« RIZOMAハンドルバー インプレ編 | トップページ | V125バッテリー終了? »

アフターファイアー対策

以前、エアクリーナーの2次空気供給口にイモネジ突っ込んで~

みたいな事書きましたが、それの補足を

Dscf2677 「仮に」ホース側からイモネジ突っ込んで、エアクリ内側から見るとこんな感じです

壁があり穴がDの型に狭くなっているので、よほどの事が無い限りエンジンに吸い込まれる事は無いでしょう

しかし、可能性は0では無いので不安はあります

ホースを外し、めくら栓をしてしまうのが最善な方法だと思います

では、どの様なめくら栓を用意すれば良いのか、参考までに測定してみました

 

Dscf2736エアクリ側、外径がφ12mm

どこかに「シリコンキャップ」があれば・・・

 

 

 

 

Dscf2737 ソレノイド側、外径φ14mm

ややこしい事に、異径ホースでした

どこかに「シリコンキャップ」があれば・・・

 

 

まぁ、お手軽な方法として

・ホースに球状の物を突っ込む

・イモネジでは心配ならキャップボルトをねじ込む

とかありますけどね

|

« RIZOMAハンドルバー インプレ編 | トップページ | V125バッテリー終了? »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/50927822

この記事へのトラックバック一覧です: アフターファイアー対策:

« RIZOMAハンドルバー インプレ編 | トップページ | V125バッテリー終了? »