« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

無限サス交換(リアだけ)

無限サスが到着した週末に早速取り付けを行ってみました

まずは簡単そうなリアから

ローダウン用フロアジャッキを使用しているのですが、ジャッキポイントが牽引フックと高い位置の為リフト量が足らずウマが入らない

そこでホームセンターで厚み3cmの板を購入、フロアジャッキの下に置いてリフトする

がまだ足らない・・・

そこでサイド上げ用のアダプタを噛ませてリフトする

が、あとわずか1cm足らず・・・

P1000574 最終的には板の下にレンガを置いてウマが入りました

良い子のみんなはマネしないようにしましょう

(ジャッキの下にはブロックを置くのが良さそう、高さも稼げるし強度も)

ここでヘルプ友人が登場、感謝です

ロアアームのボルトとアッパーのナットを外しサスと抜く

が、抜けない・・・

スタビが効いているのかと思い反対側もボルトナットを外す

が変わらず・・・

各アームのボルトを緩めてブッシュを動かしたらロアアームが下がりなんとか抜けました

そして無限サスを取り付けする

が、入らない・・・

TEINの車高調よりも無限サスのが自由長が長い為入らない様子

P1000577 友人にロアアームを押し下げてもらい、なんとか取り付け完了

ここまで1時間半経過、先が思いやられます

 

↓ ここからは修羅場と化した為画像なし ↓

フロントはジャッキポイントが低い為(むしろローダウン用フロアジャッキでないとスポイラに当たり入らない)問題なくウマが入る

ホイールを外しまずはタイロッドエンドを先日購入したプーラーを使い外す

が、外れない・・・

プーラー破壊覚悟で思いっきり締め上げたら大きな音と共に外れた、

ネジを少しなめたらしくナットが外れない、インパクトでとりあえず外した(この後の惨事にまだ危機感を持っていなかった)

次に一番の大物、ナックルと接続しているM16というデカイボルトの取り外しである

マニュアルでは160N・mのトルクである為、購入した200N・mのインパクトで外れる計算である、むしろ外れなくてはいけない

良い仕事を期待し、インパクトレンチを構え数秒間トリガーを引く

が、外れない・・・

数回トライするも緩む気配なし

そんな時は、556!

ナット部に吹きかけて数分待ち、再チャレンジ

今度こそ頼むぞ、と気持ちを込めてインパクトを構えトリガーを引く

が、インパクトレンチから応答が無い・・・

これはもしや、ブレーカーが飛んだか?と確認するが正常

コンセントにライトを繋げたら光った・・・

・・・短い命でした

最後はやはり人力ですよ、と思いラチェットを使うが

無理でした

なんだかんだで日も暮れてきたのでフロントは諦めてタイロッドを戻す

が、ナットが回らない・・・

なめてしまったネジが致命的

暗闇の中、なめてしまった部分をヤスリで削り落としてなんとか走れる様に・・・

週明けにディーラーへ電話をs(以下省略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無限サス到着

P1000568 先週注文していた無限のスポーツサスペンションが届いた

宣伝になってしまうが、いつも利用しているネット通販の「平野タイヤ」さんは安いし安心できる、まじお勧め

で、こいつをどうやって付けるかだが

1、ディーラー持ち込み
2、DIY

ディーラーだと工賃で2~3万は覚悟である、自分で取り付けは工具に不安あり

自分でやるだけやって、ダメだったらディーラーへ持ち込む方向にします

トーなどのアライメントは後々考えます・・・

まず工具を揃える必要あり、フロントナックルブラケットはM16という極太ボルトに157N・mというトルクで締め付けられている、手持ちの3/8ソケットレンチではまず不可能

そこで、以前より導入予定であった電動工具を購入!

P1000570 インパクトレンチ様である

プロが使用するのはエアーインパクトもしくは充電式で、DIY用はシガーソケットからの12Vが通常である

エアーツールや充電式は大変高価な為却下

12V電源式はあまり乗らない為常に充電不足なシビックではバッテリにとどめを刺してしまう可能性あり、トルクも少ない物が多いので却下

で、このインパクトレンチはAC100Vで駆動します、トルクは200N・mと申し分なし

ヤフオクで1万以下で購入できますが、コメリというホームセンターで5980円で購入できます(通販可)

P1000572 他の小物をアストロプロダクツという工具屋で物色

インパクト用の1/2ソケットが欲しかったが高価な為ハンドツール用を購入、インパクトの衝撃に耐えられるか不安だが使い捨て覚悟で

あとはEP3のフロントはおかしな作りの為タイロッドエンドを外す必要あり、その為のプーラーと、安かったので輪留めを購入

あと必要なのは天気の良い休日とやる気、手伝ってくれる友人(他人本願)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足回り変更?

現在、シビックにはTEINのTYPE FLEXという車高調が入っている

入れた当初はサーキット走行みたいな事をしようと思っていたが、取り巻く環境により急激に冷めて結局町乗りしかしていない

足回りを固めてるとチューニングカーに乗っているという優越感に浸れるが、失う物の方が大きい事に最近気付いた

正直この足は硬く乗り心地が悪く、ピロ特有のガコガコ音も出る

EDFCを取り付けてあるので16段階に減衰を調整できるが、今ではほぼ最弱で固定状態

引越しに伴い、据え切りをせざる負えない駐車場なのでフロントのブラケットロック、トップナットの緩みに気を使う

それなら町乗り重視の足回りに交換してしまおうかとネットやカタログを物色

ノーマル形状は無限以外では皆無、ダウンサスでは車高が落ちすぎてしまうし、スプリングレートが上がるのでノーマルショックとの相性が気になる、跳ねる足になってしまうのが想像できる

となると、選択肢は無限スポーツサスペンションとなる

無限のオンラインページで在庫確認

「CIVIC TYPE R SPORTS SUSPENSION 在庫×」

やばい、特にEP3は台数が少ないので追加生産を行うのはかなり微妙

いつも車関係のパーツを買っているネット通販でメーカー在庫を調べてもらう様メールする

回答は「メーカー在庫ラスト2台分 次回納期未定」

これを逃すと手に入らなくなる可能性大の為、速攻でオーダー

受注メールが帰ってきて入庫次第発送との事だったので恐らく大丈夫そう

さて勢いで買ったが、どうやって取り付けするかだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドレスV125リコール再び

バイクメーカーのHPを見てたらスズキさんの所で下に小さく

アドレスV125のリコールについて

の文字

この前のやつかな?と見ると日付が10/11と新しい

今回は6655台と少なめ

リコール内容は

「前輪ブレーキ用のマスターシリンダにおいて、セカンダリピストンシールの組み付けが不適切なため、正規位置に組み付けられていないものがあります。そのため、ブレーキ操作を続けるとブレーキ液が漏れて、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。前輪ブレーキ用のマスターシリンダにおいて、セカンダリピストンシールの組み付けが不適切なため、正規位置に組み付けられていないものがあります。そのため、ブレーキ操作を続けるとブレーキ液が漏れて、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。」

これは怖い

他人事と思いつつ自分のV125車体番号を交付証明書で調べてみる

CF46A-538925~CF46A-549102、自分のはCF46A-540***

みごと命中

自分で点検してみた所、漏れやタッチの変化は感じられないので一安心

サービスキャンペーンではなくリコール扱いなので、ハガキかバイク屋さんから連絡があるかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘッドライトバルブ交換(失敗)

  公道を走る上で他車に自分の存在を気付かせるにはヘッドライトチューンは有効です

チューンの方法はおおむね3種類あり、それぞれのメリット、デメリットは

HID:定番中の定番、現在これに勝る物は無いと思われるが配線が複雑、二輪用は省電力を謳ってる割にはハロゲンバルブより電力を食う、原付だと発電が追いつかず日中はスイッチを付けて消しとけと言うメーカーもある

LED:サンヨーテクニカから原付用として販売中、省電力で最先端技術を匂わせるが、ネットでインプレを見ると「暗いです」の酷評

高効率バルブ:バルブ交換だけでお手軽、コストパフォーマンスが高いが消灯時の青いバルブが見えてしまうと物足りなさを感じる

自分が選んだのはもちろん高効率バルブ・・・

P1000551 ホームセンターで物色していると1000円以下で発見、しかし形状はPH7

アドレスV125はPH12であり適合しませんが、加工で乗り切るとします

 

P1000556_2 左がノーマルのPH12(40W)、右がPH7(30Wだが60W相当らしい)

明らかに違うがなんとかなるかな・・・

   

 

P1000552_2 ツバ形状の違い

上の画像とは左右入れ替わってしまいましたが、左PH7の右PH12です

 

 

P1000555 ヘッドライトの裏側

上端に突起が入る形状になっておりPH7が無加工で入ります!

もしかしてもしかすると!?

 

P1000557

しかし希望は無情にも打ち砕かれました

みごとにソケットが遊んでます、バルブの寸法が違うらしい

 

 

P1000558 原因はここ

ツバから下の寸法が致命的に違います

 

 

P1000561 そこで水道用のゴムパッキン(内径17mm)を用意

ツバの上側へ通します

そのままだとアースが絶縁されてしまうので被覆を剥がしたコードを挟み込みます

 

P1000565 そして元通りに取り付けて点灯

・・・40Wのノーマルより明るいって感じはするが、あまり白さを感じない

しかも、Hi-Lo逆になるし

う~ん・・・却下

 

という事で

 

P1000567 親のTODAY行き決定

元々PH7なので取り付けには問題無し

バルブが黒くなって暗かったので、切れる前に交換出来て良かったと言えば良かった

こっそり交換したが、果たして気付いてくれるのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »