« スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 後編 | トップページ | ナビマウント取り付け »

オートチューン撤去

P1000142  当初の目的を果たしたので取り外しました

季節の変化や、O2センサーの劣化でも燃調が変化するだろうし、

旅先で不調になっても怖いので、出来るだけ早く外したいとは思っていました

キャンセルしていたAIも復活(大人の事情で)

O2センサーキャンセラーは残してます(ノーマルのO2センサーを完全に切り離せるタイプ)

マップは、春先に保存しておいたものをベースに少し手直し

極端に補正が入ってる領域を、前後の回転数、スロットル開度を見ながらスムージング

 

Pcv20120819オートチューンと自己流の微調整で、とりあえずマップが完成

乗りやすくて、アフターファイアも気にならないので、しばらくはこのマップを使う事にします

画像のマップは参考ぐらいにしてください

調子悪いよ、とかエンジン壊れたよ、なんて言われても困るんで・・・

|

« スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 後編 | トップページ | ナビマウント取り付け »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/55667946

この記事へのトラックバック一覧です: オートチューン撤去:

« スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 後編 | トップページ | ナビマウント取り付け »