« GWその2、車検の備え | トップページ | Z1000 初車検 »

GWその3、アドレスV125腰上OH

まだゴールデンウィークの話を引っ張るのは賞味期限切れなので、一気に書いて終わりにします

P1000235何をしたいかというと、

V125のエンジンをフルノーマルに戻したい衝動に駆られた

いじっても比べる相手いないし、燃費悪いし、ちょっと不調になると不安になるので

とりあえず、純正パーツを一通り注文

 

 

半年ぐらいカーポート下でカバーを掛けたまま放置してあったV125、

夜帰宅した時に、中でガサガサ動いたり(猫?)もした

P1000231恐る恐るカバーをめくってみる

とりあえず、朽ちてはいなかったので一安心

バッテリーは昨年末から外して家で補充電しているので大丈夫

セル1発でエンジン掛かったのは意外だった

 

 

P1000232まだこんな距離だったとは

もう何回エンジン開けたっけかな、3回?4回?

 

 

 

 

P1000236とりあえずエンジンを下す

なんとなく覚えてたので1時間も掛からずこの状態

夜中にじっくりやりたいので、使ってない8畳間へお連れする

 

 

 

 

P1000237ヘッドを開けてみる

思ってたよりもカーボンは溜まっていない

 

 

 

 

 

P1000240カーボン落としを吹き付けて暫く放置

 

 

 

 

 

 

P1000241スタッドボルトを抜いて丁寧にガスケットを剥がし、オイルストーンで磨く

 

 

 

 

 

P1000242ピストンヘッドのカーボンは擦れば落ちる程度だった

 

 

 

 

 

 

P10002431時間放置後、

カーボンが浮いてきたのでペーパーウエスでふき取る

完璧とは言えないが、満足するぐらいカーボンが落ちた

面倒なので、深追いはしない

 

 

 

P1000257なんか排気バルブから圧縮が漏れてるっぽいので、

今回やる予定ではなかったが擦り合わせする事にした

 

 

 

 

 

P1000258念の為、ステムシールも新品交換

黒い物体はバルブコンプレッサー、

こんな事もあるかと思い買っておきました

カムはタケガワからノーマルへ戻す

 

 

 

P1000259スロットルバルブも先程のカーボン落としで清掃

中も外も綺麗になったエンジン

画像には無いが、駆動系のプーリーはノーマルへ

ウェイトローラーはハイカム時に13gが入っていたのを15gへ変更

エンジンオイルはノーマルのV125には勿体ないが、いつものモトレックスの化学合成のやつ

 

こんな感じでエンジンの作業は完了

FIコントローラーをNマップに設定し、10分ぐらい4000rpm縛りで様子を見る

0発進の蹴り出しが力強くなった様な?、イオン無くアイドリングも安定

そのまま全開テストへ移行、問題なくスムーズに回る

やっぱノーマルがいいね、と思った今日この頃

|

« GWその2、車検の備え | トップページ | Z1000 初車検 »

アドレスV125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/57370239

この記事へのトラックバック一覧です: GWその3、アドレスV125腰上OH:

« GWその2、車検の備え | トップページ | Z1000 初車検 »