« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016 ZX-10Rのクラッチレバー

P10103312016年式のNinja ZX-10Rのクラッチレバーが恰好良く見えたので流用してみました

 

 

 

 

 

 

P1010332


2010 Z1000クラッチレバーとの比較

とてもレーシーな形状です

 

 

 

 

P1000224




現在クラッチホルダーは、中排気量車に良く使われてるレバー調整式に交換してありますが、

アシストスリッパークラッチ換装により操作が軽くなったので、ノーマルのクラッチホルダーに戻します

 

 

 

P10103331


レバーレシオについて

リッターバイクに使われているホルダーは、レバー軸~タイコ間が約34mm、画像のレバー調整式のホルダーは約29mm

この距離間が少なくなればクラッチ操作が軽くなる半面、切れが鈍くなる、ストロークが増える等のデメリットがあります

 

 

P1010335


旧型ホルダーに新型レバーは適合するか不安でしたが、問題無く取り付ける事ができました

カワサキの車種、年式の壁を越えて流用できる所が好き

やはり形状が格好良い

 

 

 

P1010334


表面の処理も心なしか良く見える

しかも握りやすい

転倒した時に先端が折れやすい様に溝があります

 

 

 

P1010327


先日交換したタイヤの皮むきをしました

尖った形状にて、端まで使うのが難しい

最近まともに乗っていなかったので、うまく操縦する事が出来ない、リハビリが必要だ

若い頃と違って速さを求めても危険なだけなので、楽しめる速度で遊ぶとします

 

 

P1010328


100kmちょっとで目に見えて減ってるんだが、ライフ大丈夫だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換 8400km ディアブロロッソコルサ

P1010320


4年ぶりにタイヤ交換

履いていたS20は2900km走行、5部山以上残っていたが、

経年と乗っていなかった時期もあり固くなってしまい安全を考え交換

今回悩んだ銘柄はS21、パワースーパースポーツEVO、ディアブロロッソコルサだったが、

パワースーパースポーツEVOは高価で5万円超えで除外、

今まで高価だったディアブロロッソコルサがS21と同じぐらいの価格に下がっていたので人生初ピレリに決定

十数年ぶりのハイグリップタイヤ、スポーツ走行しないのに贅沢だが、どうせ年間1000kmも走らないので摩耗が早いと言われても全く気にならない 

 

P1010325


フロント:15年48週、中国製

リア:15年35週、ドイツ製

1年以内に製造された新しい物でした

(店頭在庫が無く、取り寄せてもらった物)

今回は固くなる前に使い切りたい(目標5000km/3年)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »