« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

フォークオイル交換

フォークオイル、1万キロ走行したら交換しようと思っていたのですが、

6年経ってもまだ8000km

先日乗った時、荒れた道でフロントに少し違和感があったので、暇な今のうちに交換してしまおうと

P1010141


ちょっと前にオイルは用意済み

しかもホンダ

これにはちゃんとした理由がありまして、

消耗品は主にwebikeで購入しているのですが、

カワサキ純正で指定のSS-47は4320円もします

BPFに変わる前のSHOWA倒立は、カワサキもホンダも一緒っぽいです

ホンダ純正で指定のULTORA CO SPECIALⅢは2869円で買えます!

粘度は0.1差で計測誤差レベルなので、ほぼ同じ物と言えるのではないのでしょうか?

webikeは3000円で送料無料になるので、廃油処理BOXを合わせて購入すれば、

3167円で自宅まで届いてしまいます、大変お得です

P1010138


前後リフトアップし作業開始

 

 

 

 

 

P1010139


ダストシールひび割れが始まっている

今日は見なかった事に

内側の点検清掃のみ、オイルシールは大丈夫そう

 

 

 

P1010140


バーハンだとトップを緩めるのが面倒

緩める前にプリロードを最強にしておくと、後の作業で幸せになります

六角部分の傷を最小限にしたい為、ビニールを挟み保護

 

 

 

P1010142


ネットで他の方が自作したツールを調べ上げ、

良い所だけをマネし製作した「自立倒立くん1号(仮)」

なんと自立し、上からナットを締めなくてもパンタジャッキで楽々作業可能という優れもの(のはずだった)

予定通りの動きをしてくれず調整改造に時間が掛かってしまったが、

なんとか作業を進める事が出来た、要再設計・・・

先程のプリロードの件はここで分かります、最強にしておかないとカラーの穴が出てきません

両手が塞がってしまい、抜いた廃油画像がありません

廃油処理BOXを撮ろうと思ったのですが、すぐ浸み込んでしまい良く分からない状態に

右のフォークオイルはまだきれいな赤い色でした、しかし左はグレーでかなり汚れている状態

なぜ左右で大きな差があったのか不明

ネットなどで、中古車買ってフォークバラしたらオイルの色違ったという案件は、

事故や修理などで片側だけオイル交換してなくても普通に起こるんだな、と

P1010145


フォークオイルを注ぎ、エア抜きします

フォークロッドプーラなんて高価な物無いので、

アルミの針金を巻き付けます

後の作業でカラーを通せる様に細く、きれいに

 

 

P1010146


気泡が抜けるまでの間にスプリング、カラー等を清掃

ウエスで拭くと結構汚れています、脱脂清掃

スプリングは結構ザラザラしている、研磨するの面倒なのでこのまま

 

 

 

P1010147


油面調整、標準値は100±2mm

灯油抜きスポイト、洗濯ばさみ、でOK

洗濯ばさみは内側に細い物を挟めるタイプが良いです

注射器を引っ張らくても設定油面で自動停止?する優れもの

精度?レースやってる訳じゃないので数ミリの誤差なんて分かりません

というか6年も放置しておいて精度とか言っちゃうと叩かれます

P1010148


でも一応確認

110mm突っ込んで、ちゃんと10mmまでオイル付着していました

100円スポイト侮れないです

 

 

 

P1010149


逆の手順で組み立てるのですが、

リバウンドダンピングアジャスタ(伸び側減衰)の取り付け調整がシビアです

理屈を理解していないと柔らかい側の調整範囲がおかしくなります

サービスマニュアルでは1.5mm突き出した状態で取り付け、

ピストンロッド穴に挿入、底付きするまで締めこんでピストンロッドナットで固定となります

P1010150

 

アウターを戻す前に、伸び側がちゃんと3回転半の調整範囲あるか確認した方が良いです

適当作業だと再弱で2回転しか回らない、なんて事も

2時間ぐらいで終わる予定だったが、

「自立倒立くん1号」の設計に致命的な欠陥があった為、4時間も掛かってしまいました

急いで組み立て、近所の山へテスト走行

タイヤが賞味期限切れにてコーナー云々とか分かりませんが、

乗り心地が良くなり、フォークがしなやかに動くのを感じ取れたので良しとします

オイルシールは漏れて無ければOK派ですが、ダストシールのひび割れ見ると考えさせられます

来年の春辺りにフォークのオーバーホールかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デジカメ修理

Img_0282


作業記録や、ちょっと出掛ける時に持ち歩いているこのデジカメ

明るいレンズで暗い場所でもはっきり写るので重宝しています

 

 

 

P1010124


昨日、井川湖を撮影した画像にゴミが多数写っているのを確認

ズームにするとはっきり写ってしまう様だ

 

 

 

P1010135


現状確認、やはり同じ位置に写る

レンズを外からエアーで吹いても消えない

ネットで調べると、どうやらCCDにゴミが入っているっぽい

修理に約1万円ぐらい掛かりそう、だったら現行機に買い替えるわと

DIYで分解清掃している方もいるので、自分もダメ元でやってみた

Img_0287


外から見えるネジを5本外したらリア、フロントパネルが外れた

シャッターボタンが付いてる外枠を広げる様に外し、操作パネルのネジを1本外すと液晶が外せる

その下の鉄板をネジ1本で外す

 

 

Img_0286


CCD裏側までたどり着いたが、この機種トルクスで固定してやがる・・・

こんな小さいトルクスドライバーを持っていない為、CCD周辺をエアーを入念に吹きかけてみた

 

 

 

P1010136


元通り組み立て、画像確認

なんと直った!

