作で5kΩを選んだ理由ですが、グラフと見ての通り変化させる抵抗値は5kΩで十分という事が分かりました

真夏の高い吸気温40℃で吸気温センサーに10kΩ足し、気温-15℃の燃調で走るなんてあり得ません、5kΩ足しても吸気温0℃の燃調になるのでセッティングの幅は広すぎるぐらいだと思います、逆に冬の低い吸気温10℃では、5kΩ足して-9℃ぐらいの燃調になるので、こちらも十分です

5kΩ可変抵抗の方が10kΩに対して微調整がし易いのも選んだ理由です

注意する事は、グラフが二字曲線となっており、低温は抵抗値増に対して温度変化が少なく、高温は逆に温度変化が大きいです、セッティングしたからといって年中同じで良いという訳ではありません、季節の変わり目ごとに微調整が必要になります(といってもダイヤルを僅かに回す程度ですが)

 

グラフの数値を頭に入れ、実走にてセッティング

専門知識など無い素人にて、適当な感覚で進めます

気温は10℃、まずはダイヤル0(無補正)で走り込む、中回転域が薄い印象、4000~5000rpmのトルクの谷と7000rpmからの急なトルクの立ち上がりでコントロールし難い

極端にダイヤルを変えて5(+5kΩ)、トルクの谷は軽減されスロットルに対してリニアに反応する様になった一方、高回転が濃くなりすぎた印象、伸びが悪い

ダイヤルを4→3→2と変えて試します、バランス良く感じる(妥協できる)のがダイヤル2.5(+2.5kΩ)、ノーマルだと吸気温0℃の燃調になります

 

このタイプの簡易FIコントローラーを試して分かった事

クローズドループエリアとの関係、吸気温が変化すればターゲット値も変わり変化あるかな?と思っていたが、そうでもなかった、しかしクローズドループエリア外との境はうまく調整される様で、扱い難さは無く自然な感じ

アフターファイヤーの問題、いくら濃くしてもスロットル全閉では燃料カットされているので変わらない、と言ってもアフターファイヤーの音ってレーシー?ですよね、乗り難くなるなどネガが出なければアリだと最近思います(街乗りで他人に迷惑を掛けない程度であれば)

 

結論

お金を掛けず少しでも良いからFIセッティングしてみたい、という場合には良いかもしれません

今回の様な吸気温センサーの抵抗値をダイヤルで変化させる物の他に、外気温度センサーを追加し吸気温センサーの抵抗値を自動で変えてくれる物や、O2センサーに割り込ませてクローズドループエリアの燃調を変える物まで色々ありますが、

ECU書き換えがメジャーになった今、吸排気の仕様を決めてしまえば、その手のショップにお任せしてしまうのが一番だと感じます、クローズドループエリアの燃調、アフターファイヤー、サブスロットル絡みの制御などの悩みも一気に解決してくれるでしょう

で、自分がそのECU書き換えに手を出そうか悩み中、今回の仕様である程度満足しちゃってるんですよねぇ・・・

|

« 簡易FIコントローラーの自作 | トップページ

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/66191555

この記事へのトラックバック一覧です: 簡易FIコントローラーのセッティング:

« 簡易FIコントローラーの自作 | トップページ