« オートチューンの設定 | トップページ | 延びた燃費、ならし終了 »

オートチューン試走

前回からのつづき

取り付け、設定完了後に近所を少し走ってきました

走り始めはまだ燃調補正が入っていない&サブスロットルバルブを戻した事もあり、中回転域トルクが薄くなったと感じました

しかし走行していくうちにフィーリングが変化し、中回転域はトルクアップ

エンジンがすごく滑らかに回る様になっていきました

サンプルマップを入れてた時とは大違いです

そして自宅に戻りマップを確認

A なんか、ダイノジェットが提供しているサンプルマップとは違った方向の補正になってました

サンプルマップはUS仕様と思われ、O2センサーの有無で低回転低開度領域が違う結果になったと思われます

ちょっと前まではサンプルマップで満足っぽい感じだったのですが・・・

分かった事は、自分の感覚でセッティングなんて無理だったという事

オートチューン付けて良かった・・・

0が入ってる所は、まだそこの領域を使って走っていないと思って下さい

これ全部を埋めるのにはサーキット走行でもしないと無理なんだろうなぁ

|

« オートチューンの設定 | トップページ | 延びた燃費、ならし終了 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

”ゼロ”の部分が埋まったら、データ買います(笑)

パワコマ+オートチューン、自分はもう少し先になりそうです。

投稿: gadymgk2 | 2011年11月23日 (水) 23時49分

>gadymgk2さん
ゼロの部分、自分には全部埋められそうにありません・・・
近所の峠を一往復だけしてきたのですが、ノートPCが壊れていて現状のマップが把握できてません
ノートPCが復活したら都度アップする様にします

投稿: ANIGO | 2011年12月 5日 (月) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/53293401

この記事へのトラックバック一覧です: オートチューン試走:

« オートチューンの設定 | トップページ | 延びた燃費、ならし終了 »