« ショップ閉店 | トップページ | クーラント交換 9100km »

水温計/電圧計 取り付け

Z1000に乗り換えて7年、距離はまだ1万キロに達していないが、

そろそろエンジンや電気系にトラブルが発生してもおかしくない年式の為、

水温と電圧を確認し、重大なトラブルを未然に防げる様、追加メーターを取り付け

 

デイトナ、アクティブ、ヨシムラ、KOSOと選択肢があり、どれにしようか悩んだのですが、

条件として、「電圧表示」、「時計不要」、「薄型コンパクト」

 

P1010633

ショップへ買いに行くの面倒だったので、全てアマゾンで注文

メーターはヨシムラのPRO-GRESS1テンプ・ボルトメーターにしました、

名の通り温度、電圧をボタン切り替えで表示

センサーはもちろん、水温センサーアダプター(内径25mm)もヨシムラで統一

 

 

P1010634


ステーは、ヨシムラだと予定している位置に取り付けた場合、ハンドルバーに干渉する恐れがあった為、アクティブのコンパクトメーター用を選択

キャップボルトは現在使用している物の+10mm

ハンドルクランプに取り付ける予定だったので内径8mmのアルミスペーサーも購入したが、ステーに同梱されているとは知らず無駄な買い物に

 

P1010644


取り付け位置はハンドルクランプ右側から右方向へ

 

 

 

 

P1010646


センサー、アダプターはヨシムラ同士なので安心です

 

 

 

 

 

P1010651


ラジエターに入る前の熱い温度を見たいので、この位置に割り込ませます

センサー先端部に空間があり、エアーを噛みそうだったので、 センサーを寝かした角度で取り付けています

センサーの配線はインジェクターと同じ経路でフレーム左側へ通し、メーター裏まで回しています

 

 

P1010656


電源はポジションランプから取りました

メーター付属のベルクロは粘着テープが弱すぎ!両面テープでしっかり固定した方が良いかも

メーター回りが華やかになった反面、心配事が増えた様な・・・

 

 

 

P1010657


左のボタンで水温と電圧を切り替えられるのですが、

電圧を表示したままイグニッションをオフにしても、再度オンした時には水温に戻ります、最後の表示を保持してくれません

乗る頻度が少なく、水温よりもバッテリーのコンディションをチェックしたい自分には少々不満

|

« ショップ閉店 | トップページ | クーラント交換 9100km »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/65239088

この記事へのトラックバック一覧です: 水温計/電圧計 取り付け:

« ショップ閉店 | トップページ | クーラント交換 9100km »