« スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 前編 | トップページ | オートチューン撤去 »

スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 後編

P1000141 前回からの続き

錆を落とし、メッキも剥離した状態なので防錆処理をしなくてはいけないのですが、

 

 

 

 

  

 

P1000144 メタルプライマーを買ってきました

DIYセンターで売られているものは非鉄金属用と書かれており、鉄にはダメみたいだったので、

ネットで調べたら、模型用で売られてたのは鉄も大丈夫そう?なので試してみます

 

 

 

 

P1000143 マスキングして、適当に吹き付けます

4回ぐらい厚塗りしました 

 

 

 

 

 

 

P1000147 車体に戻して完成です

メッキとは違う鉄特有の鈍い輝き、でも違和感は無いです

手間を掛けて安く補修出来ましたが、果たして耐久性は如何に?

メタルプライマーがパリパリになって割れてこない事を祈る・・・

 

|

« スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 前編 | トップページ | オートチューン撤去 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/55462551

この記事へのトラックバック一覧です: スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 後編:

« スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 前編 | トップページ | オートチューン撤去 »