« クイックシフターのスイッチ、シフトロッド | トップページ | アドレスV125 セルモーター始動不良 »

クイックシフターのスイッチ取り付け

P1000782


バラして眺めつつ考える

 

 

 

 

P1000784


ここは絶対に緩んで欲しくないので、

緩み止め防止剤を塗りたくった上、

ナットをきつめに締めて固定

近いうちに丁度良い長さの寸切りボルトを探そう

わざと左右で長さを変えた

 

P1000785


エンジン側の左ねじは長さ調整しないので固定

 

 

 

 

P1000786

長いねじ側をスイッチ側へ締める

 

 

 

 

P1000787


緩めながらペダル側のロッドエンドに当てて長さを決める

丁度良い長さになったらペダル側のロッドエンドに締めこむ

バイクに跨りシフトペダルの高さが合ってなかったら、上の工程をやり直す

ターンバックルと比べると面倒だが、アームやペダルを外さなくても調整可能

P1000788


導通チェック

シフトアップ動作で導通あり、ダウン動作では導通なし
 

 

 

P1000789


さりげなく付いてる感が良い

 

 

 

 

で、実はパワコマ外してあるんだけど、また付けるの面倒・・・

今回はAIやO2センサーをキャンセルせずに取り付け、マップは大きくいじらない予定

|

« クイックシフターのスイッチ、シフトロッド | トップページ | アドレスV125 セルモーター始動不良 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/62549718

この記事へのトラックバック一覧です: クイックシフターのスイッチ取り付け:

« クイックシフターのスイッチ、シフトロッド | トップページ | アドレスV125 セルモーター始動不良 »