« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

FIVEグローブ購入

前回からのつづき

既に購入してから書いてるので白々しいと言われそうですが、

Dscf2909 フランスのFIVE社製、RFX2011モデルです

カタログ写真を見たら少し地味かな?と思ったのですが、

実物見たら全然そんな事はありませんでした

選んだ理由はフィッティング重視

ハイエンドモデルのRFX1は当然プロテクション重視、エントリーモデルのRFX3は耐久性重視を謳っていたので

フランスデザインって謳ってるだけあって、モダンな感じ?

製造もフランs

Dscf2910 いいえチャイナです

当然と言えば当然でしょう

でも作りはしっかりとしてます

 

 

 

Dscf2911 指先は操作性が良い外縫い

爪の間に縫い目が引っかかるなんて事はありません

 

 

 

 

Dscf2912 樹脂部は立体的に成型されています

 

 

 

 

 

Dscf2913 ナックル部のプロテクションはカーボン

 

 

 

 

 

Dscf2914 使用した感想は、

とにかく柔らかい!長年愛用したグローブの様にフィットします!

逆に言えば耐久性が心配ですが、使ってみないと分からないでしょう

これで定価14070円は破格と思いました

サイズはタイチのXLを愛用していましたが、FIVEのXLでも違和感無く装着できました

FIVE社の回し者ではありませんが、超おすすめです

ネットでも細部の画像が出回ってないので、ご参考になれば

| | コメント (3) | トラックバック (0)

レーシンググローブ買い替え検討

Dscf2920 長年愛用していたタイチのレーシンググローブに穴が開いてしまった

気に入ってたし、当時のハイエンドモデルだったので修理も考えたが、

指先の皮も薄くなってきてるし、どう考えても万単位の金額が掛かるので断念

そこで買い替えを検討する訳ですが、

ミニバイクレースはもうやってないし、ツナギ着てワインディングを攻めるなんてもうしてないからストリート用のショートグローブを、と一瞬考えましたが、

自分はレーシンググローブじゃないと落ち着かないんです、手首まですっぽり包まれたいというか・・・

(しかし真夏はメッシュのショートグローブを使用しているのが優柔不断な所)

昔は転ぶのを前提としていたのでプロテクション重視でしたが、今は攻める走りなんてしないのでフィッティング重視で選びたい

候補は長年愛用していたRSタイチ、市内の用品店へ見に行ったら現行モデルのNXT048とNXT049がワゴンセールで半値以下の5980円で売られているではありませんか!

当然といえば当然なんですが、売れ筋のXLサイズは既に在庫無し

ネット通販で購入も考えたのですが、値引きはせいぜい20%ぐらいで+送料

なんか悔しいし、もしかしたらモデルチェンジが近い?なんて思ったのでタイチは今回パス

で、どこのメーカーにしようか悩む訳です 5

MotoGPで見かける様になったヨーロッパのグローブ専門メーカーってのも良いかもしれない 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年点検

Z1000に乗り換えて1年が経ちました

ブライトの補償が2年あるので、1年目の点検はちゃんとショップでお願いしよう、という事で

走行距離は4400km、自分的には結構頑張って乗ったのではいか?と

ショップがメーカー直系なので、レース用とか車検非対応って部品を付ける事は絶対に出来ません

なので、何も戻さずに車検を通す事が出来る合法カスタムを進めてきました

それでも弄りすぎって言われましたが・・・

少し心配だったのが排ガスのCO/HC濃度(アイドリング時)、吸気温センサーを騙して濃くしていたのですが、結果は

CO 0.46% HC 0ppm

と、全く問題無かったらしいです、むしろ0ppmってのが珍しいみたいです

O2センサーが補正しているのでしょうか?AIはもちろんカットしてません

今後のカスタム計画でパワーコマンダーかBAZZAZを入れてマップ作成のお勉強を、なんて考えていたのですが、

O2センサーをキャンセルすると(車検、点検が)マズイ事になりそうなので躊躇してしまいます

オートチューンはO2センサーキャンセル、AIカットは必須になりそうだし、難しそうです

県内にBAZZAZのプロショップがあるので、梅雨明けにでもシャシダイに乗せてもらいつつ話を聞きに行って見たいと思う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TOKICOモノブロックキャリパー取り付け

P1010389 取り付けを目論んだのはこのキャリパー

数年前に某オクで入手、08CBR1000RRレースベース車の新車外し品らしい

それを以前乗ってた07CBR600RRに取り付けて2000km程走行後、デットストックになっていました

これをカワサキ車に取り付けようなんて人はあまりいないだろう

もちろんボルトオンって訳にはいかない、オフセットが違うのでカラーが必要

 

Dscf2899 始めにブレンボキャスト用のカラーキットを取り寄せたのだが、パッドとディスクの当りが外周数mm余ってしまった

妥協すれば使えない事はないのだが、ディスクが磨耗した時にキャリパーが外れなくなる可能性がある

やはり外周に合わせるべきである

そこで、ブレンボのカラー+数mm厚いカラーをコーケンから探し当てる

 

 

Dscf2897 そしてフィッティング

コーケンのカラーでドンピシャである

以前ブレンボのカラーで問い合わせた時に、、「取り付けに問題が発生する可能性がある為現在販売中止」というのはこの事だったのだろうか?

 

 

 

Dscf2898 オフセットの問題が解消されたので、取り付け作業に入ります

パッドは新品のホンダ純正品を使用、これもデットストックで所持

キャリパーは洗浄しピントンもみ出し、パッドピンは研磨

 

 

 

 

Dscf2900 キャリパーマウントボルトはかじり防止にカッパーコンパウンドを薄く塗る

ボルトがステンでブラケットがアルミなので気を使う

 

 

 

 

Dscf2901 よく見たらMOTOREX製

あれ?シールが二重に貼ってある様な?

 

 

 

 

 

Dscf2902 剥がすと英語表記のラベルが!

デイトナさんには悪いが、こっちのが格好良い

キャリパーの絵があるが、鳴き止めにパッド裏へ塗っても大丈夫なんだろうか?

 

 

 

Dscf2904 右のキャリパーはバンジョー部とマウントボルトが重なってしまう為、小加工推奨

 

 

 

 

 

 

Dscf2907 ボルト類を規定値トルクで締めたら面倒なブレーキフルード充填、エア抜き

慣れってのはすごいもので、注射器とシリコンホースだけで作業が出来る様になった

 

 

 

 

そしてテスト走行、干渉部も無く正常に作動している

ブレーキフィーリングは激変

ブレーキパッドがディスクに貼り付いて制動する様だ・・・

そう、まるでホンダ車の様なブレーキフィーリング(※ホンダのキャリパーですから)

まぁ、パッドの材質によるものでしょうけどね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »