« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

コーティング剤

ワコーズさんから新しいコーティング剤が発売されて、それがかなり良いらしい

P1000944 「バリアスコート」

持続性が違う 《ハイブリッドコーティング》
高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンがガラスのようなクリスタルな輝きを実現、深みのある艶を形成します!! ハイブリッドコーティングの持続力は、最長6ヶ月!! コーティング後のメンテナンスは非常に簡単で、水洗いだけで光沢を保持できます。

洗浄力が違う 《ハイブリッドクリーニング》
ポリマーが汚れを浮き上がらせ、素材に優しい特殊ハイドロカーボン系洗浄剤と界面活性剤が油汚れを強力に洗浄!! グリース、タイヤカスから虫まで簡単に洗浄できます。中性でコンパウンドを使用していないので、樹脂へも安心して使用できます。

なるほど、と思いつつ早速施工

P1000929 軽く水拭き後、付属のクロスで塗り伸ばす

塗装にまだ傷みが無いので劇的な変化は無かったが、光沢はかなり出た

結構すべすべになるので、シート座面とタンク側面には行わない方が良さそう

 

 

P1000931  

 

 

 

 

 

 

 

P1000934 ついでに工具箱も

褪せた赤が見違える様に発色

どうやら痛んだ塗装に威力を発揮しそうだ

あとは最長6ヶ月がどのくらい持つかですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作フェンダーレス

リア周りをスッキリさせたいので、欲しいなと思うフェンダーレス

海外では数社から発売させているらしいが、国内で買えるのはヤフオクのテールランプごと交換するステーキットと、これ↓

90936324 「SPICE タクティカルテールユニット」

すごくいい、ただしお値段もすごくいい・・・

「Price¥17325-」

ドライカーボンならまだしも、FRPの小箱にこのお値段はちょっと出せないな・・・

1万ぐらいだったら買うんだが・・・

 

ならば、ノーマルを加工して格好良く出来ないだろうか?と

P1000936 失敗が怖いし、バラしておくのも面倒なのでノーマルフェンダーを注文、1000円以下です

この辺りで切りたいなーって所へドリルで穴を開ける

リフレクター部分にナンバーステーを留めたいので適当に6mmの穴を開けた

 

 

 

P1000937 ニッパーで切り離し、切断面をカッターとやすりで整える

切断面をライターで炙るときれいになる

 

 

 

 

 

P1000938 リフレクター取り付け部にドラスタで買ってきたナンバーの角度を変更できるステー取り付け

もちろん穴の位置が合わないのでステー側にも6mmの穴を開けなおした

角度を45度ぐらいで固定し、リフレクターはデイトナの後付けのものをナンバーと共締め

いかにも自作しました感が出てるが、車体に取り付けてどのような感じになるのだろうか・・・

 

 

P1000941 あと、先日ヤフオクで落した国内ノーマルマフラーに付いていたサイレンサーカバーを塗ってみた

ノーマルの黄金色があまり好きではなかったので

イメージはアクラやレオビンチ等の外国製マフラーに付いているカーボンのサイレンサーカバーみたく見えないかな?と、無理?

塗装はもちろん耐熱ブラック、半ツヤにしてみた

フェンダーと合わせてGWにでも取り付けてみる予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣らし終了のオイル交換

走行距離が1000km超えたのでオイル+フィルター交換

P1000923 カウルを外しオイルを抜く

走行400kmちょっとのホンダ純正オイルG1

ほとんど汚れてない、鉄粉も見えなかった

 

で、ここで問題発覚

オイルパンからオイルが滲み出ている様でアンダーカウル左側に垂れていた

今回は念入りにふき取り様子見

オイル垂れが再発したら保障期間中にショップに見てもらおう

 

P1000924 ドレンワッシャーは今回新品交換

純正 30円
POSH 210円・・・
軽自動車用 200円/2枚入

純正をショップで分けてもらうか、何かの部品注文ついでに数枚注文しておくのが吉

 

 

P1000926 締め付けトルクは

ドレンボルト 29Nm
オイルフィルター 26Nm

南海部品で売ってるトルクレンチが安くて使いやすい、お勧め

 

 

 

P1000925オイルは買い置きしておいた旧G3、オイルフィルターはデイトナ

オイルフィルターを取り付ける時にはOリングにオイルを塗布するのは当然だが、中にオイルを染み込ませておくと空打ちを最小限に押さえられエンジンに優しい

 

 

オイル交換完了後ガソリン入れに近所を走ってきたが、自分のレベルだと

「G1とG3の違いが分からん」

思いのほかG1が良かったって事もあるんだけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォークスプリングのバネレート

とりあえず1000kmまで慣らしを、と思い前後のプリロードと減衰をほぼ全抜き状態で走行していました

全抜きの感想は、リアは全くダメだがフロントはそれほど違和感無い

バネレートが結構高めになってるのかな?と思い調べてみると1.0kg/mmとかなり高い(他社の600は0.90kg/mm)

前モデルからの傾向も合わせて見ると

07~08 1.00kg/mm
05~06 0.83kg/mm
03~04 0.814kg/mm

と、年式が上がるにつれてレートも上がってきている

ではCBR1000RRはどうか?と見ると

08~   1.04kg/mm
06~07 1.00kg/mm
04~05 0.88kg/mm

と、同じ傾向でレートが上がってきている

ユニプロリンク車特有の傾向だと思うのだが、低速時のフロント切れ込み対策か?

リアに関しては全年式同一レートでした、リンク比に変更あるので同じとは言えないけどね

セッティングはサグ出しを行って、減衰は標準から初めてみようと思う

まぁ、昔の様に峠でヒザスリとかもうやらないので町乗り快適セッティングになるだろうけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またやっちゃいました?

最近、全くブログに登場していないアドレスV125

一応まだ持っていました、コンビニ出撃専用機ですが・・・

購入して約半年、距離500km台・・・

 

で、

以前にリコールを2回受けてますが、どうやらまたやっちゃったらしいです

http://www.suzuki.co.jp/about/recall/2008/0425/index.html

P1000004 「燃料ホースの製造工程において、異材料が混入したものがあるため、ホース表面に亀裂が発生する場合があります。そのため、そのまま使用を続けると、エンジンの揺動や振動により、亀裂が進行し、燃料が漏れるおそれがあります。 」

台湾に生産を移して初年度分かな?うちのV125はもちろんHIT

GW明けからユーザーに連絡するのかな?春先に発表しなかったのは繁忙期のバイク屋を考慮してだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメット検討中

以前、ツーリングメンバーと話をした時にヘルメットの話題になった

AraiからRR5が出るとか、そんな話題(自分はSHOEIユーザーなのであまり興味なし、すまん)

そういえば今使っているSHOEIのX-8なんとか?の内装がヘタってきてるので交換、もしくはヘルメットごと買い替えを検討

P1000920 なかなか希少な「伊藤真一」レプリカ

傷は少なく色あせも無い、外観は良好

内装の状態を確認する為パッドを取り外す、予想以上にスポンジがスカスカ状態・・・

洗ってもだめだ、内装全交換だな、と思いながらヘルメット内側のラベルを見ると、

 

 

 

P1000919 げげ!もう7年以上も使っていたのか・・・

これは安全の為、ヘルメット買い替えだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆車ノーマルマフラーの音量?

とある興味深いデータ、それは逆輸入車ノーマルの排気音量

バイクの個体差やコンディション、測定方法などで差が出るとは思うが、傾向として見ると面白い

データはヨーロッパ一般仕様らしい

 

日本でも車検が通る?グレーゾーンな94db

CBR600RR(03~08)
CBR1000RR(04~07)

ギリギリアウト?95db

FZ-1(06~07) 

ちょっとヤバくない?96db

CBR1000RR(08)
GSX-R1000(07)
DUCATI1098(07)

うるさくないよね?98db

GSX-R1000(05~06)

ひと昔前でも車検落ち?99db

YZF-R1(07~08)
YZF-R6(06~07)

どう考えても爆音です、100db

GSX-R600(06~07)
GSX-R750(06~07)
ZX-10R(06~07)

ホンダ以外のヨーロッパ仕様は日本の車検に通らないはずだが、

ヤマハとスズキはカナダ仕様、カワサキはマレーシア仕様を主に輸入している所を見ると、何か大人の事情があるのかもしれない

今後の動向を注目しているのはCBR1000RR(08)、大手輸入業者はヨーロッパ仕様を輸入するらしいが、どうやって車検通すのだろうか・・・

夢店が逆車の取り扱いを自粛したとか、禁止されたとかそんな噂が出るのもうなずける

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マフラー購入?

先日のツーリングで少し高回転まで回してみたが、逆車ノーマルマフラーは乾いた甲高い音が出る

給排気はメーカー純正状態なのでトルクの谷も無く大変乗りやすい

600乗換え当初、スリップオンマフラー交換は必須項目で予定していたが、ノーマルの音に結構惚れ込んでしまい

当面はこのままノーマルマフラーで行く事にした

なので「マフラーを買った」

 

???

 

P1000921 ヤフオクで落札

出品画像の写りが悪く、それほど程度が良いとは思っていなかったが、届いた物は新品同様の極上品!であった

で、これは何?って話になる

もしかしてレースベース車のやつですか?って

 

P1000922 って、これ

国内仕様だよね・・・

デチューンでもするんですか?って感じですが、すぐには取り付けません

もしかしたら使わず終わるかもしれません、では何の為かと言うと

「2年10ヶ月後の保険です」

 

要するに、新規登録時には音量がなんとか通ったけど年々厳しくなる中、次の車検時には通らないかもしれない

その時に解決策が間に合わず車検切れって事にならない様、絶対に車検が通る国内マフラーが手元にあれば安心って訳です

07~逆車が車検になる2~3年後に国内マフラーが取り合いになるのは予想出来る

国内仕様が販売不振、さらにノーマル率が高い為(セミフルパワーが難しいから?)ヤフオクに全く出品されていない

たまたま今回良い出物があったので落札しておいたのですが、少し磨いて押入れの奥へ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーオーディオ交換

P1000904 先日購入した「DEH-630」

とりあえず取り付ける事にした

 

 

 

 

 

P1000907 EP3シビックタイプRでの交換方法だが、

まずシフトパネルを外す

シフトノブとナットを外し、シフトブーツに指を掛けて引き上げると下端が浮く

上端は内装剥がしツールなどを使い爪を外す

 

 

P1000916 赤丸のボルトを緩める(外さなくても良い)

工具が入りにくいので+スタビドライバーを使うと楽

 

 

 

 

 

P1000908 オーディオパネルを下から引っ張り上げると外れる

ステーが邪魔なら+ネジ2本で留まっているので外しても良い

 

 

 

 

P1000911 エアコン操作ツマミを外し、裏から+ネジ3本外しユニットを取り外す

オーディオが留まっているネジを数本外し、オーディオ本体をフロントから引き抜く

 

 

 

 

P1000912 1DINと2DINで取り付け方法が若干違うが、合う穴を使いオーディオを固定する

今回は2DIN→1DINになったので小物入れを別途用意し装着した

USBコネクタを小物入れ内に固定する為、裏側にUSBコネクタが通る穴を開けておいた 

 

 

P1000918 小物入れ内のUSBコネクタ

付属するUSBケーブルは長すぎるので、市販の20cm延長ケーブルを購入

小物入れには両面テープで固定

後は逆の手順で組み立てる

 

 

P1000917 完了!

とりあえず音は出た

USB(microSD→USBアダプタ)も問題なく認識、アクセススピードは極めて快適

設定を行いたかったが、エンジン掛けたままだと近所迷惑だし、出掛けるのも面倒だったので今日はこれにて終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微妙に違います

同じカラーリングに見える国内仕様と逆車(ヨーロッパ仕様)の07CBR600RR

実はちょっと違う部分があったりする

Cbr600rr07 画像は逆車

 

 

 

 

 

ミドルカウル:国内はツヤありのシルバー、逆車は半ツヤのガンメタ

アッパーカウル:国内は黒ラインデカールあり、逆車は無し

CBRデカール位置:国内はミドルカウル上端、逆車は画像の位置

シートカウル:国内は大きな面積の黒デカール、逆車は細めのデカール

サイレンサーガード:国内はシルバー、逆車は黒

 

まぁ、オーナーじゃないと分からないレベルかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーステレオ購入

以前から注文していたカーステレオが今日届いた

P1000904 「carrozzeria DEH-P630」

購入動機は長年使っていたSONYのCDMDの調子が悪くなってきたから(MDは完全に読み込めない)

USBメモリーからMP3再生、パネルには漢字表示が可能

ケンウッドと迷ったが、決め手は3行表示

購入はいつものネット通販

しかし今回は時間が掛かった、最初の見積もり依頼メール(ショッピングカート方式のショップでは無い)から商品が手元に届くまで20日ぐらい

でも、近所のカー用品店より5000円安く購入出来たので良しとしましょう

 

で、 

取り付けする前にハーネスだけは組んでおきました

P1000905

一家に一本は余っているであろう取り付けハーネス(うちだけ?)

同じ色の配線を繋げるだけです、2~3本余ったが気にしない・・・

 

 

 

P1000906 バラけない様、ハーネス用ビニールテープで巻きます

室内配線なので適当

 

車体へ取り付け作業は今度の日曜が仕事なので土曜に済ませたいが、CBRのオイル交換もやりたい

でも、休日の早起きは苦手・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイパーゴム交換

ちょっと前の話になるのだが、シビックのワイパーゴム交換を行った

1年半ぐらい交換しておらず硬くなっていたので、近くのオートバックスで物色

PIAAのスーパーシリコートを使っていたのですが、あまり車は乗ってないので今回は安いのでいいかな?と

EP3ノーマルのワイパーは外国産、国産用の替えゴムとは幅が合わないが、PIAAのブレードに交換してあれば、国産用の替えゴムが使えます

P1000855 今回購入したのは、オートバックスブランドの安いやつ

向きさえ間違えなければ交換は簡単に終了

 

 

 

P1000858 スーパーグラファイトってPIAAみたいな製品名がついているな、と思ったらPIAAのOEMだった

で、交換したはいいが、雨の日に乗ってないので効果が分からない

よく考えたら、雨の休日は家に引き篭もっているか、友人の送迎で遊びに行っていたっけ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続報:新ホンダ純正オイル

4月下旬に発売されると言われているホンダ純正オイル「ウルトラG4」

少し情報が手に入ったので参考までに

・100%化学合成油、先進の新開発添加剤を採用
・粘度は0W-30
・ターゲットは600cc~のスーパースポーツ

低燃費、高レスポンス狙い?

それにしてもこんな低粘度で発熱量の多いCBRのエンジン大丈夫なんだろうか?

純正オイルでスーパースポーツ推奨だから間違い無いと思うが、逆輸入車及びフルパワー仕様車は保障外とか?

試してみたい気持ちはありますが、やはりお値段次第ですかね

 

※追記

いつのまにかホンダのホームページ製品情報が更新されてました

くわしくはこちらをご参考ください

http://www.honda.co.jp/motor-parts/ultraoil/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊良湖岬へ肩慣らしツーリング

週末の天気予報が微妙だった為、前日の夜に急遽行き先が変更になった08年度初回のショップ主催ツーリング(CBR600RRを購入した所ではなく、昔から面倒を見てもらってる行きつけのショップ)

東が天気が悪い予報だった為、方向を変え西へ

山はまだ寒いだろうという事で海へ

あまり渋滞していなく、丁度良い距離という事で渥美半島になったらしい

 

集合前にセルフでガスを入れる、97km走行で9.4L入った・・・計算すると10.3km/L、何かの間違いであって欲しいと思いつつ出発

ルートは、藤枝バイパス→掛川バイパス→袋井バイパス→磐田バイパス→国道1号線→浜名バイパス→潮見バイパス→国道42号線という簡単なルート

P000005昼前には目的地「伊良湖クリスタルボルト」へ到着

フェリーに乗る訳でもなく昼食を済ませて、来た道を引き返す

観光など目的も無く、ただ走るだけの簡単なツーリングで終了

5月のGWに少し長い距離を走るので、肩慣らしには丁度良かったかもしれない

 

走行距離:320kmぐらい
227km走行時点での燃費:20.8km/L(10.89L給油)

今回のツーリングで延べ走行距離が1000km超えたので、オイルとフィルターを交換し慣らしが終了した事にします

作業は天気が良ければ来週あたりにやる予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダ純正オイル

P1000753 3月ぐらいからパッケージが一新されましたね

※画像は旧パッケージ

中身も一部変更があった様子

店頭で確認できたのは

 

G1:鉱物油
G2:部分合成油に変更、10W-30と10W-40を確認
G3:化学合成油に変更、10W-30のみ確認

詳細を調べようとホンダのホームページを見たが、オイルのページだけ工事中・・・

検索エンジンで調べると、とある通販ショップで特徴の説明文が

Newウルトラオイルの特長
・低燃費を推進するため、粘度を「10W-30」中心にラインナップ。
・API(相当)を、従来のSJから二輪用では最上級の「SL」にランクアップ。
・部分化学合成油をウルトラG2とS9に採用。
・100%化学合成油をウルトラG3とG4に採用。
・ウルトラG4には先進の新開発添加剤を採用。

なるほど、全体的にグレードを上げてきたのか

って「G4」!?出るの?

G3で定価2000円超えるというのに一体いくらになるのだろう・・・

高くなる様ならワコーズへ銘柄変更予定、だが次回分は旧G3を確保済み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スロットルパイプ注油

何故か引っかかる様な感じがするスロットル、気になったので点検してみた

ワイヤーの引き回しは正常、スロットルホルダーを分解してもワイヤー自体の動きは悪く無い

となると原因はここ

P1000893 スロットルパイプ内に油気が無い・・・

エアーを吹き付けてみたらハンドル塗装が削れて黒い粉が舞い上がった

サービスマニュアルだとグリス塗布指定になっているのに変なの

量産ラインってこんなもんかもしれない・・・

清掃後に注油を行ったのですが、自分は固めのフォークオイルを塗布している

グリスほどベタ付かないのでお勧め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HIDとDG8の手直し

先日取り付けたHID

P1000891バラストの位置がチャレンジャーすぎるので再検討

ウォーターラインとフレームの間にスペースがあったので、簡易ステー+インシュロックで固定した

バラストが軽量なのでまず問題ないだろう、きっと・・・

 

 

 

 

次にDG8

P1000892以前よりステーを作り直したいと思っていたので2mm厚のアクリル板を削って作ってみた

本体はもう再セットアップする事も無いだろうと思い、裏面のボタン穴をテープで塞ぎステーと両面テープで固定した

ステーの位置はメーターパネルのボタンが押しやすい様、指1本入るスペースを空けて取り付け

 

今後の取り付けパーツ予定は

スクリーン:手配済み

スリップオンマフラー:検討中

メッシュブレーキホース:前後手元にあるが取り付けるのがめんどくさい

スリムウィンカー:手元にあるが両面テープを貼り代えるのがめんどくさい

 

納車されて2ヶ月、走行やっと100km・・・いじるばかりじゃなく乗れよ、って言われてるので来週天気(と体調)が良ければツーリングに行く予定です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »