« ドライブスプロケット交換 | トップページ | タイヤ交換 »

ハンドル、スプロケ交換後の感想

ハンドルはノーマルと比べ違和感なく乗れる

垂れ角が減った分、フルロックしても手首がきつくならなくて良い

微振動は防振ウェイトを付けてもノーマルに比べて増えた様に思えた、しかし痺れる程では無いので問題ないレベル

 

ドライブスプロケット1丁落しはとても好感触

発進が楽になり、2速低回転でも粘る様になった

ハンドルの位置が上がったせいもあるが、1速フル加速でフロントが簡単に離陸、調子に乗らない様気を付けないと

 

フレームスライダーはまだ使っていないから良く分かりません、もし使ってしまってもインプレを書く事は無いかも?

 

ハンドル、スプロケと来ればあとはタイヤ

標準のクウォリファイヤーがあまりにも接地感が薄いので全く寝かす事が出来ず仕舞い、俗に言う余っちゃってる状態

保険を掛ける意味も込めて交換してしまおうか

BT016かα11かなぁ、BT002STは恐らく使い切れなさそう

昔みたくプロダクションタイヤを履く程熱い走りはしないし

GPR70SP、D208GPが好きだったなぁ・・・

|

« ドライブスプロケット交換 | トップページ | タイヤ交換 »

「バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/41781078

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドル、スプロケ交換後の感想:

« ドライブスプロケット交換 | トップページ | タイヤ交換 »