« 新型アドレスV125G発売 | トップページ | 買い替え断念 »

諸元で見る新型V125

諸元で変更された項目を並べてみると

型  式 BD-CF46A       → EBJ-CF4EA
装備重量 88kg          → 98kg
定地燃費 56.0km/L(60km/h)  → 52.0km/L(60km/h)
圧縮比 10.0            → 9.6
最高出力 11.4PS/7500rpm   → 9.9PS/7,500rpm
最大トルク 1.2kg.m/6000rpm  → 1.0kg.m/6,000rpm
点火方式 CDI方式       → フルトランジスタ式

順番に推測してみる

重量、マフラーで10kgも増えるはずが・・・重量測定方法が変わった?

燃費、エンジン出力低下が起因?

圧縮比、ヘッドが別物になったのか?ポートが細くなっちゃったり?パーツリスト見ればはっきりするか・・・

馬力&トルク、触媒追加だけでここまで下がるのは考えにくいなぁ

点火方式、最近の新排ガス基準適合車はフルトラ方式になるパターンが多いですね、冷間時及び低回転域での点火に有利だから?

 

以上、勝手な推測でした

|

« 新型アドレスV125G発売 | トップページ | 買い替え断念 »

アドレスV125」カテゴリの記事

コメント

この諸元を見る限り中々と厳しい変更ですね
スズキも諸々な事情で苦しい選択だったんでしょうね

現行車、中古市場が賑やかに成りそうですな

投稿: 海王星 | 2008年11月30日 (日) 19時40分

09モデルはユーザーにとってメリットが無いモデルチェンジになってしまいましたねぇ(新排ガス規制で厳しいのは分かりますが)
外装のデザイン変更や青以外の新色追加など行っていれば、あえて新型を選ぶ人も・・・

投稿: ANIGO | 2008年12月 1日 (月) 22時44分

 排ガス規制対応の現行型を購入すると、間違いなく“後悔します”
 明らかに、2stの原付よりは“加速が悪い”
原付よりも、最高速度が20km/h程度、速いだけのモデルになってしまいました。

 7月2日に、フルモデルチェンジの予定でしたが、今月末に遅れたようです。(ホンダPCXの影響らしいです)

 新モデルは、かなり大型化し、エコ重視という、全くイメージの異なるものになるようです。

 
 

投稿: 検討中 | 2010年7月 9日 (金) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/43273268

この記事へのトラックバック一覧です: 諸元で見る新型V125:

« 新型アドレスV125G発売 | トップページ | 買い替え断念 »