« キックレバーとタンクキャップ | トップページ | 助成金諦めのETC »

エアクリ加工 Ver1

久しぶりのアドレスいじりネタ

排気とカムを変えたので、もっと空気を吸わせてFIセッティングすれば出力が上がるのでは?と

剥き出し型エアクリーナーへ交換するのが手っ取り早いが、色々リスクがあるのでノーマル加工を検討

P1010076 ノーマルは詳しく見ると、3室構造になっている

吸気量を絞っているのか、吸気音を抑えているのか始めの1室目でかなりの吸気抵抗がある様子

画像中央のパイプをやや太い物に変更する方法がネットで流行っている様だ

自分の考えでは1室目で抑えてしまってるので、中央のパイプ径変更では大きな変化は出ないのではないか?と

そこで!

P1010545 取っ払った!

エアクリーナーカバー下部から吸ったエアーは、1室目を経由せず2室目のエアクリーナーへ流れるはずだ

しかもこれ、ただはめ込んであるだけなので、元に戻すのは容易である、これ大事

カバーを取り付け、早速試運転

まず吸気音、ノーマルとそれほど変化は・・・

恐る恐るスロットを開ける、あまり変化は・・・

全開で高回転まで回す、軽く吹けるがトルクが落ちた感じ

スロットルを戻すとアフターファイヤー、吸気量が増えて薄くなったんだな、と

そこでI-CONminiのダイヤルを6から7に、トルク感が戻り良さそうな感じ

しかしアイドリングが不調になるのでダイヤルを6に戻す、武川のコントローラーで4000rpm以降を1ランクづつ増やす

これで普通に走る様になったので、本日は終了

しかし、国道やバイパスなど流れが速い道で高回転まで回してみてどうかな?と

|

« キックレバーとタンクキャップ | トップページ | 助成金諦めのETC »

アドレスV125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/45270279

この記事へのトラックバック一覧です: エアクリ加工 Ver1:

« キックレバーとタンクキャップ | トップページ | 助成金諦めのETC »