« フレームスライダー取り付け | トップページ | ドライブスプロケット交換 »

ハンドル交換

P1010043 まず、ノーマルハンドル

 

交換作業はフォークが捻れない様、ジャッキアップしておこう

まずトップブリッジを外す、ステムナットは30mmとでかいのであらかじめソケットを用意しておこう、モンキースパナでやると傷だらけになるよ

ハンドルの位置決めは純正と同じ様に固定できるので普通に組んで行けばいい

P1010046 ハンドル下のフォークに付いているCリングは外しておいた方が良い

個体差かもしれないが、ハンドルブラケット部の厚みが純正より数mm厚い為、トップブリッジ取り付けの際に問題が発生した

 

 

 

P1010045 スロットルワイヤーとクラッチワイヤーを規制しているステーが1本のボルトしか固定できなくなるので、今後対策を考えなくてはならない

 

 

 

 

P1010047 交換後

見た目と数値の変化は少ないが、実際に跨ってみるとかなりの変化を感じる

しかし違和感は感じられなかったので実走行で期待ができそう

|

« フレームスライダー取り付け | トップページ | ドライブスプロケット交換 »

「バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/41756224

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドル交換:

« フレームスライダー取り付け | トップページ | ドライブスプロケット交換 »