« リアスポイラー取り付け | トップページ | FIコントローラー仮取り付け »

スロットルポジションセンサー調整

納車の帰りから気にはなっていたのですが、ある条件で息継ぎ、酷いと失火する現象が発生

その条件とは、0発進からでは問題ないが、渋滞やすり抜けで回転数が落ちてパーシャルもしくはスロットルオフからの再加速時に現象が現れる

タコメーターが付いていないので正確には分からないが、恐らく3000回転前後ではないかと思う

ゆっくりスロットルを開ければ回転が付いてくるのだが、フルスロットルだと現象が出やすい

状況から判断すると混合気が薄いのではいかと思われる

サービスマニュアルに目を通すと調整可能なセンサーはスロポジになる、抵抗値と電圧を測定する事によって調整が可能らしい

P1000449 電圧はカプラーの隙間から差し込める特殊なテスターが無いと難しいのでセンサー単体での抵抗値を参考にし調整します

測定値はかなり薄い状態であった為、センサーを固定している+ネジを緩めて抵抗値を基準値の中間へ合わせます

そして試運転、明らかに全域でトルクアップを実感できます、息継ぎ、失火の現象も発生しませんでした

P1000450 そして猫の手を借りたいほど面倒だった作業に手を貸してくれないばかりか邪魔をしてくれる、いつもの猫

てかなぜ家の中にいるのか訳分かんないし、飼ってるつもりもないし

|

« リアスポイラー取り付け | トップページ | FIコントローラー仮取り付け »

アドレスV125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/15693701

この記事へのトラックバック一覧です: スロットルポジションセンサー調整:

« リアスポイラー取り付け | トップページ | FIコントローラー仮取り付け »