« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

1600円のレーシンググローブ

タイヤを交換してゴキゲンな感じで走り回ってやろうと思っていたが、

夏の暑さによって、車庫の定位置に収まったきりになってしまった・・・

作業もする事が無いので、とりあえずバイク用品ネタを

 

ネットを徘徊していたら、

某社製のグローブが某オクにて出品されており、破格で落札出来るというのを見たので、

Img_0442


落札してみた

人気が無いのか、欲しい人の手には既に渡ったのか分からないが、1600円というおかしい価格で落札出来た

手元に届くまでに消費税+送料(海外)で3728円、

一型落ちとは言え、日本で約25000円で売られていた上級モデルだとすると、通常では考えられない

台紙にサイズやバーコードシールが無く、グローブと繋がっていない状態でビニール袋に同梱されていた

Dscf2909


年式モデルは違うが、同じロゴの正規品を使用しているので、

色々調べ明らかに違う所を指摘し、コピー商品だ!なんて暴いてやろうと思った結果、

 

 

 

 

Img_0443


疑わしい所が無い、分からない・・・

メーカー、モデル名を出して出品しているだけの事はある

某☆マークの製品は違いを検証された方がいらっしゃった

黄色い矢印の製品も破格で多数出品されているが、そっちはどうなんだろう?

 

Img_04354


もし正規の25000円で買ったなら、文句言えるレベルとしては、

・左右で革の質感が少し違う(ロット違い?材質やロゴ、タグなどコピー商品にありがちな安っぽい感じは一切無い)

右手は文句無しだったが、左手の

・小指が長く、先端が余る

・ナックルプロテクター部の縫い方に雑な個所がある(失敗を誤魔化した?)

・手首のゴム部分が波打って縫い合わさっている

裁縫に関しては作業者の熟練度によるものだから、正規品でも同じ事が起こる可能性があるだろう

・カーボンプロテクターのクリア層が内部で剥離し白濁している個所があった

これらを推測すると、検品落ちが非正規のルートで流失してしまったのかな?という様な印象

そもそも一般の人には見向きもされないバイク用レーシンググローブのスーパーコピー商品を作り、安価で流して儲かるのか?という疑問がある

しかし確実に言える事は、機能的に全く問題ないです、最高です

もちろんメインで使用するグローブにします

まぁ、正規品ではない事は確実と思われるので、メーカーさんに対してこういった買い物は良くないという事は理解していますが・・・

最後に一言言いたい事、

 

気分転換用に黄色い矢印の製品も欲しい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンク修理キット(12V電動エアポンプ付)

P1010339


JAFに加入していますが、山奥でパンクした時に到着まで時間掛かるだろうし、ましてや携帯圏外だったらと思うと怖くなったので買いました

ボンベタイプもありましたが、Z1000の190サイズだとセットの3本で通常走行できるまで空気圧上がるかな?という疑問と、1本でもミスったらOUTなので

開梱しチェックすると、エアインフレーター(電動ポンプ)に違和感

 

P1010344


油でベタベタ・・・

amazonで購入したので、交換依頼を掛けました

交換品を即日発送してくれました、amazonのアフターは他の通販と比べてメールでは無く、購入履歴からフォームで送るだけなので楽です

 

 

 

Img_0417


届いた交換品のエアインフレーターは油の付着なし、正常動作も確認

ツールを見てみると、T型フックが鋭利なバリだらけ・・・

シール材は繊維が入ってないゴム板?

これではシール材がブチブチ切れてしまう事が予想される

パンクしていざ使用した時に失敗して、山奥で立ちすくむ光景を想像してしまう

Img_0419


T型フックはヤスリで修正

 

 

 

 

 

Img_0421


シール材とラバーセメントは安心の国産品と入れ替え

 

 

 

 

 

Img_0423


異物を抜いたり、余ったシール材を切る用の100均ニッパーを入れました

 

 

 

 

 

P1010354


5.2インチ液晶のスマホと比較

普通のレインコートと同じぐらいぐらいのサイズ、重量は結構重いです

エアインフレーターがシート下に詰め込めるか今度試してみます、パワコマVがいらっしゃるから無理かな?

収納ポーチなんていらないよ、って人はエアインフレーターと修理キット(国産)を別で購入した方が安価で良いかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »