« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

DG8購入

前に乗っていたCBR1000RRのパーツがヤフオクでぼちぼち売れてたので、

その売り上げで、これまたヤフオクで買い物をしてみた

P1000827缶に入ったこいつは英国製

高級な紅茶の葉でも入ってるんですかい?って感じな入れ物

メーカーは「Acumen」ってところ

  

P1000828裏返すと分かるかな?

製品名は「DG8」

そう、デジタルギアインジケーター

つまり、今何速入ってますよって教えてくれる親切な人

高速巡航で幻の7速とか入れなくても済むかもしれない

 

P1000829_2モノはこんな感じ

マニュアルは英語だが、販売店の和訳マニュアルも付属していた 

下に見えるのが「プラグインハーネス」

ノーマルハーネス加工なしで取り付け可能であるが、収納スペースを考えねば・・・ 

 

  

Acumenkariで、自分が考えていた取り付けイメージはこれ

右の液晶横に空きスペースがあるので、ここに貼り付けたい

こんな感じで行きたかったのだが

 

 

 

P1000830想定外・・・ 

配線が表から見ると左上から出てるんですね

あと、本体厚みも思っていたよりもあったり 

設置場所を再検討せねば

無難にメーター上部?

アクリル板でステーを作ろうかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツナギ

最近はツナギを着ずにタイチのジャケットとパンツだったのですが、

バイクを降りて歩く事を考えなければ、やはりツナギが良い訳で

 

一応ツナギは持っているのですが、峠、サーキットと大活躍の結果

P1000823 かなりボロボロ・・・

肩やお尻の模様は自分で入れました・・・

でもバンクセンサーは擦り減ってた方が格好いいよね!

 

 

で、まぁ新しいのなんて買えないので数年ぶりに着てみた訳ですが

「画像自粛」

腰回りがキツイ・・・

あと太もも辺りも・・・

革が縮んでしまったんだね!うん、そういう事・・・

・・・

 

運動するかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブーツ購入

最近はブーツを履かずにコミネのシューズだったのですが、

バイクを降りて歩く事を考えなければ、やはりブーツが良い訳で

 

一応ブーツは持っているのですが、ツーリング、峠、サーキットと大活躍の結果

P1000787かなりボロボロ・・・

トーセンサーは擦り減って無くなり、汎用品へ交換してある 

 

 

アルパインスターも持っていたのですが、つま先が痛くなってしまうので数回履いた後ヤフオクで売った・・・

自分の足の指がちょっと特殊で、親指、人差し指、中指の長さが同じな為、つま先が尖った海外製のブーツでは合わないのです

日本人向けの南海ブーツを愛用していたのですが、レーシングブーツも生産終了で手に入らない状態

なんとか履けるブーツがないものかと物色を開始、狙いはプロテクションがゴテゴテしていなくて動きやすく、革ツナギを着て攻める事も今は無いので黒系の地味なものを

現在主流はアルパインスター、XPD、SIDI辺りかな?

 

たまたま仕事で浜松に行く事になったので帰りにHYODプラスへ寄ってみた

まずアルパインスターのS-MX4、普段履いているサイズの2つ大きいものでさえつま先(中指付近)が痛くてしかも親指の先は余る、却下

次にXPDのXP-3、こちらも形状が自分に合わずNG、我慢すれば履けるかな?ってレベルだが以前のアルパインスターの二の舞になるので却下

最後に一番期待していたSIDIを試したかったのだがサイズが無く断念

 

後日物色を再開、まずはドライバースタンドへ

SIDIを探すが看板だけあって物がない・・・

新製品のべリックがあったがサイズが無く試せませんでした

あとフォーマブーツというのがありましたが聞いた事が無いブランドなので却下、サイズも無かったですけどね

 

最後の望みで南海部品へ

SIDIは一足飾ってありましたがそれだけ・・・もちろんサイズ違い

他のブランドは無いかと見回すと「OXTAR」がかなり充実していた

たしかノリックがGP時代に履いていたブランドだったはず・・・

棚にあった「SSパフォーマンス2」というモデルは残念ながら自分に合うサイズが無い、幅広な感じがするので試着してみたかったのだが・・・

しかし、棚の後ろに山積みになって特売の札が付いている箱を発見!

お値段はなんと13800円!

中身は旧モデルの「SSパフォーマンス」との事、デザインが現行モデルに比べてすっきりしており自分としてはこっちのが良い、トーセンサーもしっかり付いている

自分に合うと思われるサイズがあった!期待しつつ試着、すると

 

「ジャストフィット!」

 

見た目はレーシングブーツですが、柔らかさや履き心地はツーリングブーツに近い感じで自分にちょうど良い

作りも良い、とても1万円台とは思えない

いや、もう買うしかないでしょ?って感じで

 

 

P1000794 買った

4諭吉は覚悟してたが、1/3の値段で良い買い物が出来た

つま先が痛くなりブーツの選択範囲が狭い方はOXTARを一度試してみてはどうでしょう?

 

 

P1000793 つま先

 

 

 

 

 

P1000791 トーセンサーは樹脂

 

 

 

 

P1000792 http://www.oxtar.comへアクセスしてみたがページが無かった・・・

http://www.tcxboots.com/にブランド名が変わったのかな?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J-TRIPスイングアームフックボルト

P1000751 CBR1000RRに付けていたのを移植

実はフックタイプのメンテナンススタンドを持っていない、ホンダ純正のL受けタイプを愛用している

ではなぜ付けてるか?というと

飾りです

転倒時のスイングアーム傷防止効果もあるが、雌ネジごと欠けるという事態も考えられるので微妙

メンテナンススタンド買い替えようかなぁ・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

オプションメーターパネル改

P1000762ホンダ純正のオプションメーターパネル、実はまだ貼り付けていなかった、その理由は

 

よく見ると文字が右下がりに曲がってる・・・

気に入らんから消しちゃえ!という事で

 

P1000763 愛用ホルツのコンパウンドで磨きます

粗目で文字を消した後、極細で仕上げ

 

 

 

 

P1000765 はい、消えた

 

 

 

 

 

P1000770 いかにもオプションを付けました感は無くなった(気がする)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考:逆車が車検に通るスリップオン

スリップオンマフラーを交換したいので最近色々調べていたのだが、

国内モデル用のスリップオンは物理的に取り付けは出来る(物もある)らしい

ただし国内モデル用JMCAマフラーを取り付ければ車検も大丈夫って訳では無い

国内と逆車では車検時の測定回転数が違うのだ

現在の車検では最高出力時回転数(4000rpm以上の車両だったかな?)の50%で測定し94db以下である事、なのだが

国内モデル 最高出力回転数11500rpm、測定回転数5750rpm
逆輸入車             13500rpm、       6750rpm

と測定回転数が1000rpmも変わってくるのである

たとえ国内モデル用JMCAでも5750rpmの時に94db、6750rpmまで回したら94db超えてしまう事だって予想される

各マフラーメーカーも国内モデルで車検に通る範囲の「良い音」を狙ってきているはずなので逆輸入車では車検NGと言わざるを得ないだろう

 

ちなみに逆輸入車に国内JMCAスリップオンを取り付けた場合の出力(最大馬力)だが、

メーカー数社に問い合わせした所(サーキット走行を前提の話で、もちろん車検はNG回答)

逆輸入車ノーマルマフラーの方が抜けが良いらしく、高回転時のパワーダウンが予想される、との回答でした

国内仕様向けJMCAスリップオンマフラーはあくまで国内仕様のエンジン特性で開発しているので当然といえば当然か

 

まとめ

「国内JMCAでも車検NG前提で、パワーダウンは覚悟」

結論

「逆車ノーマルのままが無難」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

arieteタンクプロテクター

ホンダのカスタマイズカタログに2種類出ているarieteのタンクプロテクター

<CBR>ロゴありの方は幅が広く細身のCBR600RRタンクには貼りにくいと思い、もう一方の<RacingTEAM>を選択

P1000006 いざ貼ろうと思ったのだが、恐らくハイオクを使えって英語で書かれてるシールが邪魔

そのシールの上にクリアーは吹かれていなかったので剥がした

 

 

 

P1000005 貼り付け後

センター出しは適当

色、デザイン的にまさしくCBR600RRに合わせて作ったんじゃない?って感じ

満足度高し

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CBR600RR初回?オイル交換

納車後30km程走行したのだが、ミッションのフィーリングが良くなかった為、オイルの状態を確認してみた

延べ走行距離は630km、まずメンテナンススタンドでバイクを直立させる

P1000758_2 ここの窓から中を確認して・・・

と横に非常に気になるシール発見

輸入元がこれではっきりしましたな、ヨーロッパ一般仕様って事が分かったので安心

で、肝心のオイルは汚れているような、いないような・・・

分からない時には交換してしまえばすっきり解決!

 

で、用意したオイルはやはりCBR600RRに相応しい物を

 

P1000753_3 ホンダ純正ULTRA G1!!!!

いいのかこれで??

国内仕様の推奨がG1だし、CBR1000RRの推奨もG1だったので、町乗りレベルじゃ全く問題ないはず

工場出荷時にはこれが入っているだろう、きっと

というか、お値段が恐ろしく安い!

1L缶714円!製造年月日記載の安心物、ちなみに07年10月製造

300V、4CR辺りが1L3000円超で2000kmで交換を考えると、G1を500kmごと交換するのもあり??

まー、1000km超えたらオイルフィルターと一緒にまた交換しますけどね

次回はG3予定

 

P1000752 オイル交換だけならアンダーカウルを外さなくても出来るが、今回は初めてなので外してみた

オイルパンが逆三角形とレーシー

ドレンボルトはM12の様だ、そのうちマグネット付きの物を試してみよう

 

ドレンボルトを緩めオイルを抜く訳なんだが、

P1000756_2 汚・・・

 

 

 

 

交換時の量は2.7L(フィルター交換時は2.8L)、何も考えずに2L注入、残りは窓を見ながら適量を入れる

アイドリング後3分ぐらい経ったらオイル量を再度確認しカウルを戻す

 

そして試運転

裏の山までちょっと長めに走ってきましたが、 

ミッション、半クラッチのフィーリング普通に良くなりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CBR600RR(PC40)町乗りインプレ

天気も良く暖かい日だった為、少し走らせてみた

足つきはCBR1000RRに比べて良く178cmの私で両足かかとが付く、ステップの高さは1000に比べ高め

ハンドルの高さはCBR1000RR並みかそれ以上に高いが、かなり手前にくるのでポジションは若干きつく感じた(慣れるまで背中と首筋にきそう)

CBR1000RRにあった低速で倒しこんだ時の異常なフロントの切れ込みは感じられなかった

エンジンのフィーリングは最高に良い、トルクの谷を感じずスムーズに吹け上がる

フルパワー化の影響かもしれないが、CBR1000RRの3000rpmの谷は扱いづらかった

とにかく乗っていて楽しいと思うバイクである、CBR1000RRを手放した時は多少後悔したが、CBR600RRという選択は大正解であったと思う

 

だが、手放しで喜べない問題もあった

シフトのフィーリングが大変悪いという事

シフトダウン出来ず苦戦する事が度々、ストンストンと落ちずにゴリゴリ感?

ミッションの慣らしが終わっていないのが起因と思いたいがクラッチレバー、シフトペダル位置調整など何か対策を考えねばいけないだろう

あとは半クラが掴みにくい、急に繋がってしまうのでエンスト数回

ワイヤー式に久しぶりに乗ったからだろうか、慣れの問題?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

CBR600RR仕様別パワー?

BikersStation3月号に07CBR600RR国内のセミフルパワー化記事があった

作業内容としてはJMCAスリップオン、吸気開放、パワーコマンダーによる燃調変更というもの

結果的には06以前のセミフルパワーより若干劣ってる?ECUが国内のままなので、点火マップによる差が出るのだろうか?

でもこの仕様って180kmでリミッター掛かってしまうのでは・・・合法の範囲っていうのがこの事かな?

逆車ECU+エラー解除方法が確立すればもっと手軽にセミフルパワー出来るのだが・・・キット化してくれてるショップもある、長期欠品中だけどね

 

で、シャシーダイナモのグラフが記載されていたので、それをベースにアクラボビッチHPのグラフも加味して自分なりの妄想パワーを考えてみた

逆車レース用フルエキ       110ps
逆車レース用スリップオン     107ps
逆車ノーマル            105ps
逆車JMCAスリップオン      102ps
セミフルパワーJMCAスリップオン 87ps
国内ノーマル             66ps

逆車のレース用スリップオン、フルエキは他メーカー600でもそれぞれ+2ps、+5psぐらいであった為こんなもんだろう

逆車+JMCAスリップオンは自分の願望値

国内仕様にレース用スリップオン、フルエキはパワーにこだわるなら逆車買うであろうと思ったので考えなかった

 

最近CBR600RRの事ばかり書いているが、買ってからまだ4kmぐらいしか乗ってないんだよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考:CBR600RRスリップオン

逆車のCBR600RR(PC40)って実は排気音がノーマルだと98dbあったりする、フレーム左のプレートにその記載があるので間違いないだろう・・・

加工や詰め物をして94dbまで落とし日本の車検を通しているのだが、それでは折角のフルパワーが台無しである

かといって車検時の加工や詰め物を外しての公道走行はもちろん違法である

正直な話、排気音が大きいとご近所さんや白いバイクの人の目が気になるし、流して乗っている時は本人も疲れる

では合法かつ簡単に解決する方法とはJMCA対応マフラーに交換すれば解決となるのだが(国内ノーマルマフラーは色々問題出るので却下、車検の時だけt:略)

各国内マフラーメーカーは国内モデル専用となり逆車への取り付け及び車検は未確認となっている(モリワキだけは逆車フルパワー車検NGとの説明文あり)

取り付けさえ出来れば車検時6000~7000rpm辺りの排気音であれば国内も逆車も大して差は出ないと思ってはいるのだが・・・

JMCAマフラーは逆車ノーマルマフラーに比べ若干パワーダウンすると言われているが、全社ストレート構造にて大きくパワーダウンする事は無い、と思う・・・

ピークパワーが落ちる分、中速トルクが少しでも厚くなってくれるとうれしいのだが・・・

で、国内モデル車検対応スリップオンを調べた結果以下の5社があった

 

Moriwaki_2 モリワキ

92400円 88db 逆車、フルパワー車検不可

 

Striker ストライカー

82950円 94db ノーマル遮熱板取り付け不可、代替シート付属

 

Tsr TSR

92400円 90db ノーマル遮熱板取り付け不可

 

Yamamo0t ヤマモトレーシング

105000円 94db

 

Photo 無限

99750円 90db(ホンダカタログ記載値)

 

ストライカーとヤマモトレーシングは94dbと逆車では車検に通りそうにない気がする・・・

TSRはCBR900RR~CBR1000RRと長い間使っていたので今回は気分を変えてみたい

モリワキの形は好みではない・・・

スリップオン入れるとしたら無限で決定かな、あとはお財布次第

| | コメント (1) | トラックバック (0)

テールランプの傷修正

  ほぼ新車で先日登録したばかりだがやはり中古車、色々傷があったりする

P1000742特に目立ったのはテールランプのレンズにある傷

新車ならもちろんクレーム処理してもらう所だがあくまで中古車、この辺りの文句は言えない

サイレンサー脱着時に付いたのかな?

目立たなくなる様に修正しましょう

 

P1000743 まずは1000番のサンドペーパーで大きな傷をならしていきます

こんなにしてしまって大丈夫?と心配になるでしょうが

たぶん・・・大丈夫・・・

 

 

P1000744 次に2000番で細かい傷を消していきます

先程よりは広範囲に

 

 

 

 

P1000745 ペーパー掛けが終わった状態

傷は目立たなくなったがツヤ消しに・・・

 

 

 

P1000746_2 そこでコンパウンドを使い磨いていきます

極細目はレンズ全体を磨く様に行い・・・

 

 

 

 

P1000747 完了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CBR600RRメーターパネル

P1000748 純正オプションのカーボンプリント柄のメーターパネル

国内仕様のカタログから注文したはずなのに取説はたぶん英語

両面テープで接着のお手軽作業

 

 

P1000749 ノーマル

なんか安っぽい、車で言う営業車のダッシュボードの様な質感?

 

 

 

P1000750 オプションメーターパネル装着

良い感じだが、GSX-Rなど他社に比べるとまだ安っぽい

「Honda Racing」の文字はいらない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CBR600RRPIAAヘッドライトバルブ

P1000730 CBR1000RRに付けていたバルブを移植

PIAAのエクストリームホワイト4150K(4輪用)

写真向かって左がPIAAで右はノーマルバルブ

HIDの値が下がりバラストは小型化されてきたので、そろそろ導入時か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CBR600RRシングルシートカウル

P1000729 ヤフオクでゲットした純正オプションのシングルシートカウル

CBR1000RRの時は合いが悪くワッシャーで調整しても傾いていたが、今回はポン付けで収まった

ただ「Honda Racing」の文字はいらないと思うのは自分だけ?、剥がしたいけど痕が残ってしまわないか心配

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CBR600RR排気デバイス、O2センサー

国内仕様のCBR600RR(PC40)に乗ってる方は気になってる人もいると思われる

・排気デバイス
・O2センサー

の存在

アンダーカウルを下から覗き込んでみたら仲良く揃っていらっしゃいました

P1000738 排気デバイスはCBR1000RRと違い、集合した直後

デバイスモーターはタンデムシート下辺りからワイヤーが伸びていました

O2センサーは触媒があると思われる所の直前

 

もし国内仕様をフルパワー化するなら「逆車のエキパイは移植しない方が無難」だと思われます

逆車に国内仕様用モリワキ、無限、TSRなどのスリップオンを入れたい場合は排気デバイスを残したまま付くんじゃないの?って感じです、保障しませんけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CBR600RR(PC40)納車

本日無事納車されました

風邪をひいて体調最悪だったのでショップを出てガソリンを入れそのまま帰宅

ほんの数キロしか走ってないのでCBR1000RRとまだ詳しく比べられませんが、とりあえず

・取り回しが軽い
・足つきが良くなった
・メーター位置が低く見にくい
・アイドリング付近のトルクが細い(エンスト1回)
・信号待ちしていても水温の上がりが遅い

まぁ、春にならないとまだ分からないです(春まで乗らない?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »