« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

タイヤ交換 5500km ブリヂストンS20

前に、ゲイルスピードに付いてたバリ山のツーリングタイヤを少し試してみよう

なんて書きましたが、

ちょっと走っただけで怖くなった、というか自信が無くなったので交換

P1000099_2 今年の新製品、ブリヂストンのS20にしました

スポーツタイヤは各メーカーから出ていて迷うところですが、

これが一番人気があるみたいなので、乗りにくいって事は無いだろう、という安易な考えで選択

サイズはノーマルと同じ、リア50扁平

交換後その足で近くの峠に行ったが、道が込んでて皮むきどころでは無かったので、髭も取れぬうちにそそくさと帰宅

町乗りした感想は、セルフステアが弱く、フロントが切れ込んで行かないので乗りやすいと感じました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リアブレーキ メッシュホース交換

P1000077 フロントに合わせてリアもメッシュ化する事にしました

 

 

 

 

 

 

P1000076 ホースを外す前にフルードを抜きます、墨汁?

 

 

 

 

 

 

P1000080 交換が終わったらフルード充填、エア抜き

フルードが気付かない所に飛び散ってると怖いので、念の為ホイール回りを洗車します

 

 

 

 

 

P1000081 マスター側

タッチはカチカチになりました

リアロックしない様に気をつけねば

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クイックシフター その後

クイックシフター機能を使用して、思った事を少し書きます

 

2モーション(ハンドルスイッチ)でのシフトチェンジ方法ですが、

シフトペダルに爪先を掛け、少し力を掛けておきます

シフトアップするタイミングでハンドルスイッチを押すと、吸い込まれる様にシフトアップされます

Qs3 セッティング要って書いてたKill Times(失火時間)ですが、

デフォルトの65msecでは短すぎる感じです

高回転域で渋い、もしくはシフトアップされない事が度々

少しずつ数値を増やし、75msecが妥協値でした

低中回転域でもシフトアップできますが、かなりギクシャクし変速ショックのお釣りをもらう事が多いです、パーシャルからであれば意外と大丈夫

ツーリング時に楽したいから、って感じで導入するとガッカリするかも

正直な話、町乗りではいらないかな・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クイックシフター 設定編

前回のつづき

クイックシフターを有効にする為の設定をします

Qs1 PCとパワーコマンダーVを接続

画面の順に設定画面を開きます

 

 

 

 

 

Qs2 Quick Shifterのチェックボックスをオン

Configureボタンを押し、クイックシフターの設定画面を開きます

 

 

 

 

Qs3 設定内容は英単語を訳せば、なんとなく分かると思います

実走して調整が必要なのは、一番下のKill Times

シフトアップする回転数に合わせて変更する必要性ありです

デフォルトの65msecでは少なすぎかな?って感じです、少しづつ増やしてセッティング中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイックシフター スイッチ編

パワーコマンダーVに標準で備わっているクイックシフター機能

使わなければ損って感じなので、使ってみる事にしました

で、真っ先に思い浮かぶのが、シフトロッドにセンサーを付けて足の操作だけでシフトアップ出来るやつ

でもあのセンサーって普通に買うと3万円以上とボッタクリ価格・・・

レース屋さんが出してるシフターの補修部品が、センサーのことろだけで1万円ぐらいであって代用出来そうだったのですが、

2モーションでシフトアップする方式なら、家にある部材でお金掛けずに出来そうだったので、こっちを試す事にした

ちなみに2モーションでシフトアップとは、ハンドルに付いているスイッチを手動で動作し瞬間的にエンジンカット、それと同時に足でチェンジペダルを操作しクラッチを切らずにシフトアップする方式

一般的に言われている1モーションのクイックシフターはレース用ってイメージが強いのですが、

実際のところ、国内トップカテゴリーのJSB1000と規則の緩いサンデーレースぐらいしか使用できず、ST600を含めMFJ国内競技では2モーション

案外、レギュレーションとは無縁のストリート向けの装備かもしれない

 

前置きが長くなってしまいましたが、手動のスイッチはどこから?増設する?って事になりますが、

左ハンドルスイッチボックスに、滅多に使用しないスイッチがありませんか?

ホーンは殺してはダメです、車検通らなくなります

車検に関係ないとなると、パッシングスイッチです

もしパッシングしたい時があれば、瞬時にハイ、ローで代用利きますし

P1000064 そんな訳で、スイッチボックスを軽くばらします

配線図を見ましたが、大した事はありませんでした

ハーネスの中でハイビームに割り込んでただけだったので、カットしたのみです

あとはこのパッシングの配線を延長し、スイッチボックスのカプラーと同じ位置で2極のカプラーを取り付け、

そこからさらにパワーコマンダーまで延長し、接続するだけです

 

P1000073a もうひと手間掛けて、PASSの文字の上にラベル紙にQ.SHIFTの文字を印刷し貼り付けました

これでハード的な接続は完了ですが、これだけでは動作しません

パワーコマンダーのプログラムから設定変更を行わないといけないのですが、

 

 

次回につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジン不調の原因

先日の200kmツーリングの帰りぐらいからエンジンが不調

久々の長距離で疲れてそう感じた、と思ってたのですが、

日を改めて乗っても調子が悪い・・・

具体的には吹けが悪い、アイドリングがバラつく、

P1000079 あと、この燃費

マスツーリングなので大人しく走り、高速も少し使ってこの状態

リッター13km切るとかちょっとオカシイ

パワコマが壊れたか?なんて思ったが、マップは特に変なところは無さそう

 

疑心暗鬼の中、アイドリングしなからリアタイヤの状態を見た時にそれは気付いた

「排ガスの臭いが変」

エンジンオイルが燃えてるとか、ガスが濃すぎるとか、そういう臭いではなくて、

「石油ストーブが不完全燃焼してる様な臭い?」

ガソリンタンクのキャップを開けて臭いを嗅ぐと

「灯油っぽい臭いが混ざってる様な・・・」

・・・

そういえばツーリングの帰り道、山梨県で大手の看板は出てたが給油機が2台ぐらいで、おっさん1人がやってる小さなスタンドで自分だけ給油したっけ・・・

4月中旬となれば、売れ残った灯油で困ってても不思議ではないよな・・・

気持ち悪いぐらい愛想が良かったが、レシートよこさなかったな・・・

ハイオクだってのも疑わしいかもな・・・

 

そんな訳で、近所のスタンドでハイオクを満タン給油

暫く走ったらエンジン不調はあっさり直った

まさか、そんな事ってあるのかな?・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウィンカー破損

P1000071 オイル交換時に気付いた事、

なんか違和感・・・

 

 

 

 

 

 

 

右のウィンカー長くない?

しかも伸び縮みする

バラしてみたら、中のタッピングビスを止めるピンが折れてた

振動で折れたのだろうか?謎である

とりあえず、

P1000072 ビニールテープで固定

GW明けにでもショップに注文してこよう・・・

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »