« またやっちゃいました? | トップページ | 慣らし終了のオイル交換 »

フォークスプリングのバネレート

とりあえず1000kmまで慣らしを、と思い前後のプリロードと減衰をほぼ全抜き状態で走行していました

全抜きの感想は、リアは全くダメだがフロントはそれほど違和感無い

バネレートが結構高めになってるのかな?と思い調べてみると1.0kg/mmとかなり高い(他社の600は0.90kg/mm)

前モデルからの傾向も合わせて見ると

07~08 1.00kg/mm
05~06 0.83kg/mm
03~04 0.814kg/mm

と、年式が上がるにつれてレートも上がってきている

ではCBR1000RRはどうか?と見ると

08~   1.04kg/mm
06~07 1.00kg/mm
04~05 0.88kg/mm

と、同じ傾向でレートが上がってきている

ユニプロリンク車特有の傾向だと思うのだが、低速時のフロント切れ込み対策か?

リアに関しては全年式同一レートでした、リンク比に変更あるので同じとは言えないけどね

セッティングはサグ出しを行って、減衰は標準から初めてみようと思う

まぁ、昔の様に峠でヒザスリとかもうやらないので町乗り快適セッティングになるだろうけどね・・・

|

« またやっちゃいました? | トップページ | 慣らし終了のオイル交換 »

「バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/41005079

この記事へのトラックバック一覧です: フォークスプリングのバネレート:

« またやっちゃいました? | トップページ | 慣らし終了のオイル交換 »