« ヘッドカバーガスケット交換 後編 | トップページ | ジェネレーターカバーからのオイル滲み »

後付け水温計のクーラント滲み修理

P1010874_2


以前取り付けた水温計のアダプターからクーラントが滲んできた

取り付けた時にアダプターが細めでホースを刺した感じが緩いな、と思ったので警戒はしていた

 

 

 

P1010892


内径25φの汎用ラジエターホースを用意

デイトナとキジマがあったが、デイトナは外径が太い

キジマの方が細いがそれでも純正に比べてやや太くなる

純正の太さに近い方で、キジマを選択 

 

 

 

P1010894


まっすぐな部分だけ交換

純正に比べ柔らかく、厚みもあるので安心

外径が太くなり純正のホースクリップが使えなくなるので、ホースバンドに変更

幸いなことにアダプター左側は滲んでいなかったので、ホースバンドを締め直し様子見

最近はカスタムよりも、良い状態を維持するメンテに金と時間が掛かる様になってきたなぁ・・・

(漏れ滲み編はまだ続く)

|

« ヘッドカバーガスケット交換 後編 | トップページ | ジェネレーターカバーからのオイル滲み »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/66008155

この記事へのトラックバック一覧です: 後付け水温計のクーラント滲み修理:

« ヘッドカバーガスケット交換 後編 | トップページ | ジェネレーターカバーからのオイル滲み »