« アジャスティングボルト | トップページ | HIDとDG8の手直し »

HID取り付け

お願い:下記の情報を参考にHIDの取り付けを行い、万が一トラブルが発生しても当方は責任を負いませんのでご了承の上ご覧下さい

 

取り付けでまず問題は、ヘッドライトバルブ部の形状が以前のCBR600RRやCBR1000RRと違うのである

何が決定的に違うかというと、ソケットがライトユニット内部に格納されるのである

電源を一旦外に出してからバラスト~イグナイターを経由して再びライトユニット内部に戻す様加工せねばならない

P1000872 特に難しく考える事は無いので、ライト裏の蓋に24~25mmの穴を開けました

そんなに太いドリルは持っていないので、マジックで○を書いて円周上に無数の小さな穴を開け、ニッパーで切り落とした後やすりで仕上げました

 

 

 

 

P1000878 電源供給コードの端子を一旦切り落とし、防水ゴムへ通した後、再度端子を取り付け

金メッキ端子にグレードを上げておきました

 

 

 

 

P1000879 HIDバルブをライトユニットへ装着

以前のCBR600RRやCBR1000RRと違い、H7Aアダプタは必要無いです

H7コネクタの極性をテスターで確認し、バラストへの電源ケーブルを接続します

極性を間違えるとバラストが壊れるらしいですので注意が必要です

念の為ビニールテープで絶縁処理しておきました

 

P1000883 バラストの設置場所が無く、ラジエタ横のボルトを利用しました・・・

右に転倒したらバラストどころかラジエターまで逝く事間違いなし・・・

今後ステーを作って移設を考えます

 

 

 

P1000885 カウルを戻します

少し干渉してますが気にしない・・・

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ点灯ですが、比較の為ノーマルとPIAAのバルブの画像を

 

P1000877 まずはノーマルバルブ

LEDのポジションランプと比べて黄色いです

 

 

 

 

 

 

P1000876 次にPIAAのエクストリームホワイト(4輪用4150K)

結構白くて明るいです

普通はこれで満足してしまうのですが、はたしてHIDと違いが出るのか・・・

 

 

 

で、衝撃の結果は

 

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

P1000884 !!!!!

え?マジ?ってぐらい明るい、というか目が痛い

さすが6000K

画像はかなり青いですが、実物はもう少し白い感じです

あとは耐久性がどのぐらいかですね、バラストの位置も高温にさらされる場所に設置してしまったので多少の不安は残ります

|

« アジャスティングボルト | トップページ | HIDとDG8の手直し »

「バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/40613443

この記事へのトラックバック一覧です: HID取り付け:

« アジャスティングボルト | トップページ | HIDとDG8の手直し »