« 純正クラッチホルダー、レバー流用(前編) | トップページ | キャリパー ノーマル戻し »

純正クラッチホルダー、レバー流用(後編)

前回からのつづき

P1000125 ワイヤーの張りを調整したらミラーを取り付ける

しかし、ミラーの高さが変わってしまう

 

 

 

 

 

 

P1000123 そこで、高さ調整用のアダプター(スペーサー)を用意

こんなので630円、高けぇ・・・

 

 

 

 

 

 

P1000126 スペーサーを1個使用

違和感無いぐらいに高さが揃いました

 

 

 

 

 

 

P1000128 そして交換後の感想

軽くなったか?といえば軽くはなったが、

言葉を変えると、柔らかくなった?って印象

クラッチの遊びを最小のままレバーの角度を変更出来る為、とても握り易くなった

約5000円(ミラースペーサー別)で購入できる為、試してみる価値ありですよ

|

« 純正クラッチホルダー、レバー流用(前編) | トップページ | キャリパー ノーマル戻し »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい流用ですね!
やはり純正最強です。
何せメーカーが選んでるものなので。

仮に'13モデルでフルモデルチェンジするとなると
もう専用パーツも期待できなさそうなんで
流用ネタは非常に参考になります!

投稿: ひで | 2012年7月 3日 (火) 23時09分

先代が3年でフルチェンジだったので警戒はしてますが、
世間は不景気?なので4年周期戻り、もしくは長期間現行モデルであって欲しいと思う今日この頃
Z、Ninja、Versysと3姉妹車なので、フレーム変更を伴うフルチェンジはまだ先かな?なんて思うんですがどうでしょう?

投稿: ANIGO | 2012年7月 5日 (木) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/55098623

この記事へのトラックバック一覧です: 純正クラッチホルダー、レバー流用(後編):

« 純正クラッチホルダー、レバー流用(前編) | トップページ | キャリパー ノーマル戻し »