« ホットグリップ取り付け その1 | トップページ | ホットグリップ取り付け その3 »

ホットグリップ取り付け その2

Dscf2618 ノーマルグリップに比べ、若干長くて困った状態の画像

そのままではバーエンドに干渉し取り付けられない

そこで、

 

 

 

Dscf2620 メーカーが切っても大丈夫という最大値、グリップエンドから13mmの所でカットしてみた

カッターで回しながらチマチマ切っていくと綺麗に切れます

でも、ちょっと切り過ぎじゃね?

 

 

 

Dscf2621 グリップ接着には、これで大丈夫か分からないがセメダインスーパーXをチョイス

選択基準は耐熱性、120℃までOKらしい

果たしてホットグリップの熱に耐えられるだろうか?

 

 

 

Dscf2623 そして左グリップを接着

やはり少し切りすぎた!

これではバーエンドの所に数mmの隙間が開いてしまう!

やってしまった、大失敗!

 

なんてね、本当は計算通り

この状態を打開するのは

次回へつづく

|

« ホットグリップ取り付け その1 | トップページ | ホットグリップ取り付け その3 »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/50177713

この記事へのトラックバック一覧です: ホットグリップ取り付け その2:

« ホットグリップ取り付け その1 | トップページ | ホットグリップ取り付け その3 »