« ETC検討中 | トップページ | 時計+温度計+電圧計 »

デサルフェーション

ちょうど1年前、シビックのバッテリーが上がってしまった時から温めていたネタ

週末だけという乗り方だと2年は持たないバッテリー

バッテリーを長持ち、あわよくば復活させる事が出来ないだろうか?とネットで調べていたことろ

「デサルフェーション」という言葉が出てきました

放電した状態が続くとバッテリー内でサルフェーション(結晶化)が進み、最終的には充電出来ない状態になってしまうらしい

そのサルフェーションを除去する事により、弱ったバッテリーを復活させる事が出来る装置があるらしい

バッテリーの電極にパルスを掛けて、サルフェーションを分解除去してくれるらしい

海外(特にアメリカ)では広く知られているが、日本ではあまり出回ってないらしい

ゴルフカートや電動フォークリフトにも使われてるらしい

P1000800 で、上がってしまった時のバッテリー状態はというと、

電極真っ白・・・

こいつがサルフェーションって奴らしいです、本来電極の色は黒っぽいらしいです

 

 

 

P1000843 そんな中、ホームセンターで見つけた怪しげな物

当時、公正取引委員会の排除命令で効果が認められない燃費向上装置が淘汰された時期

これも燃費向上を謳ってしまうとグレーだと思うのですが、排除命令を受けなかった為か叩き売りされていました

コンデンサー系の物とは違い、パルス発生装置いわゆるデサルフェーション効果が期待できそうな物

 

P1010422 取り付け後すぐに効果が現れにくいので、バッテリーを交換せず1年間テストしていまいた

寒い時期は補充電を数回行いましたが、真夏のエアコン全開の時期もバッテリーが上がる事なく1年のテスト期間が終了

力強く復活とはいきませんでしたが、延命された感じです

 

 

P1010421 これが現在の電極の状態

サルフェーションが除去仕掛かってるのが見れます

もしこれが車に乗るのが週1でなく、毎日乗っていればもっと良くなっていたかもしれません

どうせオカルト系グッツだろうと思っていましたが、思いのほか効果がありました。

でも、お財布に余裕があれば新品に替えたいですねぇ・・・

|

« ETC検討中 | トップページ | 時計+温度計+電圧計 »

シビックTypeR EP3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/44087319

この記事へのトラックバック一覧です: デサルフェーション:

« ETC検討中 | トップページ | 時計+温度計+電圧計 »