« OGK FF-5 ヘルメット内装交換 | トップページ | スクリーンくらべ »

スピードヒーラートラブル、ドライブスプロケット1T上げその後

そういえば書くと言って書いて無かったタイトルの件、

P1000175 まずはスピードヒーラーのトラブル発生から

付けた時は正常だったのですが、

時々スピードメーターが0kmになる現象発生、

そのうちに0kmのまま沈黙してしまった

自作したハーネスが断線でもしたかな?と思ったが異常なし

 

 

P1000176原因はコネクタの接触不良

メス端子が広がってしまっていた様だ

精密ドライバで突っついて、キツくなる様に調整し復旧

このコネクタ、どこかで見た事ある様な・・・

パソコンの中?

 

 

ドライブスプロケ1T上げの感想は、

・燃費が良くなった

・高回転まで引っ張った時、車速の伸びが良くなった

・低いギアでの加速が少しマイルドになった

と言っても、私には誤差レベルしか感じませんでした

面倒な事してまでやる事だったかなぁ、って感じです

いじるのが好きとか、理解のあるショップへ丸投げ出来れば、試してみるのも良いかもです

|

« OGK FF-5 ヘルメット内装交換 | トップページ | スクリーンくらべ »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/56239924

この記事へのトラックバック一覧です: スピードヒーラートラブル、ドライブスプロケット1T上げその後:

« OGK FF-5 ヘルメット内装交換 | トップページ | スクリーンくらべ »