« DG8購入 | トップページ | DG8(仮)取り付け »

CBR600RR(PC40)セミフルパワー化プラン

セミフルパワー化出来ないって言われていた07~CBR600RR(PC40)

調べてみると簡単には出来ないが、やり方としておおまかに4種類ある事が分かった

ただし、情報だけで実際に私が作業を行っていないので参考までにして欲しい

以下の作業を行ってトラブルが発生しても私は一切の責任を負いませんので・・・

 

全てのプランにおいて必ず必要な作業は

・インシュレーター交換
・吸気ダクト開放
・スリップオン交換
・ECU交換を行ったらHISSキー登録が必要

参考価格はインシュレーター、スリップオン込みの価格

 

メインハーネス交換プラン

・逆車ECU
・逆車メインハーネス
・逆車エキパイ(もしくは国内にセンサーアダプタ溶接加工)+O2センサー
・排気デバイスモーター

パーツ代と工賃で30万以上、逆車が買えるのであまりメリット無し

 

インジェクションコントローラープラン

・インジェクションコントローラー(パワーコマンダー等)

約16万円(工賃別)、国内マップをインジェクションコントローラーで補正

BikersStation3月号にマップが掲載されているので必ず確保しておく様に

サーキット走行での180kmリミッターは?DIY可能レベルなので一番やりやすそう

 

ショップオリジナルキットプラン

・オリジナルキット(逆車ECU、インシュレーター、FIエラーキャンセラーなど)

このキットとスリップオンだけでOK

約18万円(工賃別)手に入れば簡単確実、手に入ればね・・・

 

お手軽プラン

・逆車ECU

約16万円(工賃別)FIエラーランプが点滅するので精神的によくない

エラー時のECUマップはどう変化しているのか気になる・・・本当に大丈夫なの?

 

|

« DG8購入 | トップページ | DG8(仮)取り付け »

「バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/40307023

この記事へのトラックバック一覧です: CBR600RR(PC40)セミフルパワー化プラン:

« DG8購入 | トップページ | DG8(仮)取り付け »