« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

コミネ ライディングシューズ

Dscf2539 長年愛用したコミネのシューズ

CBR1000RR乗ってた時に買った物だから、5年ぐらい使っただろうか・・・

最近やけに小石が入ってくるな、と思ったらソールの踵が剥がれていた

各部もやれてきてるので買い替え時と思い、近所のショップで物色

 

そして、購入したのは

Dscf2538 やはりコミネのシューズ

海外製のシューズは足の形が合わず中指が痛むので履けない・・・

だからまた同じ物を買ってきたのか?と思った人はコミネ初級

実はこれ、新型

このシリーズは爪先保護に鉄のトゥーキャップが入っているのだが、

新型は、なんと!FRPになり軽量化!

恐らく、次のモデルチェンジでトゥーキャップがドライカーボンかチタンになるね(予想もしくは希望)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOJIMA LOCK-ON 観察

Dscf2544 箱を開梱し眺めてみた

片手で簡単に持てるほど軽くて小さい

左右2本あるとはいえ、これで合法範囲に消音できるのか?と思ってしまうほど

 

 

 

Dscf2546 中を覗くとストレート構造である事が分かった

パイプ内径が太い、アイドリングの音量は上がりそうだ

消音はグラスウールに依存してそう、抜けたり劣化したら爆音になるんじゃないかと心配

HPのダイノジェットグラフを見ると、全域に渡ってトルクが上乗せされ6000rpm付近の谷も軽減されてる様だ、とても楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノジマなお買い物

Dscf2543 納車時から考えていたブツ

ノーマルの4本出し?に拘りは無かったのでフルエキ、もしくはスリップオンで左右2本出しを考えていました

海外製フルエキなら大幅な出力向上、チタンエキパイの美しさがあるが、FIコントローラー必須、車検NG、違法改造でショップ出入り不可とデメリットが大きい

BEETからフルエキが出ているがJMCAの認定を受けていないのと、お値段が25万!でちょっと難しい

 

そこでお手軽、お求め安い価格のスリップオンとなる訳ですが、

欧州カワサキでオプション設定のアクラe1仕様を検討しましたが、日本での車検NGなのと音量もギリギリかな?と思い踏み切れず

ツーブラやデビルも考えましたがアクラと状況は同じなので自分的には選択肢に入りませんでした

残る選択肢はノジマでJMCA認定、自分の車両は関係無いが新加速騒音規制にも適応

ノジマを選ぶ人は多いだろうな、と思い他の国内メーカー開発待ちをしていたがスリップオンで出てくる気配なし

 

そんな感じで待ってたら、ならしが終了

さらにPLOTでノジマ製品を対象としたQUOカードプレゼントキャンペーン(購入価格の5%)が8月より始まり、今月末で終了してしまう

もう行くしかない!と思い今回の買い物に踏み切りました

 

ちなみに購入先は、いつものネット通販

土曜に到着したが、いつもと同じ注文フォームで夜間指定をしてしまい、受け取ったのが20時・・・

深夜に取り付けをする気力なし&ご近所に迷惑掛かると思い作業は延期

翌日の日曜は、町内の運動会で運営の方で一日潰れて終了・・・

今週末、天気がよければ取り付けます

| | コメント (5) | トラックバック (0)

無くなるキャップボルトのキャップ

Dscf2501 メーター操作やイグニッションキー抜き差し時にグローブか袖に引っかかって飛んでしまうのかな?

ショップでキャップをもらってきましたが、ただ被せてあるだけではまた無くなってしまいそう 

そこで、

 

 

 

Dscf2502 軽く接着しておきました

爪で引っ掛けたぐらいでは外れないので安心

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011モデル変更点

いつの間にか、カワサキのHPで2011モデルのパーツリストが閲覧できる様になっていました

カラーパーツ以外で部品番号が変更されていたのは、

・ECU
・フレーム
・リアサス

上記以外の変更で目を疑ったのは、

メーターの角度調整部に小変更があった様子

具体的には、シャフト両端にOリングが制定されていました

これってまさかメーターのビビリ音対策では?

高い部品ではないので、週末あたりにショップ行って部品を取り寄せ確認してみようと思う

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Z1000 HID取り付け

実は納車して間もなくHID化していたのですが、

点灯写真を撮っていなかったので記事を公開せず放置してました

未だその写真は撮っていないのですが、取り付け方法を公開

ちなみにLOW側だけHID、HI側はハロゲンバルブのままです

 

Dscf2425 ヘッドライトの防水キャップの内側を丸く切り取ります

 

 

 

 

 

Dscf2426 配線を通します

水が入らない様ノーマルの防水キャップとHIDのキャップが密着する様にはめ込みます

 

 

 

 

Dscf2429バーナーをヘッドライトに固定

H7アダプターは必須です

 

 

 

 

Blog2457 バラストとイグナイターはこんな感じで収納しました

この配置ならノーマルスクリーンでも干渉せず収まってます

電源はH7ソケットから直接取ってます

ここのメーカーのHIDキットは省電力で安定しており、お勧めです

最近某オクでステー付きのキットが出品されているみたいなので、それを買っちゃった方が楽で安心だと思います

てか、ステーだけ欲しいな・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ならし終了、そしてインプレ

納車されて3ヶ月、やっと1600kmのならしが終了しました

日数掛かりましたが、ここ最近の年間走行距離1000kmちょっとの自分としてはこの夏頑張って乗った方だと・・・

2011カラーが発表され、これから購入を検討している方に参考になればと思い、簡単なインプレを箇条書きに

 

ポジションはとても楽、長時間乗っても苦にならない、ハンドルバーがとても近く感じられる

高速では風がモロに当る、社外スクリーンを入れたら車の流れに乗る速度であれば苦にならなくなった

燃費はツーリングで16~17km/L、大渋滞にはまったりすると13km/Lに落ちる事あり

燃料タンクが小さめ、200km走るとガソリンが心配になる

トルクフルなエンジンにて低中回転が面白い、しかしギア比がショート寄りな為、高回転まで引っ張ってもただ回ってるだけで加速を感じられない

タコメーターがデジタルバーなので見にくいが、ぶん回してもつまらないのであまり見てない事に気づき始めた

水温計が無い、心配事が1つ減ったと思って気にしない事にした

収納スペースは皆無、ツーリングで合羽を持参するならバック類は必須

足回りはDAEGと比べるとやや固い、ゴツゴツ感じる

タンク、フレームが低温火傷する事なく熱くならない、でもリッターバイクなので暑い

足つきは、シートの前方へ座れば悪くない

パーツリストを見ると外装部品の価格が良心的、外車と違って転んでも安心?

マフラーからの排気音はあまり聞こえない、スロットルをワイドに開けるとタンク下から気持ち良い吸気音が演出される

ヘルメットホルダーが一切ない、バイクから離れる時は持って歩くかロックを付けるか対策要

 

気に入らない所ばかり並べてしまいましたが、これらが納得できれば乗りやすくてとても良いバイクだと思います

| | コメント (6) | トラックバック (0)

サマーシートカバー

Dscf2525 夏のシーズン中に使ってました

汎用品(Mサイズ)なので、Z1000のシートにはどうかな?と思ったが、違和感無く収まった

率直な感想は、とても良かった

高速走行中は常に風が抜け蒸れる事が無い

一般道の渋滞で蒸れても、走り出して少しの間腰を浮かせてれば熱が抜ける

ただし、ナイロン系のライディングパンツと相性が悪いのか滑りやすい

秋になり気温も下がってきたので今年はもう外してしまうが、来年の夏も取り付けようと思う

DAEGとW650だけでなく、ヤマハ(ワイズギア)みたく各車種ごと設定してくれないだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Z1000(2010)オーリンズのインプレ

Dscf2528 装着後、200kmちょっとツーリングに行ってきました

性能云々を語れるレベルじゃないので、率直な感想を

セットアップ状態は工場出荷状態のままです

 

ノーマルに比べ全長が若干長いので足つきは多少悪くなります(プリ抜けばもう少し沈むかも)車高調整機構はありません

バネが85N/mmと柔らかめ、ノーマルの突き上げる様なゴツゴツ感が軽減された感じがしました

プリロードが多めに(12mm)掛かっているので腰砕けって感じでもないです

サスがよく動く様になったので、リアの動きが分かり易くなりました

伸び側減衰は標準設定で良い感じ?試しに帰りの高速で2クリック抜いてみたらフワフワして落ち着かない感じでした

標準設定が最強から14クリック戻しなので、折角の40段階調整でも実質使える範囲は少なそう?

厚側減衰は調整不可ですが、町乗り用にセッティングを煮詰めてあるのか、不満は感じませんでした

今まで社外サスに交換し悩んでは試行錯誤する事ばかりだったので、今回のオーリンズは吊るしのままでツボにはまったというか、手放しで喜べました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »