« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »

マトリス、ステアリングダンパー取り付け後の手直し

マトリスのステアリングダンパーを取り付けて跨った瞬間に気になった事、

タンクが左右にぐらつく・・・

P1000364


タンクステーの下にステダンのステーを噛ます構造の為、

タンクが約5mm浮いてしまっているのが分かる

 

 

 

 

P1000363


フレームとタンク間にあるゴムのパッドがタンクと接触せず浮いてしまっている

これではタンクが左右にぐらついても当然だ

 

 

 

P1000365


そこで、ゴム系のパーツを新しくしてみる

左のパッドは高さが新品に比べ1mm程痩せていた

タンクステーのブッシュも交換したので多少マシになったが、

左右のパッドがタンクと接触しないのでぐらつき感は解消されない

P1000367


そこで、パッドの上に5mm厚の硬質スポンジゴムを貼りつけた

これでタンクがぐらつく事無く、問題は解消された

振動で吹っ飛んでいかない事を願う・・・

 

P1000369a


あと、ピロポール部を固定するボルトを特殊なやつに変えた

100均で売ってる六角レンチで簡単に取り外して持って行って下さい、状態だったので

特殊といっても、10Rのステダン固定してるカワサキ純正ボルトなんですけどね、多少の防犯効果にはなるでしょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »