« TTXプリ抜き | トップページ | 3本目の正直、クラッチワイヤー »

ダウンリンク交換

リアサス、ダウンリンクの交換と分解清掃

ダウンリンクの狙いは、座面の傾斜を緩和し腕に掛かる負担を軽減させたい

キャスターは寝てしまうし、バーハン化も含めてバランスが崩れまくりですが、走行性能二の次です

まともに走るかどうか不安になってきましたが、とりあえず取り外し作業から

 

Blog2289 あっ!

 

 

 

 

 

Blog2290 走行距離3500kmなのに、これはちょっと酷いね

数万kmノーメンテで走行したらどうなるんでしょう?

 

 

 

Blog2291 プレート側は比較的軽症?

 

 

 

 

 

Blog2292 清掃したが、傷は深い

次回分解する時、クッションコンロッドは要交換かな

ニードルベアリングにはグリスアップしておいた

メーカー出荷時のままでもグリスが足りてないって事はないけど、必要最低限って感じ

 

Blog2293 部屋に転がってたプロトEFFEXのダウンプレートへ交換

材質が良く分からないが硬そう、ジュラルミン?

 

 

 

Blog2295 リンクを内側から見るとこんな感じ、小石が噛み込み易い作り

しかし、ホンダはかなり昔からロッドをプレートで挟む形状を採用していたので、今頃になって通常走行に危険が生じる様な事は起きないと信じている

でも何か気持ち悪いので対策はしたいところ

内径17mm・・・NX4のリンクに使われているワッシャーが使えないかな?、試しに1個注文してみようかな

Blog2297サイドスタンドもショートのやつへ交換

しかし車高はノーマルよりちょっと低い程度に調整していく予定なので戻すかも

 

 

 

Blog2282 TTX復活

セッティングは・・・出せないだろうなぁ

まともにバイク乗れる体の状態じゃないから、速さとかどうでもいいや

|

« TTXプリ抜き | トップページ | 3本目の正直、クラッチワイヤー »

「バイク」カテゴリの記事

コメント

こん○○わ!お久しぶりに投稿します。
やはり異物が噛み込んでガリガリでしたね。
車高ダウンするとクッションコンロッドとプレートの干渉部分が更にタイトとなり更に前方へ小石が噛み込む可能性が出てきます。
そうなるとテコの原理とプレート剛性の関係で異物噛みがサスロックへと直結する事態に陥り易くライディング時には特に注意が必要です。リンク同士がハサミの刃先状の動きをしそこに固い物が挟まりロックしてしまう状態を想像してもらえば説明が簡単です。
端的に言えば路面凹凸でサスが作動中に偶々異物を噛み込んだ瞬間サスが伸びてこなくなりリヤタイヤが浮いてしまいます。
これがコーナリング中なら転倒の可能性が高くなるので様子見しながらゆっくり走りましょう。転倒でもしたら元も子も無いですから。

投稿: PC40乗り | 2010年3月 5日 (金) 20時47分

PC40乗りさんこんばんわ
今回は何も対策せず見なかった事にして組みましたが、
アイファクさんと同じ様なワッシャーが手に入らないか模索中です
今年はのんびりツーリング行けたらいいな、程度で考えてますので
様子見ながら走ってみます

投稿: ANIGO | 2010年3月 7日 (日) 20時51分

リヤがそこそこ解決したとして
後は乗り心地に関してもっとも重要なのがフォーク周りです。
純正オイルシールは全くもってダメダメです。フリクションが凄い。
固くて乗り心地に関して「悪の中枢」と言えるのが純正オイルシールです。
プロトのカタログに載ってる社外シールに交換すれば格段に乗り心地が向上します。
あとついでにオイル粘度を下げると良いです。

投稿: PC40乗り | 2010年3月 8日 (月) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/47718424

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンリンク交換:

« TTXプリ抜き | トップページ | 3本目の正直、クラッチワイヤー »