« ホットグリップ取り付け その3 | トップページ | ホットグリップ取り付け その5 »

ホットグリップ取り付け その4

作業は難関のスロットル側に入ります

Dscf2617 まず、ノーマルグリップを抜きます

パーツクリーナーを注入したらあっけなく抜けました、どうやら接着してない様子です

スロットルパイプ表面は複雑な形状をしております

このままでは社外グリップが接着しづらいので、凸部を全て削り落とす事にします

 

Dscf2633 スロットルパイプを車体から外し、部屋の中でチマチマ削りました

ニッパー → カッター → やすり といった順番で削っていきます

 

 

 

Dscf2625 スロットル側のホットグリップも長さを詰める為、輪切りにしました

 

 

 

 

 

Dscf2627 カッターで回しながら根気良く切って行けば、断面は綺麗にカットできます

 

 

 

 

 

Dscf2638スロットルパイプを車体に戻し、グリップを接着します

フルスロットルでハーネスがどこにも干渉しない位置を探し出すのが難しいです

グリップエンドを繋げてバーエンドを取り付けると、僅かに干渉しスロットルの動きが悪くなってしまいました

そこで、ワッシャーを噛ませて位置を調整します

 

 

Dscf2639 これでスロットル側も完成です

最後に配線作業が残ってますが、

 

 

 

 

次回へつづく

|

« ホットグリップ取り付け その3 | トップページ | ホットグリップ取り付け その5 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、お手てが寒いと運転に集中できないよね~。
おいらは取り付けが面倒でkranの電熱グローブにしました。

投稿: ほげほげ | 2010年12月 7日 (火) 23時37分

クラン良さそうですね、興味があります
ウェア、パンツでフル装備にしたら寒さを全く感じないだろうな、と想像してみたり

投稿: ANIGO | 2010年12月10日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/50220323

この記事へのトラックバック一覧です: ホットグリップ取り付け その4:

« ホットグリップ取り付け その3 | トップページ | ホットグリップ取り付け その5 »