« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

ニーグリップパッド貼り換え

P1010930





5年半使用したストンプグリップがお疲れな感じになってきたのと、

硬化してたからかもしれませんが、革パンが削れて剥げが目立つ様になったので、もう少しマイルドなやつを検討

 

 

 

Photo


白タンクなのでクリアタイプを探します

ストンプグリップもそうですが、R&Gなど名の知れたメーカー製だと7~8000円もするんですよね、ラジエターコアガード同様に納得のいかない価格設定

そこで某ネット通販で2000円以下のこれを購入、メーカーがよく分からん、製品にはSAVAGEってロゴあり

 

 

P1010933


ストンプグリップと比較、乳白色・・・

形状は似たようなフジツボ型だが、一回り大きい

某カスタマーレビュー通り、触った感じは結構柔らかい、革パンへのダメージが軽減しそう?

 

 

 

P1010934


ストンプグリップは簡単に剥がれました

縁の跡が残りますが、パーツリーナーで簡単に落ちます

 

 

 

 

P1010940


台紙を剥がしても乳白色、全然クリアじゃないですね

粘着剤は3M製を謳ってるが、なんか普通の両面テープの様な感じ 

しかも手作業と思われる雑な貼り方、パッドと粘着剤の間に数ヵ所ゴミが付着、粘着剤にカッターで切れ込みを入れてゴミを取り除く必要があった 

 

 

P1010936


タンクに貼る、ヨーグルトの様な乳白色

白タンク以外なら黒パッドを選んだ方が潔いかもしれません

高級感漂う見た目重視ならストンプグリップ一択 

 

 

 

 

P1010937


乗った感じはストンプグリップと比べても違和感なく、普通にニーグリップしやすいです

この手の激安商品は劣化が急速に進むケースがあるので、耐久性(硬化、変色)がどうか不安

安価なので汚れてきたらすぐ交換で良いかも

★★★★☆ 普通に良い、透明度は少々残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル交換 10230km

P1010910


1240km走行、オイルフィルター交換なし

それほど汚れていない、しかし年1回交換のお約束

 

 

 

 

P1000680


オイルは前回に引き続きヤマルーブのプレミアム

ネット通販だと5000円台で買えるリーズナブルな化学合成オイル、庶民の味方

可もなく不可もなく普通、ってところが良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェネレーターカバーからのオイル滲み

P10109111


前から気になっていたオイル滲み、垂れる程ではないので放置しても良いが、定番の現象なので対策します

ハーネスが通ってるグロメットが経年劣化で痩せて、ハーネスを伝って滲んでいます

カワサキはゴム系パーツ弱い気がする、だからオイル漏れて当たり前なんて言われるんだろうな、きっと

 

 

P1010912


オイルを抜いた後、ジェネレーターカバーを開ける

残っているオイルが結構垂れてくるので注意

コイルは変色無く新品同様の綺麗さだった、SSと違い熱に対しては余裕がありそう

古いガスケットを剥がすが、ケースとカバーにもガスケットが残ってしまうタイプ、

スクレーパーで剥がすのが面倒、カスがケースやカバー内に残らない様に注意し、剥がした後は念の為洗浄する 

 

P1010914


グロメットに液状ガスケット(耐油)を塗る

外側は盛ったが、内側は剥がれ落ちてオイルラインを塞いでしまうと怖いので、ハーネスが通ってる穴に塗りこむ程度に

 

 

 

P1010915


ガスケットはもちろん新品交換、ノックピン、セルギア等に注意しジェネレーターカバーを取り付ける

クランクケースの合わせ面2カ所とグロメット部に液状ガスケット塗布が指定されています

ボルトは9.8N・mで締め付け

 

 

P1010917


ついでに横にあるスプロケットカバーを開けて見る

ダークマターが溜まっているので清掃

 

 

 

 

P1010918


そろそろチェーン交換したいが、金欠にて先延ばし

チェーンクリーナーとナイロンブラシで入念に清掃、注油

チェーンスライダーを対策品に交換したいがメンドイ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後付け水温計のクーラント滲み修理

P1010874_2


以前取り付けた水温計のアダプターからクーラントが滲んできた

取り付けた時にアダプターが細めでホースを刺した感じが緩いな、と思ったので警戒はしていた

 

 

 

P1010892


内径25φの汎用ラジエターホースを用意

デイトナとキジマがあったが、デイトナは外径が太い

キジマの方が細いがそれでも純正に比べてやや太くなる

純正の太さに近い方で、キジマを選択 

 

 

 

P1010894


まっすぐな部分だけ交換

純正に比べ柔らかく、厚みもあるので安心

外径が太くなり純正のホースクリップが使えなくなるので、ホースバンドに変更

幸いなことにアダプター左側は滲んでいなかったので、ホースバンドを締め直し様子見

最近はカスタムよりも、良い状態を維持するメンテに金と時間が掛かる様になってきたなぁ・・・

(漏れ滲み編はまだ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »