« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

ゲルザブ

CBRのシートはお世辞にも座り心地が良いとは言えないと思う

さらにナイロン系のライディングパンツだと滑り易くて困る

Blog2342 そこで、以前から気になっていたEFFEXのGEL-ZABを購入

値段は9975円、高い・・・

 

 

 

Dscf2318 ベルクロで止めるのだが、CBRの場合前側フック部の都合により、X字で固定した

 

 

 

 

Dscf2319 見た目は思ってた程、悪くない

座ると、シートに埋まる様な感触でちょっと新鮮

表皮はノーマルに比べて若干だが滑りにくい、座面が凹むので加減速で尻がズレにくそう

近所を試走し、なかなか良い感じ

真価はツーリングに行かないと分からないですね

またそのうちにレポートします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3本目のハンドルバー

Dscf2306現在使用しているハーディーのLOWでも問題無いのですが、

バーハンキット推奨ハンドルバーが気になって試したかったので購入してみた

ハンドルバー内径が12mmと特殊なので、それに合ったバーエンドも購入

 

 

Dscf2308 ハーディーのLOWと比べてみる

形状は結構似ている、しかし長い(下ハーディーLOWはバーエンド付き)

 

 

 

Dscf2310 仮組みしたら、スロットルケーブルが届かない事が判明

取り回しを変更してもNG

車検に合う様に詰める予定であったので、両端を15mmづつカット

 

 

Blog2340なんか良い感じ、高級感が出た様な?

ポジションはハーディーのLOWに比べ、少し手前になる

推奨ハンドルバーを付けて分かった事

・アッパーカウル耳の部分のカットはやはり必須
・両端を少し詰めないとワイヤーが届かない

キットを買ってもボルトオンとはいかず、多少の加工は必要の様だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンク再OH、対策

バーハン化作業がひと段落し、少しまとまった距離を走ろうと思い浜松へ

ただ走るだけではなくちょっとした目的もあったのですが、まだ自分の中で葛藤してるので詳細は言えません

腕の状態は、バーハン化のおかげで、痺れは多少出ますが感覚や握力が無くなるという事は無く、無事帰ってこれました

バイクの方は、ダウンリンクで車高を下げた事もあり、スーパースポーツとは思えない程楽

リンク回りをOHした効果か、出発時にはとてもしなやかになったと感じたリアサス

OHしたというプラシーボ効果?と思ったが、バイパス乗った頃には元通り

家に帰りリンク回りを覗いてみたら原因判明

リンクのコンロッドがプレート左側(スタンド側)へ密着し干渉してました、ゆっくりストロークさせるとギシギシ音が出てます

テフロンワッシャーも入手出来た事だし、再び分解

Dscf2313クッションコンロッドと干渉していた部分がテカテカ光ってました

小傷は元からありましたが、さらに増えた様子

 

 

 

Dscf2314 フレーム側も点検、少しかじってますね

部品で交換できない場所なので対策は必須

 

 

 

  

Dscf2315 クッションコンロッド両端、左右にテフロンワッシャーをはめ込む

シャフト外形よりワッシャー内径のが微妙に小さいので、きつめにはまります

組むときにワッシャー脱落の心配が無くて良いです

クッションコンロッドを交換しようか悩みましたが、どうせまた傷が入るだろうと思い、サンドペーパーで修正し再使用

 

Dscf2316 スイングアーム側は干渉した痕跡は見られませんでしたが、念の為ワッシャー取り付け

ワッシャーを合計6枚使用 

 

 

 

 

Dscf2317 これでプレートとコンロッドが直接干渉する事は避けられます

ただし、テフロンワッシャーはいつか磨耗するので定期的に点検かな?

ワッシャーを挟んでもまだコンマ数mmクリアランスがあります、異物噛み込みに対しては気休め程度かもしれません

組みあがった後、跨ってリアをゆっくりストロークさせてみる

異音無くスムーズに動く

試走してみる、今までとは全く別物

路面の継ぎ目などの細かい動きに対してサスがちゃんと動いているのが感じ取れるというのだろうか(プラシーボ効果?)

手間は掛かるけど、やっておいて損は無いと思います

あとはワッシャーがいつまでホンダ純正パーツとして供給されるのか、心配

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬眠からの目覚め

Dscf2303 CBRバーハン化の記事ばかりで、最近話題にすら上げてないオレンジ色のあいつ

昨年10月のツーリングからほとんど乗っておらず、年末ぐらいにバッテリーを外してカバーを掛けたままでした

やっと暖かくなってきたので、起こして乗ってやろうかと

 

 

Dscf2301 バッテリーは室内でオプティメート4を使い、まめに充電してたおかげで良好な状態を保っておりました

とりあえずセル1発始動、さすがインジェクション

4ヶ月分の埃を落とすため洗車

 

 

Dscf2304 事後報告になりますが、マフラーとエアクリーナーはノーマルへ戻しておりました

ブラックアーバンNEXTマフラーでの低速セッティングが出ない、思いのほか音が大きくご近所様に迷惑掛かるかな?と思ったので

FIコントローラーのセッティングもやり直します、といっても近所の試走ではマップAでも調子良かったりする・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハンドルバー選択理由

