« ヘッドカバーガスケット交換 前編 | トップページ | 後付け水温計のクーラント滲み修理 »

ヘッドカバーガスケット交換 後編

P1010875





ラジエターを外した事により、漏れ具合がはっきり確認できます

前方は横一線に滲んでます、#1シリンダー側は特に酷く、エキパイまで垂れています、オイル臭い訳です

ヘッド内に砂利やゴミが入り込まない様、パーツクリーナーで入念に脱脂清掃します

 

P1010878


エアスイッチバルブをエアサクションバルブカバーごと外します

ネジロック剤で固着しているので大変固いです、締め付けトルクはヘッドカバーボルトと同じ9.8N・m

 

 

 

 

P1010879


ヘッドカバーボルトを6ヵ所外します

左右の手前側はフレームの真下になるので工具が入りにくい、ショートタイプのヘキサソケットがあると効率が上がると思います

 

 

 

P1010880


プラハンで軽く叩きながら持ち上げると簡単に外れます、

ハーネスやホースに注意しながらヘッドカバーを抜き取る

 

 

 

 

P10108831


ガスケットの状態確認、#1シリンダー側のダメージが酷いです

カワサキってゴム部品が弱いイメージ・・・

 

 

 

 

P1010885


ヘッド内部を観察

カムにかじりや傷は無く一安心、スラッジも無くオイル管理は大成功している様子

ガスケットが触れる部分を清掃します

 

 

 

P1010886


ヘッドカバーは入念に清掃し、新品のガスケットを均等にはめ込みます

 

 

 

 

 

P1010887


プラグホールガスケットはヘッドカバーに張り付いていましたが、取り付ける時はヘッド側にはめ込みます

 

 

 

 

 

P1010888_2


液状ガスケットを塗布する個所があります

自分が使ったのは一番上の速乾・耐油タイプ(黒色)、キタコさんがサンデーメカニックには有難いサイズ、価格で用意してくれてます

 

 

 

P10108901


ガチャ〇ンの下まぶた?に塗ります、左右で計4ヵ所

 

 

 

 

 

 

P1010891


ハーネスやホースを挟み込まない様、細心の注意をしヘッドカバーを取り付けます

締め付けトルクはくどい様ですが9.8N・mです、手ルクレンチでいうとキュッって軽く締める程度

ワッシャーは金属面が見える側が上、両面にせっけん水かタイヤ潤滑剤の塗布が指定されてます

締め付ける順番はヘッドカバーに数字が刻印されてますので間違えないと思いますが、右下→左下→右上→左上→中下→中上です

後は逆の手順で組み立てて終了

クーラントを抜きラジエターを外して面倒な方法で行いましたが、ステーから解放し右にずらせば時間短縮できそうな雰囲気

今回ラジエターホースを外したい理由があって、その事についてはまた次回

|

« ヘッドカバーガスケット交換 前編 | トップページ | 後付け水温計のクーラント滲み修理 »

Z1000整備記録」カテゴリの記事

コメント

貴殿のブログいつも楽しく拝見しております。
以前も、書き込みさせて頂きました。私も同様にD型2011年式に乗っており、オーリンズ、ゲイルスピード装着してます。
私の場合、現在11000km走行ですが、オイル漏れは発生してません。貴殿のD型オイル漏れの症状は、どれくらいで発生したのでしょうか?
現在のモデルに魅力的なのが無いので、当分はZ1000 D型で共に頑張りましょう!

投稿: 土方十四朗 | 2017年11月 4日 (土) 09時59分

>土方十四朗さん
はじめまして、
オイル漏れが始まった時期ですが、気付いたのは今年の初夏、9000~10000kmだったと思います。
ジェネレーターカバーからもオイル滲みますので、近日中に作業ブログ書きます。
色々進化した現行のZ1000、Ninja1000ですが、D型Z1000とフレームとエンジンのベースは変わらず街乗りレベルでは同じ感じなので、まだまだ頑張れそうです。

投稿: anigo | 2017年11月 5日 (日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/65888912

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドカバーガスケット交換 後編:

« ヘッドカバーガスケット交換 前編 | トップページ | 後付け水温計のクーラント滲み修理 »