« スポーツラックに合いそうなトップケース選び | トップページ | トップケース装着完了 »

GIVI E300N到着、ベース加工

Dscf3088 思ってたよりも早く到着したので、

スポーツラックへベースを取り付ける作業を開始します

 

 

 

 

 

Dscf3089 E300Nは某オクで、スズキのキャンペーンモデルが豊富に出品されており安く手に入るのに、

わざわざ正規品を購入?って思う方が居たら嬉しい

その理由は、エンブレムにSUZUKIの文字、キーの樹脂部が青、ってのが嫌だったから・・・

 

 

 

Dscf3076 話がそれましたが、とりあえずスポーツラックにモノロックベースを乗せてみます

意外にもボルト位置がギリギリ合うではありませんか!

しかし・・・

 

 

 

Dscf3078 後端の反りあがってる所と干渉し、浮いてしまってます

と言っても5mmぐらいの浮き上がりなので、アルミカラーを噛ませてあげれば良いかな?なんて軽い気持ちで用品店に行ってみたのですが、

内径6mmのカラーって外形も細く、丁度良いのがありませんでした

しかも2個で400円以上もするし(計1000円)、ちょっと思いとどまって帰宅

 

Dscf3080 ベース側の干渉部を削り落としてしまおうと、強行策に出る

ガムテープでマスキングし、ハンドソーで削る

後端はロック機構部があるので、強度優先の為リブ部分は最小限に斜めにカット

上から見た時どこを削ったのか分からない様、見た目も重視する

 

 

Dscf3081 こんな感じで

 

 

 

 

 

 

Dscf3082 GIVIに付属しているボルト、ナットで固定

これで作業完了、と思ったのですが

そうは問屋が卸さない訳でして、

次なる問題点は、

 

次回につづく

|

« スポーツラックに合いそうなトップケース選び | トップページ | トップケース装着完了 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/53966458

この記事へのトラックバック一覧です: GIVI E300N到着、ベース加工:

« スポーツラックに合いそうなトップケース選び | トップページ | トップケース装着完了 »