干渉問題が起き難いキット推奨ハンドルバーを選ばず、あえて他メーカーを選択した理由

それは、車検の問題です

Blog2288 PC40の車検書記載幅は710mm、ハンドル等を交換しても+20mm以内なら構造変更しなくても良い事になっています

ハーディーのハンドルバーであればバーエンドを付けてもギリギリセーフ

レバーの方が幅ありますが、マスター、ホルダーを内側にセットするかショートレバー等に交換すればなんとかなります

推奨ハンドルバーは750mmと幅広で、カットし詰めるか構造変更必須なので・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リンクかじり対策ワッシャー

Blog2289 先日のリンクプレート交換で見てしまった問題

アイファクさんとこのスタッフブログで紹介されていたテフロンワッシャー?が手に入らないかと模索

ホンダ純正パーツというヒントから、他車種のパーツリストのサスリンク周りを片っ端から調べたが、それらしき物は見当たらない・・・

諦めずにHRCのパーツリストも調べる、とある市販レーサーのサスリンクにワッシャーが挟まっているのが確認できた

ニードルベアリングのサイズを見ると内径17mmと予想される

黒丸が付いていないのでホンダ純正パーツだ、これか?

で、この部品番号が使われていた車種は何?って事になるが、

1980年代後半に販売されたとある車種用、しかしサスリンクには使用されていない

金属製ワッシャーでは?と不安になりながら、とりあえずショップで在庫を調べてもらう、鈴鹿倉庫に12個確認、少ない・・・

値段は安価なので、6個お願いした

そして、

 

Dscf2299 ビンゴ!

組み込みは面倒なので、気が向いたらそのうちに・・・

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3本目の正直、クラッチワイヤー

Blog2283 暫定仕様のハリケーン製のホンダ某車種用+10cmのクラッチワイヤー

ケーブルエンドに角度が付いている&少し長い為、少し特殊な取り回し方になった

しかし、これではクラッチのタッチが非常に悪い

 

そこで、

Blog2284 ホンダ某車種の純正を試してみた

お値段は税込み1500円程度と格安!

 

 

 

 

 

Blog2285 残念な事に、これが一番理想的な長さだったという事実

深く考えずに純正から試しておけば良かった・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダウンリンク交換

リアサス、ダウンリンクの交換と分解清掃

ダウンリンクの狙いは、座面の傾斜を緩和し腕に掛かる負担を軽減させたい

キャスターは寝てしまうし、バーハン化も含めてバランスが崩れまくりですが、走行性能二の次です

まともに走るかどうか不安になってきましたが、とりあえず取り外し作業から

 

Blog2289 あっ!

 

 

 

 

 

Blog2290 走行距離3500kmなのに、これはちょっと酷いね

数万kmノーメンテで走行したらどうなるんでしょう?

 

 

 

Blog2291 プレート側は比較的軽症?

 

 

 

 

 

Blog2292 清掃したが、傷は深い

次回分解する時、クッションコンロッドは要交換かな

ニードルベアリングにはグリスアップしておいた

メーカー出荷時のままでもグリスが足りてないって事はないけど、必要最低限って感じ

 

Blog2293 部屋に転がってたプロトEFFEXのダウンプレートへ交換

材質が良く分からないが硬そう、ジュラルミン?

 

 

 

Blog2295 リンクを内側から見るとこんな感じ、小石が噛み込み易い作り

しかし、ホンダはかなり昔からロッドをプレートで挟む形状を採用していたので、今頃になって通常走行に危険が生じる様な事は起きないと信じている

でも何か気持ち悪いので対策はしたいところ

内径17mm・・・NX4のリンクに使われているワッシャーが使えないかな?、試しに1個注文してみようかな

Blog2297サイドスタンドもショートのやつへ交換

しかし車高はノーマルよりちょっと低い程度に調整していく予定なので戻すかも

 

 

 

Blog2282 TTX復活

セッティングは・・・出せないだろうなぁ

まともにバイク乗れる体の状態じゃないから、速さとかどうでもいいや

| | コメント (3) | トラックバック (0)

TTXプリ抜き

町乗りにはちょっとプリ掛かりすぎてるんじゃないかな?と思ってるTTX

全抜きでも約10mm掛かってる

そこで、自分で出来る範囲でなんとかしてみようと

Blog2135 以前購入しておいたスプリングコンプレッサー(赤いのはチェーンアライメントツール)

これを使って

 

 

 

 

Blog2136 スプリングを縮める

 

 

 

 

 

Blog2138_2 このCリングを外す

 

 

 

 

 

Blog2137 スプリングとプリロードユニットを外すと、このセットリングとなるものが顔を出す

これを4mmぐらい上部へセットすればプリも4mm抜く事ができる

 

 

 

Blog2139 エンドアイ

これを短く削ってノーマル長に合わせたいが・・・

ダウンリンクに交換しエンドアイで車高を調整する方向で

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »