« RIZOMAハンドルバー 交換作業編 | トップページ | アフターファイアー対策 »

RIZOMAハンドルバー インプレ編

取り付け作業を行った翌日、グリップの接着が固まったので試走してきました

 

Dscf2730 数cmハンドルバーが低くなりましたが、自分にとっては丁度良いです

絞り角が増えたので肘が張らず楽になりました

 

 

 

 

Dscf2735 ハンドルバーがタンク上端と同じぐらいの高さです

ちなみにスクリーンはノーマルに戻しました

Ninja1000が発売され、Z1000らしさって何だろう?と

ふとした思いつきです

高速乗ったり、ロングツーリング時には社外スクリーン付けて行きますけどね(優柔不断)

 

Dscf2732 垂れ角を付けたので、タンクとスイッチボックスのクリアランスがヤバイです

 

 

 

 

Dscf2731 手が挟まる事はありませんが、グローブ着用すると親指がタンクに軽く触れます

 

 

 

 

Dscf2738 左フルロック状態

結構垂れてるのが分かります

 

 

 

 

町乗りした感じでは、とっても普通?になりました

CBRの時は垂れ角を減らしたり、バーハン化したりしてましたが、

Z1000では垂れ角付けたり、高さ下げたりと、

やはり、優柔不断?

右手の痺れ?慣れました、残念ながら良くはなって無いです

|

« RIZOMAハンドルバー 交換作業編 | トップページ | アフターファイアー対策 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

お~、かなりいい感じですねぇ~
ハンドルバーを変える際は
タンクの干渉も気を付けないといけないのですね!
勉強になります!
手のしびれが緩和されるのなら、
やって満足なカスタムですよね!

投稿: ひで | 2011年2月21日 (月) 22時00分

オイラは好みのタイプにあたるまで何本も替えたことがあります・・・
まぁ~オフ車の話ですが。
ちなみにオフ車のファットバーは使えないですかね?
使えれば結構種類があるから選択肢が広がるかも。。。

投稿: ほげほげ | 2011年2月21日 (月) 23時04分

>ひでさん
最近のバイクはタンクが張り出しているので、汎用のハンドルバー選択が難しいです
絞り角が増えた事により、肘は楽になりましたが、高さが下がったので腕への負担は少し増えそう
評価はロングツーリングしてからですかね。
 
>ほげほげさん
オフ車用なら種類ありますね、でも形状がツーリングには向かない様な気がします
RIZOMAのMA008ファットバーがZ1000専用みたいな感じだったので、安全策で行ってみました

投稿: ANIGO | 2011年2月23日 (水) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/50927569

この記事へのトラックバック一覧です: RIZOMAハンドルバー インプレ編:

« RIZOMAハンドルバー 交換作業編 | トップページ | アフターファイアー対策 »