今後メーカー修理を受けられなくなる可能性大にて、作業は自己責任で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孤独のグルメツーリング 高山~井川方面

まず生存確認

倒産し解雇になった会社のお金絡み(立て替え金、退職手当など)がまだ解決しない状況ですが、

目下求職活動中でニート満喫中?です、といってもほぼ引き籠ってますが・・・

で、

タイトルが某グルメ漫画っぽいですが、自分小食だし、つぶやきもしません

なんとなく響きが良かったので

で、

1年半ぶりにバイクで遠出したかと言うと、

車庫にあるバイク、乗らないと壊れるかな?ちょっと足延ばして蕎麦でも食べに行こうかな?

ぐらいの気持ちでした

予定なら、往復50kmぐらいで計画していたのですが、

Photo

午前11時頃、家を出ました(遅)

まず、静清バイパス羽鳥ICを降りて、国道362号(藁科街道)を北上

藁科中学の交差点を右折し、水見色方面へ向かいます

 

 

 

 

 

 

P1010108


当初の最終目的地の水見色きらく市です

 

 

 

 

 

P1010109


ここでお蕎麦を頂きました

グルメでは無いので食レポは出来ませんが、

大変美味しかったです

食べ終わってまだ12時台、

家に帰ってもやる事が無い(泣)ので、4km先にある高山・市民の森へ足を延ばしてみました

P1010110


途中の道は急勾配のコンクリート舗装、砂利が浮いている所もあり、リッターバイクでは恐怖

モタードだと楽しいかも

到着しマップを確認したところ、自家用車で入れるのは入口の駐車場までで、

そこから~の森ゾーンへ行くにはハイキングになります、予想してはいましたが・・・

来た道を戻りたくなかったので、地図を見て足久保へ抜けようと思いましたが未舗装路&通行止め

では新間方面は?と、こちらも通行止め

諦めて来た道を戻ります

時間はまだ13時台、なんかコーヒーが飲みたいな?と思い、

Casso


静岡SAスマートICから新静岡インターで降りて、

県道27号を北上(梅ヶ島方面)、

県道189号、三ツ峰落合線へ

 

 

 

 

 

 

 

P1010115


前から気になっていたCasso横沢さんへ来てみました

 

 

 

 

P1010117


コーヒーと手作りパンを頂きました

軽食もあるので、次回は昼食の目的地にしてみたいと思います

まったり田舎時間を過ごしましたが、時間はまだ14時台、

久しぶりのバイクにも慣れて余裕も出てきたので、もっと足を延ばしてみようと、

となると、そのまま北上して井川方面?さっき市民の森へ行ったから、次は県民の森?

Photo_2


という訳で、さらに北上します

県道189号から県道60号に入り、すぐの富士見峠で小休憩

結構前に友人と原付二種ツーリングで山伏経由、山梨に抜けた時に、

ここの奥にあるピクニック広場?でお湯を沸かしてカップメンを食べた事を思い出してみたり

 

 

 

 

 

 

P1010087


大日峠からリバウェル井川スキー場に立ち寄る

何かイベントみたいなものやってたが、何だったのだろう?

 

 

 

 

P1010089


そして県民の森へ

昔はここの林道が好きで良く来ていた、

長野や山梨の高原の様な感じ?まぁ十分すぎるほどの標高ですが

 

 

P1010130


この辺りにシロヤシオという珍しい木があるといい、

ちょうど開花時期らしいので探してみた

白い花だとこれかな?良く分からん

 

 

 

P1010120


森とZ1000

D型は横~斜め後ろから見ると、とてもスマートで美しく見えるのは自分だけでしょうか?(正面からはデブいですが・・・)

最近は何故かフェンダーレス嫌いのノーマルフェンダー萌えです

背中汚れなくて良いし、後頭部に小石が当たる事も無いです

今回の林道でもノーマルフェンダーのおかげで被害は最小限でした

4月からのナンバープレートの新基準?角度?関係ないね、です

 

P1010124


井川湖を見下ろす

数年前にもここで写真撮ったなぁ

 

 

 

 

P1010122


北へ回り込んで井川湖へ降りようと思ったら、

山伏岳登山道で通行止め

ここが今回のツーリング最終地点となりました

 

 

 

Photo_3


帰路は県道27号、井川湖御幸線(口坂本温泉方面)へ

この道はとにかく水が出てる、

舗装状態も良くないので、滑らない様ブレーキに気を使う

フェンダーレス車は絶対に避ける道です

 

延べ走行距離150kmぐらいでしたが、

数か月ぶりに乗っても体はバイクの乗り方覚えているんだな、と自分で関心

ツーリングの楽しさも少し思い出した気もするので、

近いうちにまた食事がてら乗ってやろうと思う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »