« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

アドレスV125 セルモーター始動不良

最近セルでエンジン掛けようとしても、

フロアからバスッという音だけでセルモーターが回らない時が多々あった

まぁ、2~3回セルボタン押せば回ったので放置してたが、先日とうとう壊れた

P1000775


こいつだろうなぁ、と見当は付けていた

試しにドライバーの柄で叩いたらセルモーター回ったが、

再発するのは目に見えているので交換

こんなリレーで5000円近くするとは・・・

 

P1000777


ついでに、ハンドル内側カバーの割れ欠けで

カタカタ鳴り始めてたので交換

 

 

 

P1000780


新車当初からネジが舐めてたスロットルホルダーも交換

インシュレーターの割れ、エンブレムの塗装剥がれと

意外と初期不良があった、走行には影響無かったですけどね

 

P1000781


単車の方でもそうですが、スロットル部にはフォークオイル(シリコンオイル)を塗ってます

グリスと違い抵抗が少ないので好きです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイックシフターのスイッチ取り付け

P1000782


バラして眺めつつ考える

 

 

 

 

P1000784


ここは絶対に緩んで欲しくないので、

緩み止め防止剤を塗りたくった上、

ナットをきつめに締めて固定

近いうちに丁度良い長さの寸切りボルトを探そう

わざと左右で長さを変えた

 

P1000785


エンジン側の左ねじは長さ調整しないので固定

 

 

 

 

P1000786

長いねじ側をスイッチ側へ締める

 

 

 

 

P1000787


緩めながらペダル側のロッドエンドに当てて長さを決める

丁度良い長さになったらペダル側のロッドエンドに締めこむ

バイクに跨りシフトペダルの高さが合ってなかったら、上の工程をやり直す

ターンバックルと比べると面倒だが、アームやペダルを外さなくても調整可能

P1000788


導通チェック

シフトアップ動作で導通あり、ダウン動作では導通なし
 

 

 

P1000789


さりげなく付いてる感が良い

 

 

 

 

で、実はパワコマ外してあるんだけど、また付けるの面倒・・・

今回はAIやO2センサーをキャンセルせずに取り付け、マップは大きくいじらない予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイックシフターのスイッチ、シフトロッド

体調が悪いせいか、最近はバイクに乗りたいと思わない

このままフェードアウト?それは悲しい

何かやり残している事は無いか、と考えていたらクイックシフターを思い出した

お金を掛けずに手動式を試した事はあるが、足だけの1モーションも試したい

そんな訳で、プランを考えてみた

 

1、ダイノジェット製品を購入

マニュアル通りにシフトロッドを加工、取り付けるだけでは面白くない、しかも高い

 

2、Ninja H2のシフトスイッチを流用

ネタとしては一番面白いのだが、色々問題点が発覚

まず、H2のシフトスイッチが長い、その上Z1000のシフトロッドが短い

さらに両端がオネジ(右ネジ)っぽい、Z1000エンジン側のロッドエンドはメネジ(左ネジ)

これらを考慮すると、Z1000エンジン側のロッドエンドをオネジ(左ネジ)に変換、

40~50mm程度、メネジのシフトロッドが存在するか?が問題になる

ロッドエンドをギアチェンジアームごと交換し、寸切りボルトで連結とかも考えたが、

地味に費用が掛かるし、H2のシフトスイッチの寸法も不明な為却下

 

3、PICシフター 近接センサー用シフトリンク

光学式で面白そうではあったが、Z1000のシフトロッドが短すぎてムリ

バックステップを組めば使えそうだ

 

寝ながら考えた末、出した結論は

P1000770


バトルシフター用のスイッチを試す事にしました

お値段も外国製と違い大変リーズナブル

両端がオネジ、メネジで、オネジ側は左ネジしか選べないが、

メネジ側は右ネジも選択できる

Z1000のシフトロッドは145mm、シフトスイッチの全長は90mm、残り55mmをどうするか考える

P1000771


ターンバックル式のシフトロッドは諦め、微調整が面倒だが寸切りボルトで連結する事にします

メネジ側は右ネジを選択する事になりました

市内の一番大きなDIYセンターへ行ったが、最長のM6寸切りボルトが50mmまでしかなかった

長い汎用品はあったが、ステンを切断する道具が家に無い

P1000772


とりあえず組む、頑張っても10mm程短い・・・

これではシフトペダルが上がりすぎてしまう

 

 

 

P1000773


めげずに考える

30mmの寸切りボルト2本、高ナットを用意、もちろんステン

 

 

P1000774


長さは合った、見た目もなんちゃってターンバックルっぽく見える

エンジン側左ネジ、ペダル側右ネジ

このままZ1000のシフトロッドと置き換える事が出来る

あとはシフトスイッチが車体と干渉しない事を祈る・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »