« モーターサイクルジャッキ購入 | トップページ | スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 後編 »

スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 前編

Dscf2985 前にも書きましたが、

スロットルケーブルのメッキ部が錆びて目立つ様になってきました

他年式、他車種は大丈夫な個体があるので、ケーブル製造会社でロットの問題があったのでは?と疑ってしまいます

とりあえずスッキリ交換してしまえば?と思うのですが、

スロットルケーブルって結構お高くて、2本で7000円オーバー・・・

そんな訳でケーブルを外して部屋に持ち込み、対策を考えます

 

P1000138 とりあえず、メッキ層は既に終わっており、赤錆が浮き始めてます

電動ドリルに砥石を付けて、赤錆とメッキ層を全て削り落とします

 

 

 

 

P1000139 さらに600番のサンドペーパーで磨きます

当たり前ですが、鉄の地肌が出ました

このままだと速攻で錆びるので塗装をしなくてはいけません

ホンダ車みたく黒く塗るか、それともシルバーで塗るか、悩みながら、

 

 

P1000141 さらに2000番のサンドペーパー→ピカールで磨いてみた

メッキ並みの輝きが出て、ちょっと感動

ちなみにナット部分のメッキはそれほど傷んでいなかった為、ピカールで磨いたのみ

さて、防錆処理をどうしましょう・・・

 

 

|

« モーターサイクルジャッキ購入 | トップページ | スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 後編 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/55439632

この記事へのトラックバック一覧です: スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 前編:

« モーターサイクルジャッキ購入 | トップページ | スロットルケーブルのメッキ部錆び落とし 後編 »