« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

Z125化の問題:ウィンカーローフラッシュ

まず、ウィンカーのローフラッシュ問題から

ウィンカーバルブがV125ノーマル18WからZ125標準10Wになる為、点灯時間が長くなりローフラッシュとなってしまう

ノーマルに比べてゆっくりだが点滅するので気にしなければ良いのだが、自分的には気持ち悪い

じゃあバルブを変えちゃえば?となるが、V125がT16で、Z125がT13と大きさが違う

さらにZ125はオレンジバルブなのでV125のを使うのは不可

では、解決策というと

P1000005 T13で15Wのオレンジバルブを探してきた

バイク用バルブで有名なマツシマさんから出てます

それにしても高いなぁ・・・

交換後はほぼV125ノーマルと違和感ない点滅となった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドレスZ125アルミタンデムステップ

P1010165 すっきりしてていいんじゃない? 

 

 

 

 

 

 

 

P1010166 

 

  

 

 

 

使う事は多分無いけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾リアスポ

P1010164 ノーマルのキャリアと交換のお手軽作業

中央のボルトは長めの物と交換が必要

見た目が控え目で良い、センタースタンド立てる時に握り易い

もしかしたら2人乗りが普通の台湾、タンデムする時後ろの人が握り易い様に考慮した形状かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾仕様シート交換

V125のノーマルシートは滑りやすく、あまり良い感じがしない

ところが台湾仕様だと別のシートが装着されている、なぜ日本仕様と台湾仕様で区別するのか不思議

P1010162 左が日本仕様、右が台湾仕様

形状はほぼ同じと言って良い、クッションとベースは同じ物だと思われる

大きな違いは、台湾仕様の表皮が凝った作りになっている

座面はメッシュ、サイドはカーボン柄、パイピングとSUZUKIロゴ入り

 

P1010163 取り付けはもちろんポルトオン、+ドライバでビス1本と金具を外せば簡単交換可能

座った感じの固さは変わらないが、メッシュの座面が滑りにくく好印象

とにかく見た目が格好良い、なぜ日本仕様のシートはあんなにダサいんだろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Z125仕様」完成

やる事も無くTVの大食いチャンピオンを見てたら胃がもたれた土曜の午後

午前中に新聞屋、巡回のおまわりさんと来客があったが、本日3回目のチャイムが鳴る

郵便局の方から来た人らしい、伝票はEMS(国際便)

台湾YAMAHAと書かれた箱を受け取る

中身は

P1010160 第二便がきたああああ

諸事情で遅れたリアスポイラー(オレンジ色)と台湾仕様シート、アルミのタンデムステップ

火曜日に発送と聞いていたので、4日で到着した事になる

世界って身近になったんだなぁ、と実感

 

そして取り付け、当たり前だがボルトオン

P1010167 これでメーター、マフラー(カバー)以外は見た目アドレスZ125が完成

部品個々のレポは後日書きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Z125化の諸問題

一応、形になったアドレスV125G改、Z125仕様

しかしボルトオンって訳にも行かず、以下の問題がある

 

フロントウィンカー配線の違い:3極→2極コネクタに変更し解決済

ウィンカーのローフラッシュ:バルブワット数の違いでトラブル発生、未解決

ポジションランプ:繋げなくても問題無いが、LEDバルブに変更しアクセサリ電源と結線

フロントカウル先端裏の隙間:雨天走行で水が入る恐れあり、未解決

スピードメーター仕様違い:セキュリティランプの有無、交換ぜずV125のまま

マフラーカバー形状違い:ボルト位置が違うので諦めた、そのうち社外マフラーへ

 

まぁ、ちょっと工夫すれば解決できる問題なので、コツコツやっていきます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「Z」

もったい振ってここまで引っ張ってしまいました、すいません

まだ数点パーツが揃ってませんが、一応形になったので公開

 

 

P1010158 「アドレスZ125」仕様

台湾で販売されているアドレスV125姉妹車の外装交換を行いました

フロントレッグカウルに特徴があります、他はV125と同形状です

並行輸入でしか手に入らない車両なので、私の住んでいる地方ではかなりレアなはず

諸事情によりリアスポイラーが届かず装着出来ていませんが、

来週一緒に届くシート、タンデムステップでメーター以外は見た目完全なZ125仕様になる予定です

P1010159それにしても、色が派手すぎた

盗難、悪戯されないように気をつけます

ブログのカテゴリーは面倒なので、そのまま「アドレスV125」で行きます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アドレスV125 外装交換

いきなりですが、V125の記事はこれで最後になります

(前回見て分かってる人には、もう少しお付き合い下さい)

 

P1010148 外装交換するので、一旦全て外します

慣れれば10分ってところです

 

 

 

 

 

P1010151 シートカウル、ヘッドライトカウルを取り付けます

ミラーが何か違う?と思った人はするどいです

外装に合わせてミラーも用意しました、V125とは違ってやや幅があります

ミラーの角度に違和感を感じるなぁ、右側通(省略)

 

 

P1010152 フロントレッグカウルを取り付ける前に、怪しげなステーを取り付けます

 

 

 

 

 

P1010153 ウィンカーバルブがT16クリアーからT13オレンジになります

ワット数が18W→10Wに落ちるのでローフラッシュにならないかちょっと心配・・・

ポジションランプ付きウィンカーは3極コネクターの為、ウィンカーだけ独立させ2極コネクターへ変更

キジマ、デイトナ、エーモンと3メーカー確認しましたが、どうやらキジマがお買い得っぽいです

 

 

P1010156 今回、オリジナリティを出したい所はポジションバルブ

ヘッドライトなどのAC12VにT10ウェッジ球を繋げるのでは面白みに欠けるのでLED化

電源はECU手前に繋げたインジェクションコントローラーのハーネスから分岐させ、イグニッション電源のDC12Vを引っ張ってきました

 

 

P1010157LEDには極性があるので、+-混乱しない様にカプラーオンハーネスを作成

こちらもウィンカーのコネクターとは独立させます

電装はきれいにまとめるのがモットーです

 

 

 

あとはフロントレッグカウルを取り付けるだけですが、今回はここまで

V125はどうなってしまうのか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロントレッグカウルの前作業

先日オーダーした外装一式

フロントレッグカウルの傷、不幸中の幸いに塗装面へのダメージは大した事が無く、磨けば消える程度であった

しかし、傷でめくれてしまっているステッカー?は修正しようが無いので、新たにステッカー?だけ送ってもらう事で解決

そうと決まれば、外装交換前作業をやれる所までやっておく

P1010147 今回同時に注文したポジションランプ付きマルチリフレクターウィンカー?をフロントレッグカウルに取り付け

ポジションランプの配線は後々考えるとします

・・・

ウィンカーの位置ってここだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウル到着

先日オーダーしてたカウルが届いた

で、何色にしたか?というと

P1010142 メタリックなオレンジ!

正式名称は

「キャンディマックスオレンジ」

これはどんな色?というと、最近のGSX-Rシリーズに採用されているオレンジである

 

 

Busa08orenji

08隼のオレンジといえば分かり易いかも

オーダー後、アドレスV50Gにもこの色がある事に気付いてしまい、ちょっと残念・・・

さらに残念な事に、梱包状態が悪くフロントレッグカウルに複数の傷が入ってしまっていた

台湾スポイラーも同色でオーダーしていたのだが、トラブルによりもう暫く掛かりそう

傷の件も含めて、装着は当分先かなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CBR完治?

今回は早く修理が終わった

とりあえず、100kmぐらい走ってきたが大丈夫そう

1週間置いて滲んでこなければ修理完了宣言か

 

明日は練習会、ショップのツーリングと予定が重なっているが、優先順位の上位に仕事って予定があるので遊びに行けず・・・残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V125 色変え

1年間所有して思った事、購入当時は無難で良いかな?と思ったのだが、

「シルバーって地味」

町で見かけるV125Gシルバーはご年配の方が多い気がする・・・

今更、目立つキャンディソノマレッドにしときゃよかったと・・・

それなら色を変えてしまえと計画中

 

真っ先に考えたのは全塗装、しかし塗装屋をネットで調べると最低5万は掛かる様子

自家塗装なら安く上がると考えたが、塗装の腕が無いので却下

リズラカラーが良いかな~と思ったりしたけれどもね(噂で09カラーは薄いブルーが登場?)

 

なら純正カウル一式揃えてしまえば、と

限定?パールホワイトやソノマレッドを選択できるが4万ぐらい掛かる

某オクで調べると、台湾ルートで購入すれば2万、リアスポイラー込みでも2.5万ぐらい

国内には無いソリッドホワイトのV125Gが選択できる

 

もっと安く上げるなら、汎用?カウルってのもあった、これなら1.5万

これだとソリッドブラックが選択可能?

ただし、現物を見て買えないので精度と色が心配

 

さて、どうしたものか・・・

 

 

 

と言いながら既に手配中だったりする

しかし、時間が掛かりそうな気配

現在付けているZZスポイラーも別の物へ交換予定

超たのしみ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海外生産の品質?

先日の腰上OHで発見した問題

P1010130 インマニのアダプタが・・・

ショップが何かの整備で発見してメーカーにクレームなら出来るが、個人が言ってもたぶん難しいと思うので自腹購入

まぁ、数百円のものですけどね

  

 

P1010131_2 次はエンブレム

黒文字の部分がボロボロ剥がれ落ち、情けない状態になってしまった

納車からもうすぐ1年になるが、屋根下保管&走行1000kmだっていうのに・・・

ショップに相談したら、スズキさんと交渉してくてれて新品のエンブレムと交換してくれた

 

P1010133 最近、リアスポイラーが恥ずかしくなってきた

控えめな台湾V125のリアスポイラーに交換しようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再再再

日曜日、微妙な天気だったが午後にCBRを引っ張り出して山の方面へ向かってみた

だが、山に着くと雨が降ってきたので急いで降りたが、雨はすぐに止んだ様だ

信号待ちでちょっと甘い匂いが辺りを充満する、この匂い覚えがある・・・

エンジン下回りを覗くと、緑色っぽいのとか黄色っぽい液体が少し垂れているのが見えた

ショップへ寄ってみたが、帰りの足は原チャになった

ああ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドレスV125 200mmディスク断念

先週取り付けした200mmディスク、やはりTOKICOの2POTとは合わず

P1010127 パッドの上端がディスクに接触してませんね

パッドを削ってしまうって手もありますが、弊害も予想されるのでディスクかキャリパーどちらかを選択する事に

といっても、キャリパーのが高いし、付けてる人も少ないのでキャリパーを残して200mmディスクを撤去

ノーマルディスクに戻すのも味気ないので、BRAKINGのノーマル径WAVEを注文したが納期は12月・・・

GALFERへ注文し直すか、ノーマルのまま諦めるか考え中

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »