« ヘッドオーバーホール | トップページ | ヘッドオーバーホール完了 »

自作 バルブスプリングコンプレッサー

4サイクルエンジンのヘッド分解組み立てで必ず必要になってくる工具

新品を買おうとすると、結構なお値段だったりする

まめにヘッドを開けるなら持っておくべき工具なのですが、使用頻度が低いとなんとかならないか?と考えてしまう

外す時は「リテーナにソケットを被せてブラハンで叩く」とか、「メガネレンチで押さえつけてコッタを外す」という方法もある(実証済み)

でも組む時には困る、それならバルブスプリングコンプレッサーを自作してしまえ、と

で、完成したのがこれ

P1010294 材料費、150円以下!

・100均で購入したL型クランプ

・ホームセンターで購入した塩ビパイプ継ぎ手30円

・部屋に転がってた大きめのワッシャ、スポンジシート、ビニールテープ

 

結果から言えば、これを使えばなんとかなったけど、構造的問題がある

上端のクランプと塩ビパイプが固定されずグラつくので、リテーナが斜めになってしまい、コッタが入れにくい

塩ビパイプをやめて鉄パイプで作り、クランプと溶接してしまえば解決するが、そんな面倒な事は出来ない

結論として、

「次回ヘッド分解する機会があったら、武川から4000円で売ってるバルブスプリングコンプレッサー買います」

|

« ヘッドオーバーホール | トップページ | ヘッドオーバーホール完了 »

アドレスV125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/43412569

この記事へのトラックバック一覧です: 自作 バルブスプリングコンプレッサー:

« ヘッドオーバーホール | トップページ | ヘッドオーバーホール完了 »