« 有東木と大谷崩れ(梅ヶ島方面) | トップページ | CBR帰還 »

アドレスV125 カスタム再開

CBRが長期入院になり、週末の予定も無く暇だったのでV125のカスタムを再開

リアスポイラー以外は見た目ノーマルなので、見せるカスタム狙い

ヤフオクで品定めを行い、購入はその出品ページのリンクにあった楽天市場のショップで注文

水曜夜発注~木曜振込み~金曜発送~土曜到着の流れ

そして今回選んだパーツは

P1010109車高調整可能リアサスと200mm大径ディスク

折角なので、取り付ける前に詳しく各部を観察

特にサスは興味深い

 

 

 

P1010110 メーカーは台湾のNCY社製、ミニバイクレースで実績のあるメーカーらしい、日本で言うベリアルや武川といった感じだろうか?

とりあえずバラせる所はバラしてみる

約1万円で購入できるが作りが非常に良い、アルミパーツをふんだんに使用している

車高調整はサス上端で20mm内の調整が出来る様だ

 

P1010112 シート部分が固着しない様にシリコンスプレーを吹き付けておく

ロッドに油気が無かったので初期のオイルシール破れ防止の為フォークオイルを塗っておいた

ダンパー本体を振るとチャプチャプ音が鳴るので、ガスショックではなくオイルがちゃんと入っているっぽい

各部に遊び心いっぱいの細工がしてあるが、エアクリーナーでほとんど見えなくなってしまうのは残念だ

 

 

P1010111 次に200mmのフローティングウェーブディスク、製造メーカーは不明

ヤフオクで確認すると、色違いやサポート形状違いで3社ぐらいから出てるディスクっぽい

購入価格はサスと同じく約1万円、値段の割りに出来は悪くないと思う

07以降(台湾製造車)にはボルトオンだが、06以前(国内製造車)にはキャリパーのブラケット部分に削加工が必要なので要注意

 

P1000453 心配なのは、自分のV125にはトキコ銀2POTが装着されているが、サポートがボルトオンで付くかが心配

駄目だったら今のキャリパーをヤフオクに流して、ブレンボカニ、JOG-Zヤマンボ、台湾製ラジアル2POT辺り行っちゃう?

|

« 有東木と大谷崩れ(梅ヶ島方面) | トップページ | CBR帰還 »

アドレスV125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/42616857

この記事へのトラックバック一覧です: アドレスV125 カスタム再開:

« 有東木と大谷崩れ(梅ヶ島方面) | トップページ | CBR帰還 »