« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

クラッチワイヤーの問題

ハンドルバーが付いたら、次の難関はクラッチワイヤー、ブレーキホース

Blog2176クラッチワイヤーはノーマルでは全く届かないと思っていたので、

ホンダ車で合いそうなのを用意しておきました

ホンダ車のあれ用です(答え書いちゃうとバーハンキットで商品としてロングケーブルが用意されている手前、色々問題ありそうなので)

とりあえず某オクで安いのを購入

長さが良く分からなかったのでノーマル+30cm

長い分には取り回しでなんとかなる、という考えは甘かった・・・

 

 

Blog2177 クラッチが切れたのは良かったが・・・

どう考えても長すぎ・・・

ここで初めて基準となる長さが分かったのですが、

某車種用のノーマル長でもギリギリ届くが、ハンドルを左に切った時、キーシリンダーと干渉する恐れあり

そこで少し余裕を見てノーマル+10cmを再注文

 

Blog2182いつも利用しているネット通販でブレーキホース(オーダー品)と一緒に購入

某オクのワイヤーに不安を覚えたので、ハリケーン製にしました

といっても、値段は数百円しか違わなのですが、

 

 

Blog2188 ワイヤーの詳細

上からCBRノーマル、某オク、ハリケーン

某オクのは細すぎ・・・

ハリケーンのは日本製らしいのでちょっと安心、しかし定期注油要と書いてあり油分がほとんど無い・・・

取り付け前にインジェクターを使って念入りに注油しておきました

 

Blog2189 そして再取り付け

これでクラッチワイヤーは解決

1本無駄にはなったが、それでも2本合わせても5000円掛かっていない

これで安価で安易に用意できるクラッチワイヤーが見つかった

次はブレーキホースだが、更なる苦悩というか不運が・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カウルセット入手

ハンドルバーが付いて、バーハン化に向けて形が見えてきた今日この頃

とりあえずアッパーカウルは多少なりともカットが必要と判断

しかし「いつでもフルノーマル戻しが可能」状態を維持したいので、車体に付いているカウルカットは避けたい所

パーツリストで価格を調べると価格改定前で約25000円、そこから10%アップか・・・

某オクで出品されてるアッパーカウルは傷と割れが酷いのばかりで却下

09レースベースのカウルセットを落札しようと思ったが塗装が面倒、全て交換し成型色のままってのも味気ないので却下

何気なく中古パーツショップをネットで見てたら、08赤のカウルセット(ミドルカウルは無)を発見

新車はずしとの説明文、しかもアッパー新品よりも安い!(値段付け間違えか?)

着払いで注文したら、普通に買えた

現物が到着しチェックしてみる、目立つ傷無く確かに美品

しかし、アンダー前部に無数の跳ね石跡が・・・

明らかに新車はずしでは無いな、と思ったがクレーム付けるのも面倒なのでスルー

アッパーはカットするとして、タンクカバーとシートカウルは綺麗な方を使おうなんて思っていたのですが、

なんか、違和感・・・

Blog2170 ウィングマークと600RRの文字色が違う!

07が白で08はシルバーだったとは・・・

こんな細かい所変更せずに共通部品にしてしまえよと・・・

07と08の混同仕様ってのもなぁ・・・

某オクでバラ売りしてしまおうかな・・・

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姿を現したFZ8

昨年末ぐらいから出るぞ、って言われていたFZ8

焦らし上手で、海外サイトでは予想CGが多く出回ってました

 

Fz81_3まず、YZF-R6をベースにした予想CG

フレームの色とハンドル形状に違和感あったが、結構理想形

 

 

 

Fz82 次にFZ1をベースにした予想CG

他メーカーのパーツが混じってる気もしますが、

ほぼFZ1でこれは無いだろう、と思っていました

 

 

そして、FZ8公式サイトでFAZER8のマスクが公開

それに合わせてかFZ1にFZ8の顔を付けてマフラーが変更されただけという画像がネットで出回っていました

モノトーン調でヤマハエンブレム無し、前後左右のスナップショットありという流出っぽく手の込んだもの

しかも公開されたばかりのFAZER8顔もあり、ちょっと嫌な予感・・・

 

そして翌日

Fz8 公式サイトでFZ8の画像公開

・・・

なんのひねりも無いFZ1のスケールダウン版だったとは・・・

フレームと足回り、エンジンはFZ1そのものに見えます

FZ1では無く、あえてFZ8を選ぶという理由が見つからない・・・

この画像が出るまで、車体はR6ベースでエンジンは新造、もしくはR7の改良スケールアップなどと夢を膨らませていたが、

一気に現実へ引き戻されてしまった気分

で、次のニュースは3月?

その頃にはもう2010モデルのストリートトリプル、Z750、F800Rが走り始めているでしょうね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドルバー選択

スーパースポーツのバーハン化で一番悩むのはハンドルバーの選択ではないだろうか?

カタログの寸法とシミュレーションでEFFEXのFZ1用を用意したのだが、

干渉は、しない(スイッチボックスは当たるかも)

でも手が入るスペースが残っていない・・・

タンクのちょうど張り出ている所とバーが一致してしまった様だ

垂れ角をカチ上げればなんとかなるが、とてもまともなポジションではない

残念だがこのハンドルバーは却下

仕方が無いので代わりのハンドルバーを探さなくてはいけない

幸い、自走出来る状態なので近所のパーツショップへ

店員さんにフィッティングして良いか聞いたらOKだったので数本もって駐輪場へ

とりあえず、HARDYのロードバーLOWが無難に収まりそう

変なシミュレーションなんかせず、初めからフィッティングさせてもらって選べば良かったと後悔

Blog2169 EFFEXのFZ1用とHARDYロードLOWを比べてみた

意外にも絞り角はHARDYのが少ない

カタログ寸法だけでは分からな事があるんだ、と実感

 

 

 

Blog2172 トップブリッジへ取り付けてみる

いや、これすごいポジション楽!

なんとしてでも完成させねば!

 

 

 

Blog2171 タンクとのスペースは十分

ただし、アッパーカウルとは大きく干渉するので対策が必要

とりあえずセパハンを外し、スロットルやブレーキマスターなどを付け替える

 

 

Blog2173 日が暮れてきたので、この日の作業はここで終了

| | コメント (4) | トラックバック (0)

苦悩の始まり

先日のバーハンドル化シミュレーションにてイメージが湧いたので、

とりあえずバーハンドル化トップブリッジ(単品)をネットで注文

なぜセットで買わなかった?と言うと、

・ブレーキホースはスウェッジラインプロのステンレスバンジョー、スモークホースが好み(あわよくばノーマル取り回し変更でなんとかできないか?)
・クラッチワイヤーは安価で安易に用意できる物を探しておきたい(当てがあるが、あわよくばノーマル取り回し変更でなんとかできないか?)
・アッパーカウルかさ上げスペーサーは使用せず自作するかカウルカットの方向で(だめなら単品でお取り寄せ可)

購入先はABM JAPAN、ちなみにドイツ製

直リンクして良いか分からなかったので、Googleで「CBR600RR バーハンドル化」で検索し一番上に出てきた所です

注文時は在庫あり商品にて、入金後翌日には到着

約4万円は高いかな?と思ったが、複雑な加工を見て納得

マフラーの様に数が出ない商品なのに、図面引いたりNCプログラム組んだりと人の手間と、アルミから削り出す時間を考えればバーゲンプライスかと

 

 

Blog2146で、とりあえずトップブリッジだけ交換

ハンドルポストとネジ穴が無ければとってもレーシー

ノーマルハンドルは位置決めの突起により取り付けられないので、部屋に転がってたプロトのEFFEXセパハンを暫定で取り付け

用意したバーハンドルが合うか分からないし、ダメなら走行可能状態で用品店へ行き、駐輪場でフィッティングをお願いする事も可能かと思ったので

というか、この状態でフィッティングさせてもらってからバーハンドル買えば1本無駄にならなかった、というネタは次回に

作業は記事よりある程度進んではいるが、苦悩はここから始まったのだな・・・と

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーンアライメントツール

Blog2147 スプロケットへこんな感じに取り付けて

 

 

 

 

 

Blog2148 真後ろから覗き込んで確認する

チェーンとツールのシャフトが平行であればアライメントは正常

これ、かなり画期的かも!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まっすぐな宇宙製品

正月中はほとんど家に篭っていましたが、外出したのは初詣と工具を買いに出たぐらい

どこの工具屋に行ったかはタイトルで想像できるかもしれません

とりあえずは、あったら便利かな?と思う「セール品だけ」買ってきた

 

あと、初めて通販で工具を買ってみた

どこのネットショップで買ったのかはタイトル想像できるかもしれません

Blog2135 お目当てはオートバイ用のスプリングコンプレッサー

これがあればリアサスのスプリング脱着がDIYできるらしい

赤いのはチェーンアライメントツールらしい

使用方法、インプレはそのうちに

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バーハンドル化シミュレーション

あけましておめでとうございます

バイクの事を考えているうちは更新していこうと思います

更新途絶えたらバイク降りたと思ってください・・・。

 

年末に現在の自分が乗れると思われるバイクを探しに色々回りました

跨って大丈夫そうだな、と思ったのが数台ありましたが乗り換えまで心動かずって感じで・・・

ネットでフロントマスクの画像しか公開されていませんが、すごく気になっていたのがヤマハのFZ8

年末には発表されるかな?と思ってましたが未だ謎のまま

プレストで取り扱うか分からないし、日本に入って来たとしても夏以降とかになりそうだし微妙なのでFZ8は考えない事にしました

乗りたいバイクが無ければ手元にあるCBRをなんとかするしか無い訳で、現在はバーハンドル化の方向で検討してます

国内で唯一バーハンドルキットを販売しているHPを見ると、すごく綺麗に仕上がってます

しかし、推奨されているバーハンドルでは幅がありすぎで車検証記載の全幅を超えてしまう(構造変更要)のが悩みどころ

別メーカーのバーハンドルに変更するとタンクやアッパーカウルとの干渉が気になる

PCの画面眺めて悩んでも仕方が無いので、実際にシミュレーションしてみる事にしました

 

Blog2122 用意したのは形を自由に変えられる太めのソフトワイヤーと、スチロールで作ったクランプもどき

バーハンドルはラインナップ豊富なプロトのEFFEX EZ-FIT BARから検討する為、HP記載の形状を参考にしました

 

 

 

Blog2125_2 ホンダの中で一番無難と思われるCB1300用(LOWタイプ)の形状を真似てみる

(異常に長く幅がありますが干渉テストですので無視してください)

スイッチボックスの穴を開けなおさずそのまま行けちゃうんじゃないかな?と安易な考えだったが・・・

 

 

 

Blog2126 タンクと干渉してしまう、これはNG

タンクって意外と複雑な形状していたんだ、と実感

 

 

 

 

Blog2124 アッパーカウルにも干渉

これは大きく削ればなんとかなる範囲ではあるが・・・

CB400SFやVTR250用なども試してみたが、ハンドル幅が狭くなればタンクとの干渉が大きくなる傾向の様だ

絞りが少なくフラット、要はストリートファイター系のハンドルなら問題が起きにくいと判断、しかしホンダには無いので

 

Blog2123 ヤマハのFZ1用の形状を試してみた

バーハンドルキット用の推奨ハンドルと近い形状ではないだろうか?

絞りが少ないのでタンクとの干渉は大丈夫そう 

アッパーカウルとの干渉は、かさ上げや少削りでなんとかなりそう

 

これなら行けそうな気がする

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »