« パワーコマンダーV取り付け 後編 | トップページ | パワーコマンダーV ベースマップ選択 »

パワーコマンダーV スロットルキャリブレーション

PCV取り付け後、スロットルの全閉、全開位置(電圧値)を学習させなくてはいけません

PCVとノートPCをUSBで接続、スロットルキャリブレーション設定画面を出しイグニッションON、しかし電圧値は0Vとなってます

エンジン始動状態でないとスロットルポジションセンサーの電圧を測る事が出来ない様です

停車状態とはいえスロットル全開は気が引けます

そこで、イグニッションON直後の2秒間ぐらいスロットルポジションセンサーが通電する事に着目します

Pcv2 イグニッションON後、Resetボタンを押し最小電圧値を記録、

速やかにフルスロットルにしOKボタンを押し最大電圧値を記録

この動作を2秒以内で行い、なんとか設定できました

しかし説明書を見ると、暖機完了している事が重要と書かれていたので、少し走った後に再設定する必要がありそうです

これでやっと走行出来る状態となりました!

実走してベースマップを決める必要があります、ダイノジェットから提供されているマップの中から決めようと思うのですが、

 

つづく?

|

« パワーコマンダーV取り付け 後編 | トップページ | パワーコマンダーV ベースマップ選択 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/53026775

この記事へのトラックバック一覧です: パワーコマンダーV スロットルキャリブレーション:

« パワーコマンダーV取り付け 後編 | トップページ | パワーコマンダーV ベースマップ選択 »