« コミネ ライディングシューズ | トップページ | NOJIMA LOCK-ON 取り付け »

メーターの振動対策?

先日、2011モデルのパーツリストを閲覧し、変更に気づいたメーターステー部の部品が届きました

Dscf2553 Oリング2つと、形状が変更されたと思われるシャフト

3点で1000円もあれば余裕でお釣りがくる値段

 

 

 

 

Dscf2554問題の遊びがある部分

中央のパイプの中でシャフトが遊び、一定のエンジン回転数で共鳴しビビリ音が発生する様だ 

 

そしてシャフトを抜く訳ですが、 

メーターステー内側から引き抜かなくてはいけない構造

メーターを外そうと思いハンドルクランプ横のボルトを緩めようとするも、空回りしヒンジ部分が分解できない

仕方ないので、ステー側をずらす事にした

工具が入らず、ヘッドライト周りを外し大掛かりな作業となってしまった・・・

 

Dscf2556新旧シャフトの比較

明らかに何かの対策を施したと言える形状変更

Oリングが入るので、シリコングリスを塗って組み付けました

 

 

 

Dscf2558 組み付けは結構大変な作業

始め、小さいOリングがどうやって組み付ければ分からず迷走

シャフトの寸法から想定すると、小さいOリングはパイプの外らしい

大きいOリングはパイプの内側から、小さいOリングは外側からシャフトとの遊びを殺す事になり、劇的にガタが減りました

穴に固定するシャフト先端の形状が変更されたのも効いてると思われます

作業は大変だが部品は安価なので、メーターのビビリ音が気になってる方は試してみる価値あるかも?

|

« コミネ ライディングシューズ | トップページ | NOJIMA LOCK-ON 取り付け »

Z1000(2010)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/49629355

この記事へのトラックバック一覧です: メーターの振動対策?:

« コミネ ライディングシューズ | トップページ | NOJIMA LOCK-ON 取り付け »